アイアンでバックスピン量を増やしてビタっと止めたい!
ゴルフスイング

アイアンでバックスピン量を増やしてビタっと止めたい!

0

狙ったところにボールを運びたいと、アイアンを手に取ります。

しかし、狙ったところに落ちたものの、そのまま転がっていってしまったという経験はあるでしょう。

ボールを止める方法の1つに、バックスピンをかけて止めるやり方があります。

バックスピンで戻る球、憧れますよね。

そのために、スピン量が重要になりますが、どうすれば増やすことができるのでしょうか?

スピン量が少ないゴルファーの特徴は?

同じアイアンを使って実力的にも同じくらいのゴルファーが二人いるとします。

この二人のスピン量を計測すると、2倍ほど違いが出るときがあります。

スピン量が少ないゴルファーのスイングには特徴があるのです。

スピン量が少ないゴルファーの特徴は、クラブの軌道がインサイドアウトになっています。

また、ダウンスイング時にシャフトが寝てしまっているためスピン量が少なくなります。

インサイドアウトはミスが出やすい軌道なので、イントゥインに修正していくことから始めましょう。

スピン量が多いゴルファーの特徴は?

スピン量が多いゴルファーの特徴は、クラブの軌道がアウトサイドインになっています。

ダウンスイング時に手首のコックが早くほどけ、ヘッドが高い位置から降ります。

つまり、同じアイアンを使っていてもスイングによってスピン量は相当に変わるのです。

右手を使って打つタイプを手打ちタイプといいます。

このタイプは手の運動量が多くなるのが特徴ですが、手の運動量が多いとスピン量が多くなります。

グリーンに止める上では有利ですが、あまりバックスピンが多いと風に弱くなったり、吹け上がって飛距離が出なくなってしまいます。

スピン量を増やすにはどうすればいい?

スピン量を増やすには、3つのやり方があります。

1.イントゥインのスイングにする

インサイドアウトのスイングでスピン量が少ない場合は、最初は極端にアウトサイドインに振る練習をして、徐々に理想的なスイングにしていくといいでしょう。

2.重心の高いクラブに変更する

ソールが薄かったり、ネックが長かったりするアイアンは、重心が高いクラブです。

ただし、このようなクラブを使いこなすには、ある程度のヘッドスピード(目安としてドライバーで43メートル/秒以上)や、しっかりとダウンブローで打ち込める技術が必要になります。

3.スピン系のボールに変更する

もし使用しているボールがディスタンス系(アイオノマーやサーリンといった素材がカバーに使用されている)の場合は、スピン系のボール(カバーがウレタンでできている)に変更すると、アイアンのスピン量も増えます。

まとめ

アイアンで思ったところにボールを止めるには、高さで止めるか、スピンで止めるかです(グリーン上のランは計算しにくいですよね)。

高さを出すにはある程度のヘッドスピードが必要なので、そういった意味でもスピンの効いたボールは、ぜひ身につけたい技術です。

いきなりクラブを変更することはハードルが高いので、まずは、ボールをスピン系にすることから始めてみてください。

それから、アイアンでフェードボールを打つ練習をすれば、きっとグリーン上でピタッと止まるボールが打てるようになりますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

アイアンでバックスピン量を増やしてビタっと止めたい!

カートに追加されました。


×