スイングを安定させるために、ゆっくり振る練習をしてみよう!

お気に入り
石川遼プロが最近目指しているのが、なんとLPGAのマリア・ファッシのスイングだとトーナメントの解説が言っていました。

トッププロでさえ、スイングの安定と飛距離アップを目指しています。我々アマチュアならばましてや、ですね。

それでは、スイングを安定させるためには、どんなエクササイズが有効なのでしょうか?

マリア・ファッシのスイングをスローで見ると……

マリア・ファッシのスイングをスロー再生で見ると、非の打ちどころがないことがわかります。

実際の彼女のスイングスピードはとても速いです。そしてスイングのリズムも速いです。このリズム感は天性のものと思います。

このスイングスピードやリズム感は、お尻や太腿、体幹の筋力や柔軟性に裏打ちされているため、一般のアマチュアがそのまま真似をすることはお勧めできません。

アドレス、トップ、ダウンスイング、インパクト、フォロースルー、フィニッシュと、ある部分の形だけを真似ようとするのは、効果的ではありません。

それでは、どうすればスイングの安定を目指せるのでしょうか?

スロー再生を真似る!

スロー再生を真似る!

getty

スイングの安定を手に入れるためには、アドレスからフィニッシュまでの流れを身体に染み込ませるようにしましょう。

前段で書いた通り、静止画だけで小分けにした模倣は余り意味がありません。

DVDでもYouTubeでも、目指すスイングを見る時はリアル再生とスロー再生と両方で確認してみてください。

そして、力みを消す意味も含めて真似するのはスロー再生をベースにしましょう。ゆっくりした動きを再現できないままで、リアルスピードに移行するのは我慢してください。

リズムは一定に!

リズムは一定に!

getty

スロー再生の模倣をしている時に注意しなければいけないのは、一定のリズムをキープすることです。

心の中で『イーチ、ニー、ノ、サ~ン』と唱えるのも良いと思います。とにかく、止まらないことです。

アドレスからフィニッシュまでを一連の流れの中でスローモードでスイングしましょう。

各ポジションの形や、身体の感覚をチェックすることもお忘れなく!

身体にこの動きを染み込ませるために、何度も繰り返すことも大切です。気が付くと、その動きが自分のものになっていると思います。

レッスン書では勧めていませんが……

レッスン書では勧めていませんが……

getty

ほとんどのレッスン書では、『スイングスピードは一定に』と書いていると思います。

ここで『おっ3』は逆説的なエクササイズをお勧めします。

最初は、アプローチから試してください。ほんの小さな振り幅で良いと思います。

その替わりと言ってはなんですが、感覚は研ぎ澄ませてください。

振り幅は、アナログの時計に例えると4時から8時程度が良いと思います。この小さな振り幅で、スイングスピードを3段階に設定してみましょう。

スイングの形は一切変えないでください。

そして、スイングスピードを変えるのは腕や手先の力ではなく、身体の回転とクラブの重さであることを実感できるように神経を研ぎ澄ませてください。

クラブの入り方は、どのスピードでも一緒にしましょう。

これで距離の打ち分けもできるようになります。

段階的にスイングを大きくする

段階的にスイングを大きくする

getty

小さなスイングから始めて、スイングスピードを変えてもインパクトの精度が変わらなくなったら、序々にスイングを大きくしていきましょう。

スイングを大きくしていく過程でも、まずはスローテンポから始めてください。スローテンポで振ると、身体の使い方を記憶しやすいからです。

時計の文字盤に例えると、4~8時で始めて、3~9時、2~10時、フルスイングとステップアップしていきましょう。

3段階のスピード別に飛距離は変わりますが、スイングの形は変えない意識です。

これができるようになると、番手間の飛距離の谷間を消すことができるメリットもあります。

考え方の切り替え!

考え方の切り替え!

getty

『おっ3』の若かりし日は、スキーブームでした。『おっ3』も年間50日近くスキー場に通っていました。

スキーとゴルフは、足裏の体重をかけるポジションや、股関節の使い方など共通点がとても多いと思います。

ある程度の技術を身に付けると、急斜面の高速ターンはきれいにできるようになります。しかし、意外にも緩斜面に行くとしっかりとした技術がないと同じようにターンできなくなります。

緩斜面で転倒する中上級者がいるのも、こうした原因かと思います。

ゴルフも同様と思います。

スロースイングでしっかりと振れないゴルファーが、スピードでスイングを誤魔化してしまうと、ゆっくりした動きの時にミスが出ます。

こんなことにならないように、ゆったりとしたスピードの中で正確な動きを身に付けていただきたいのです。

クラブの重さを感じます

クラブの重さを感じます

getty

“ビッグイージー”の異名を持つアーニー・エルスは、ゆったりスイングの代表格です。

アーニーは、クラブの重さを感じながらスイングしていると推測しています。スイングスピードを速くすると、小手先の動きが優先されてクラブの重さを感じずに遠心力を活かすことも難しくなります。

スイングを安定させるために、同じスイングの大きさでもスイングのスピードを変えても形と全体のバランス、リズムを一定にする練習をぜひ試みてください。

ちょっとした気付きがあると思います。
お気に入り
おっ3

野球、バレーボール、スキー、陸上競技などなどスポーツ歴だけは豊富ですが、全てそこそこレベルで引退。仕事としてゴルフに関わった時期もありますが、今は素人のゴルフ愛好家です。 現在もトレーニングを怠らずに行っているものの、全身の経年劣化が著しく、常に痛みと戦っている『おっ3』です。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。