新・貧打爆裂レポート『RS5 シリーズ ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年8月7日に発売されたプロギア『RS5 シリーズ ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。“ギリギリの飛び”に「快心の一撃性能」をプラスという3種類のドライバーの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

プロギアの気合いと技術の融合でRS5ドライバーはできている!

プロギアの気合いと技術の融合でRS5ドライバーはできている!
『RS5 シリーズ ドライバー』は、プロギアが2020年8月7日に発売したクラブです。

“ギリギリの飛び”に「快心の一撃性能」をプラスしたというコピーの3種類のドライバーがあります。


【試打クラブスペック】RS5 RS ドライバー
ヘッド素材 チタン(Ti-8Al-1V-1Mo)
クラウン カーボン(CFRP)
フェース チタン(Ti-6Al-4V)
ヘッド体積 460cc
シャフト Diamana FOR PRGR(M-43)
ロフト 9.5度
フェース角 -2.0度
長さ 45.5インチ
ライ角 59.0度
価格(税別) 8万円

【試打クラブスペック】RS5 RS F ドライバー
ヘッド素材 チタン(Ti-8Al-1V-1Mo)
クラウン カーボン(CFRP)
フェース チタン(Ti-6Al-4V)
ヘッド体積 460cc
シャフト TOUR AD FOR PRGR(M-43)
ロフト 9.5度
フェース角 -3.5度
長さ 45.5インチ
ライ角 56.0度
価格(税別) 8万円

【試打クラブスペック】RS5 RS+ ドライバー
ヘッド素材 チタン(Ti-8Al-1V-1Mo)
クラウン カーボン(CFRP)
フェース チタン(Ti-6Al-4V)
ヘッド体積 460cc
シャフト Speeder EVOLUTION FOR PRGR(M-43)
ロフト 10.5度
フェース角 -2.0度
長さ 45.75インチ
ライ角 59.0度
価格(税別) 8万円

『RS5 シリーズ ドライバー』は、SLEルール適合内ギリギリの高初速性能を踏襲しながら、強芯ポイントを加えた「W CORE(ダブル・コア)設計」により快心の一撃性能を実現したそうです。

フェースセンターヒット時に高い反発性能を発揮する「4点集中設計」やフェースセンターのたわみ量を最大化する「nabla neo FACE 設計」を採用して、飛距離性能と許容性能を向上させました。

さらに、肉厚のばらつきを極限まで抑えた高精度CNCミーリングフェースとフランジ角をクラウンとソールに装備した「Wクラウン&Wソール」で広い高初速エリアを強化しているのです。

そして、それぞれ専用設計のコラボレーションシャフトを採用するという心遣いで、ゴルファーのパワーやニーズで選べる3タイプになっているのです。

ソールを見ると、ブラックを基調に、シルバーとホワイトのロゴやラインでデザインされています。

特別な装飾は一切せずに、「打ってみればわかります」というメッセージを感じます。渋くてカッコイイです。所有欲を刺激されます。

構えてみても、ドキドキさせます。ボールをとらえてドローを打つ設定の『RS+ ドライバー』ですら、少しオープンフェースになっています。右に打ち出して、ドローさせてください、という感じです。

いわゆる本格的な日本人のゴルファーが好むフォルムと、フェースの見せ方などの仕上げが見事です。

3種類のドライバーは、「叩ける・強弾道」の『RS F ドライバー』、「つかまる・高弾道」の『RS ドライバー』、「飛び・やさしさをプラス」の『RS+ ドライバー』と、しっかりと個性が出ています。

シャフトも、TOUR AD、Diamana、Speederと、それぞれに専用の純正シャフトが装着されています。

これも、アドレスしただけで、雰囲気が伝わって、安心できるのです。

早く打ってみたくなるドライバーです。

RS史上、最高、最強のRS5ドライバーを選ぼう!

動画を見てください。

「飛び・やさしさをプラス」の『RS+ ドライバー』を最初に打ちました。

ボールが15ヤードぐらいドローして、木に当たったのですけど、その木は220ヤード先に立っていました。普段ならボールは根元に落ちるのですが、茂っていた葉っぱの中にボールが入っていきました。

「このドライバーは、飛ぶ」というのが、第一印象になりました。

『RS+ ドライバー』の打音は音量が大きめで、少し残響がある金属系の高音質です。強い弾き感がある打ち応えは、カーボンとの複合ヘッド独特の弱さを感じさせません。

飛距離の平均で、230ヤード。ほんの少しの差ですが、僕のヘッドスピードだと(40メートル/秒)、3つの中でアベレージでは一番飛距離が出ました。

ドローを打ちたいゴルファー、高弾道が好きなゴルファー、スライスを排除したいゴルファーに『RS+ ドライバー』はオススメします。

やさしいドライバーですが、振り回すよりも、ちゃんと芯に当てる使い方が合っています。最も飛んだボールは芯に当たりましたが、けっこう軽く振ったのです。

「つかまる・高弾道」の『RS ドライバー』を次に打ちました。

このドライバーも飛びます。平均飛距離は230ヤードで、飛距離性能は市場にあるドライバーでもトップクラスです。

高弾道で強弾道。10ヤード幅ぐらいのドローが自然に出ます。『RS+ ドライバー』に比べると『RS ドライバー』のほうは、自分の意思で打っている感じがしました。

打音は、音量が大きめで、少し残響がある金属系の高音質です。コントロール可能なとらえるボールを打てます。

3種類をすべて試打して、その結果で選ぶのが『RS5 シリーズ ドライバー』の選び方だと思いますが、個人的には、『RS ドライバー』が一番多くのゴルファーに選ばれるような気がしました。

クセがなくて、初速感などの飛ばす要素を一番強く感じたからです。

しっかりと芯を狙って打てるゴルファーに『RS ドライバー』はオススメします。飛ばすということと、狙うということのバランスが良いドライバーです。

最後に「叩ける・強弾道」の『RS F ドライバー』を打ちました。

このドライバーも飛びます。3種類の中で、一番個性的なドライバーです。

中弾道で、強弾道です。打感が面白いのです。弾き感が薄れて、フェースに乗る感じがします。

そして、左右の曲がりに敏感です。良い言葉を選ぶと、敏感に反応するドライバーです。

平均距離は230ヤード。一発の飛びという意味では、3種類の中で一番が『RS F ドライバー』でした。

ボールを自在にコントロールしたいゴルファーに『RS F ドライバー』はオススメです。

ドライバーを支配して使っている快感は、この手のドライバーでなければ得られません。

オートマチックではなく、マニュアルの不便さが愛おしい、みたいな感覚です。

『RS5 シリーズ ドライバー』は、僕が知る範囲で、プロギアの『RS』ドライバーで一番の出来だと思いました。

飛距離性能という要素でも、本当の意味で、現場でギリギリを体験できます。飛距離性能というわかりやすい要素で、一般的なゴルファーを魅了しつつ、通を納得させる要素も満載です。

スタイリッシュに飛ばしたいのであれば、『RS5 シリーズ ドライバー』を打ってみることをオススメします。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。