アイアンのダウンブローをマスターすればゴルフが変わってくる!

お気に入り
アイアンは上から打ち込んでダウンブローにとよく教えられたと思います。

「上から打ち込む」という言葉なのですが、実際どれくらい打ち込んだらいいんでしょう。本当に打ち込むことが良いことなのかみんなで考えていきましょう。

打ち込むべし、距離も出る

打ち込むべし、距離も出る

getty

アイアンの打ち方を変えて試行錯誤しております。すくい打ちがなくなりスコアもまとまってきました。

やはり長年ゴルフをされている人達の経験は試してみるべきです。

どうも奏son輝です。

ダウンブローで強く上からヘッドを落としてくるのは難しいものです。

ダウンブローの良い点は、ボールに直接コンタクトさせるためインパクトゾーンを長く取れることです。

スイングの弧を描く運動が多少ズレてしまっても、ボールをしっかり打てるというダウンブローのメリットが出てきます。

しかし急激にヘッドを上から落とすと、スイング上の短いゾーンでインパクトしなければならず、ダウンブローの意味がありません。

最近よくテレビやYouTubeに出演される、シニアのヨーロピアンツアーで日本人初の賞金王を獲得した海老原清治プロは、「ドライバーは離陸、アイアンは着陸」と言われます。

ダウンブローを飛行機の着陸に変えた言葉ですが、クラブヘッドがソフトに緩やかに地面と接地する感じが出ていて良いと思います。

アイアンのダウンブローは緩やかにダウン軌道でインパクトを迎えるのが正解です。

言葉では少し難しいですが、何となくイメージが湧けば次に進んで良いのではないでしょうか。

最初は多少強引な気もしますが、やってみることに価値があります。

自分を変えたい人には絶対に試してほしい方法です。

角度も出て思い通りの球筋に変わっていきます

角度も出て思い通りの球筋に変わっていきます

getty

最近巷で流行っている、手元を下げてシャローなダウンブローでスイングをする理論があります。

効果はたくさんありますが、シャローなダウンの形にすると手元が自然と下がっていきます。

ボールの位置はいつもと変わりません。単純に考えて手元が下がればボールまでの角度が浅くなっていくのです。

手元を下げるとダウンスイングの角度が小さくなり、より長くインパクトゾーンを確保できると思われます。

逆に上から強く打ち込んでしまうと、ターフというかディボット跡のような大きな穴を開けてしまいます。

プロのスイングでは薄くて長いターフが飛んでいきます。

プロは浅い角度でヘッドが入ってそのままヘッドが抜けていく完璧なダウンブローで、テレビでよく見られます。

従って、ダウンブローは上から強く打ち込めばいいというものではないということがわかります。

ヘッドを緩やかな軌道で地面に近づいていくようにイメージして、まずはスイングしてみてください。

最初は上手くいきませんが、きちんとダウンブローを意識し緩やかなダウンブローを極めていきましょう。

アイアンの精度はもちろんスコアに直結していくと思います。

不安な気持ちのままとり組むのは本当に不安です。

自分も最初は半信半疑でしたが確実に変わってきました。

なかなかできない人は、スコアが良い人がアイアンを打った跡を見てみてください。

キレイなターフが取れていませんか?

1打1打の積み重ねが大事になります

1打1打の積み重ねが大事になります

getty

昨今発売されていますアイアンセットは、5番アイアンからセッティングされたものが多いです。

一緒にラウンドしている人を見ると、打ち込み派のゴルファーは5番アイアンを駆使している人が多くないですか。

打ち込み派のゴルファーのセッティングは、アイアンはより長い番手まで用意している気がします。

5番アイアンの上に4番アイアン、3番アイアンも入れている気がします。

そしてアイアンが上手い人、苦手意識がない人が多い気がします。

打ち込み派のゴルファーみたいに、ボールをしっかり上から叩きにいく、いわゆるショットメーカーの方々はそれなりにスコアも良いはずです。

よく言われていますが、ボールよりも前にスイングの最下点を持っていき、ボールの前のターフを取ることで上から打ち込み、キレイなターフが取れています。

これができてくるとユーティリティなど使わずに、自分の距離もわかってきてゴルフが変わってくるはずです。

我々アマチュアゴルファーはボールを高く上げようとアッパー軌道になります。すくい打ちというやつです。

やはりボールは上から打ち込んでバックスピンをかけたほうが、ボールは高く飛びスピンもかかり距離も高さも出ます。

ボールを高くすくい打ちするのではなく、バックスピンを強くかけることを意識するといいでしょう。

ボールの前にスイングの最下点を持ってくることができますし、アイアンのダフりが多い人はそれが少なくなってくるはずです。

1つの意識がゴルフを完全に変えていきます。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。

だまされたと思って試してみてください。

最初はチカラが手に入り過ぎてシャンクなど出てしまうかもしれませんが、悩まず突き進みましょう。

これは経験上ですが、本当にゴルフが変わってきます。
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019