アマチュアに「パットイズマネー」という考え方は必要ない?

「パットイズマネー、ドライブイズショー」という言葉は、多くのゴルファーが聞いたことがあると思います。

これはボビー・ロック(1949~1957年に全英オープンを4勝)の言葉だとされています。

確かに、パットの重要性を痛感したことのないゴルファーはいません。

「パットが悪ければスコアにならない」のです。

ゴルフツアーの中継を見ていても、グリーン上で劇的なロングパットを決め逆転優勝、短いパットを外し逆転負けというシーンを何度も目にしていると思います。

パットのミスは即、1打上乗せされるわけですから、取り返しがつかないのです。

が、しかし……本当にパターはドライバーより重要なのでしょうか?

一般的なゴルフコースはドライバーを14回、パターを36回打つように設計されているので、パターのほうが重要と考えるのは自然です。

格言の通りです。

一方で、その定説(神話)に一石を投じた研究があります。

それは、統計学者マーク・ブローディのストロークゲインド(SG)という観点に立った研究です。

ストロークゲインド=稼いだ打数という観点に立つと、実はアマチュアゴルファーによってはパターよりドライバーの飛距離が問題であったのです。

パットが悪ければスコアになりませんが、「ドライバーが悪ければゴルフにならない」のです。

ストロークゲインドの細かい解説や重要性については『ゴルフ データ革命』(マーク・ブローディ著、プレジデント社、2014)を読んでいただくとして、ここではパッティングの「ストロークゲインド」について、『ゴルフ データ革命』に掲載された「データ」を参照しながら解説します。

トッププロとアマチュアゴルファーのパッティング精度

 トッププロとアマチュアゴルファーのパッティング精度

getty

まずは、トッププロと我々アマチュアゴルファーのパッティングの精度を確認してみましょう。

■15フィート(約4.6メートル)パットの精度■
15フィートを1パットで沈める確率
パットの名手:27%
PGAツアー選手:23%
アベレージ90のアマチュアゴルファー:11%

■10フィート(約3メートル)パットの精度■
10フィートを1パットで沈める確率
パットの名手:45%
PGAツアー選手:40%
アベレージ90のアマチュアゴルファー:21%

■5フィート(約1.5メートル)パットの精度■
5フィートを1パットで沈める確率
パットの名手:82%
PGAツアー選手:77%
アベレージ90のアマチュアゴルファー:51%

■3フィート(約90センチ)パットの精度■
3フィートを1パットで沈める確率
パットの名手:98%
PGAツアー選手:96%
アベレージ90のアマチュアゴルファー:87%

PGAツアーの中でパットの名手とされる選手でも、5メートル弱のパットを1発で沈めるのは10回打って2、3回です。

アベレージ90のアマチュアゴルファーの場合、同じ距離を1発で沈めるのは10回打って1回です。

一方で、5~10フィートでの差は顕著で、入れ頃外し頃ではアマチュアゴルファーは結構外します。

逆に3フィートまで寄せてしまえば、プロもアマも関係ありません。

トッププロとアマチュアゴルファーのパッティング勝負

トッププロとアマチュアゴルファーのパッティング勝負

getty

超ザックリの計算ですが、パー3は辛うじて乗っただけ(15フィート以上)、パー4は15フィートに乗せて、パー5は10フィートに乗せた場合、パットの名手とアマチュアゴルファーではどれくらいスコアに影響があるか計算してみましょう。

■パットの名手■
15フィート以上×4回:3パット1回+2パット3回=9パット
15フィート×10回:2パット7回+1パット3回=17パット
10フィート×4回:2パット2回+1パット2回=6パット
合計32パット

■アベレージ90のアマチュアゴルファー■
15フィート以上×4回:3パット2回+2パット2回=10パット
15フィート×10回:3パット1回+2パット8回+1パット1回=20パット
10フィート×4回:2パット3回+1パット1回=7パット
合計37パット

1つのラウンドのファーストパットの内、半分以上が15フィート残るような場合であっても、パットの名手とアマチュアゴルファーではそれほどパット数は変わりません。

ロングパットを一生懸命練習するより、距離を合わせて「お先に」の距離まで寄せることが大切です。

もちろん、プロのグリーンは速いからという声もあると思いますが、我々がプレーするグリーンはプロと違い遅い一方で、グリーン面も荒れています。

ピッチマーク、エアレーション、スパイク痕など、「不確定要素」が多いという面では結構難しいのです。

確かに、5打も差がありますが、世界のトップと比べて5打しか変わりません。

ジョーダン・スピースやタイガー・ウッズとパッティング勝負をしても、18ホールで5打しか変わらないということです!

意外ではないですか?

※もちろん、球の転がりやコントロールという点では異次元ですが、SGという点では長いクラブより差が出ません。

5フィートのパッティングを徹底的に練習しよう!

5フィートのパッティングを徹底的に練習しよう!

getty

ロングパットもショートパットも、プロとアマでは、大きな違いがありません。1日通しても1打程度しか変わらないです。

一方で5フィート程度のパット力には大きな差があるので、この距離だけは徹底的に練習しましょう。

この距離のパット力が、他のアマチュアゴルファーと差をつけるポイントです。

カップの大きさは4.25インチ、ボールの直径は1.68インチですから、5フィートのストレートラインを必ず決めるためには、フェース面のズレを3度程度に収めなければなりません。

5度ズレればノーチャンスです(ミスにミスが重なって入る場合もありますが……)。

「スコアを作る」レベルにいる、70台~80台でラウンドできるという人は徹底的に5フィートの練習をしてください!

そして「ゴルフにならない」というアベレージ90以上の人は、ドライバーを練習しましょう!!

ドライバーの飛距離と精度がスコアに与える影響については、またの機会に……。


Twitterやブログでもゴルフ中心に発信しています(`・∀・´)

フォロー&コメントお待ちしてます!!
お気に入り
Yanagi@TPIトレーナー&ドラコンプロ

TPI認定トレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! TPIのメソッドやドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitter("Yanagi"で検索! https://twitter.com/Out_Drive300)やブログでも情報発ししていますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください! https://drive4show.org/

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。