アイアンはフェアウェイで「フルスイングすべきではない」3つの理由

冬生まれだけど冬が嫌い!

こんにちは~ノザです!

今回は、「アイアンはフェアウェイで満振りすべきではない理由」について説明していきます。

ゴルフ練習場では皆必ずフルスイングをすると思います。

それは自分の持つフルスイングの距離を測るのと、フルスイングでいかに球を芯に当てられるかの練習をしているため。

まぁ当たり前の話ですよね。僕ももちろんしっかりフルスイングしています。

でも実際のラウンドとなれば、僕がフルスイングする機会は圧倒的に減ります。理由としては、しないほうがスコアが良いから。

フルスイングしないほうが良い理由は、具体的に3つ。

それぞれ紹介していきます。

1.微妙な傾斜があるのでフルスイングはリスキー

1.微妙な傾斜があるのでフルスイングはリスキー

getty

第1の理由として、フェアウェイには「微妙な傾斜が存在しているため」です。

練習場は常に同じライから打てます。傾斜もなくただの真っ平ら。この状況ならフルスイングしても問題はありません。

しかしコースでのフェアウェイとなれば状況はかなり違います。フェアウェイ=絶好なライと考える人もいますが、どんなコースでも傾斜は必ず存在しています。

・左足下がりなのか
・左足上がりなのか
・つま先下がりなのか
・つま先上がりなのか

微量だとしても傾斜は必ず存在する。存在する以上練習場のようには打てません。なぜなら重心が変わるから。

まだ初心者の内は傾斜によるスイングの影響がわからないので、フルスイングに固執せず自信のある安全な振り幅でスイングしましょう。

2.アイアンは飛距離より方向性が大切

2.アイアンは飛距離より方向性が大切

getty

仮に残り距離が140ヤードだったとします。8番のフルスイングで届く距離ですが、ここで8番を握るべきなのか?

周りの同伴者は皆8番を持っています。なら自分も8番を! と考えるかも知れませんが、そこはやはり間違いです。

飛距離で勝負したいならドライバーでやるべき。あれこそ同じ状況下、同じライで打つので単純な飛距離競争になる。

でもアイアンは飛距離勝負なクラブではなく、「目的地に運ぶクラブ」なんです。

飛距離より方向性を重視するクラブ。ここを間違えているといつまで経っても安定したショットが打てなくなります。

そもそも飛距離を意識すれば力みますし、力めばスイングは安定しません。

繰り返しますが、アイアンは飛ばすクラブではなく目的地に運ぶクラブ。そのことからわざわざフルスイングする必要はないのです。

3.フルスイングはプレッシャーが掛かる

3.フルスイングはプレッシャーが掛かる

getty

アイアンをフェアウェイから満振りしないほうが良い理由。上記の話と通じますが、ギリギリの番手を握ると必ず力みます。

ある程度ラウンド慣れしていて、かつ自分の悪癖、その場の傾斜などを理解している人は大丈夫ですが、初心者の多くはプレッシャーを感じてしまうんです。

「本当に届くかな?」
「少しスイングスピード速めたほうが良いかな?」
「こんな絶好のライで届かなかったら恥ずかしい」

少し余談ですが……意外とフェアウェイから打つのってプレッシャーを感じちゃうんですよね。ラフからのミスなら納得できるんですが、フェアウェイど真ん中からのショットとなると、「パーオンしないといけない」という意識が強まります。

とにかくフルスイングはプレッシャーが掛かります。なので番手を1つ上げ、余裕のあるスイングをしましょう。

心理的負担が掛からないようなクラブ選択をしましょう。

攻めるべきポイントなら満振りもあり! 勝負する気持ちは大切

攻めるべきポイントなら満振りもあり! 勝負する気持ちは大切

getty

フルスイングはメリットないよ! と説明していますが、もちろん例外はあります。

ここ一番の勝負の時は、フルスイングしましょう。

18ホールでそんな場面が2、3回はあって良いと思います。例えば傾斜があっても、自分の得意なライとかですね。

後は自分に喝を入れる時でも僕はわざと打ったりしますね。特に縮こまったスイングになった時は、アイアンでもフルスイングします。

抑えたショットも、その打ち方に慣れると手打ちが強くなったりしてショットがブレ出します。そういう面でも、1ラウンドに数回はフルショットすると意識しておきましょう。

矛盾するようですが、要は時と場面を考えて打ち分けようという話です。

まとめ・アイアンは満振りしないで安定させることに集中すべき

まとめ・アイアンは満振りしないで安定させることに集中すべき
ということでまとめます。

【アイアンはフェアウェイで満振りしないほうが良い理由】

1.フェアウェイには微妙な傾斜があるのでリスキー
2.アイアンは飛距離より方向性が重要
3.抑えたショットのほうがプレッシャーが減る

以上になります。

アイアンをフルショットするかしないか? この点に付いてはいろいろな意見や考え方があると思います。

ショットは常にフルショットで! 初心者の内は特に! という教えをする人もいるでしょう。

しかしスコアを考えると、「どんな状況下でも振りちぎれ!」は少し暴論だと思うんですよね。

とにかく自分のパフォーマンスが100%発揮できるようプランを考えていきましょう。僕は上記理由からアイアンでのフルスイングは滅多にしません。

フルスイングばかりでスコアが悪いと感じている人は、抑えたショットを覚えましょう。

一気にスコアが変わるかも!

それではまた!
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516