アドレス時の思考プロセスをマスターし、思い通りに打つ方法

お気に入り

ゴルフのアドレス時には何を考えていますか?

飛ばしたい! うまく打ちたい! みたいなことはもちろん、スイングのチェックポイント、ライの状況など、様々な思いを巡らせているのではないでしょうか。

基本のルーティンをマスターすることで、考えている時間とショットをする時間を分けることができ、安定したショットが打てるようになります!

アドレスに入る前に考えるべきこととは?

アドレスに入る前に考えるべきこととは?

getty

アドレスに入る前には、どんなことを考えていますか?

コースマネジメント、風向きやライなどの状況判断、スイングで気を付けていること、などなど。

ゴルフには考えることがたくさんありますよね。

ただ、いろいろ考えることは悪くないのですが、その考えがまとまらないまま、何かに迷ったままショットをしてしまうと、ミスショットになってしまう可能性がとても高くなってしまいます。

そこでおすすめの方法としては、ルーティンを取り入れることです。

毎ショット同じ仕草、同じリズムでショットをすることで、ミスを少なくできるルーティン。

それを取り入れ、考えごとはルーティンに入る前で終わりと決めることです。

思考を巡らせ、やりたいことが決まったら、狙いどころだけに集中してルーティンに入りましょう。

ルーティンに集中すると自然と邪念が消えていいショットを生み出すことができるでしょう。

基本のルーティンが毎回違うと、思考も乱れる

基本のルーティンが毎回違うと、思考も乱れる

getty

プロの基本のルーティンを見ていると、毎回アドレス前のリズムが同じだということに気が付きます。

アドレスに入ってからもいろんなことを考えてしまう心理もわかりますが、それよりも目の前の1打に集中しましょう。

そして、それがナイスショットだったとしても、どうしようもないショットでガッカリしてしまったとしても、一喜一憂せずに常にそこから先を考えましょう。

次のことを考え、考えがまとまったら落としどころに集中してルーティンに入る。

ひたすらこの繰り返しなのです。

基本のルーティンはリズムよく! が最善!

基本のルーティンはリズムよく! が最善!

getty

ゴルフは基本的に、平常心をどれだけ保てるのかがポイントになってきます。

ゴルフ上級者でも、心が乱れているとミスショットが多くなってしまいがちです。

初心者ならもっと乱れてしまうことでしょう。

ミスショットをしてしまっても、素早く気持ちを切り替えるということ。

アドレス時には基本のルーティンを大切にし、しっかりとこなしていくことが大切です。

ルーティンで気持ちを整えて、余計なことは考えずに、平常心でプレーするとゴルフをもっと楽しめるでしょう!

お気に入り
colosuke

エンジョイゴルファーです!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。