そのシャフト合ってますか?自分に合ったシャフトを上手く使ってレベルアップしよう

お気に入り
いくら自分のヘッドスピードに合ったシャフトのクラブを購入しても、スライスやフックが治らないことがあります。

どのクラブであってもシャフトの使い方が間違っていれば、スライスやフックを止めることはできません。

スライスやフックする原因を探りながら、シャフトをどのように使えばミスが出なくなるのかについて考えていきましょう。

シャフトの前に打ち方を考えてみましょう

シャフトの前に打ち方を考えてみましょう

getty

硬いシャフトは曲がらないとよく言われますが、それって本当でしょうか。先日リシャフトしましたが球筋に大きな変化は見られませんでした。

どうも奏son輝です。

せっかく新しいクラブに買い替えても、スライスやフックが治らないことが多くあります。試打をした時にはミスがなかったのに、ラウンドに行くとミスが止まらず落胆したことがある方は多いと思います。

たくさんのメーカーからたくさんの種類のドライバーが販売されています。もちろんシャフトのラインアップも様々です。

スイングタイプによってスライスしにくいものやフックしないもの、飛距離に特化したものなどがあって、どれを選べばいいのかわからないという方は多いと思います。

補完的な関係であるクラブとシャフトですが、ミスをしにくいシャフトのクラブを使ってもスライサーがいきなり劇的なドローを打てるわけではありません。

クラブのフィッティングをしたとしても、自身のスイングが根本的に変わりスライスやフックがまったく出なくなることはありません。

自身の打ち方や構え方をまずは疑わないと、購入したクラブもすべて無駄になってしまいます。シャフトの使い方や打ち方を研究してみることが先決でしょう。

試してみる価値は存分にある

試してみる価値は存分にある

getty

我々アマチュアの一番の悩みでもあるスライス、原因はいくつかあります。少し掘り下げてみましょう。

ドライバーでよくあるスライス。ドライバーはクラブのシャフトがもっとも長いクラブです。長さが短いアイアンと比べると多少振り方を変えなくてはいけません。

ドライバーがスライスする原因を解説すると、振り遅れはよくあります。アイアンと同じタイミングで振ろうとすると、ヘッドが降りてこずにインパクトのタイミングが遅れてしまいます。

ドライバーのシャフトはスイング中ずっとしなりを起こしています。切り返しからダウンスイングにかけてヘッドが遅れてくる形でしなってきます。

無論このままインパクトしてしまうと、フェースは開きボールはスライスします。クラブ自体しなるとフェースが開く構造になっていますのでインパクトでずれるとスライスは起こります。

スライスの原因のひとつはシャフトの使い方にも問題があります。スライスを防止してボールをつかまえるためのシャフトの使い方を習得することが必要です。

スライスする人は手元が動いてばかりで肝心のクラブヘッドが動いていないことが多いです。ボールをつかまえるためには、インパクトでヘッドが手元を追い越すようなイメージが必要です。

インパクト付近で手元を止めることにより、グリップに急ブレーキがかかり、ヘッドが勢いよく走ります。

まずは素振りからでいいので、この感覚を養い、ヘッドが走る感覚を身につけましょう。

シャフトを存分に使い有効活用させよう

シャフトを存分に使い有効活用させよう

getty

まだまだスライスには原因があります。

シャフトのしなりを上手く使えていないことです。シャフトのしなりをマスターするとゴルフの楽しみが確実に変わります。

シャフトのしなりの中でマスターしていただきたいのが、しなり戻りです。しなり戻りとはフェースが閉じヘッドが最も走る状態です。

感覚としては、柔らかいクラブを振ってインパクトエリアで止めるとクラブの先端がしなり戻りを起こします。手元より先にヘッドが行く感覚です。

シャフトのしなりを使えるようになると、フェース面が閉じたインパクトになるのでボールがつかまります。つかまり過ぎるとチーピンになるので気を付けましょう。

シャフトがしなり戻る瞬間は、クラブヘッドが最も加速するためインパクトが合うと飛距離を生みます。ドライバーのしなりを使えていないゴルファーがしなりを使えるようになると、間違いなく大幅な飛距離アップにつながります。

その際のポイントは、手先だけではなく下半身を使って止めることです。ゴルフは、結局手を使っているようで下半身のスポーツです。

シャフトのしなりを上手く使えていないことで楽しさが半減していることがあるでしょう。シャフトのしなりをマスターするとゴルフは確実に変わります。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。シャフトはなんでも同じという方がたくさんいます。

ヘッドスピードだけでシャフトの種類を判断するのではなく、きちんと試打してから自分に合ったシャフト選びをしていきましょう。

球筋や自分が打ちたい種類が劇的に増えていき、ゴルフが変わっていくはずです。面倒くさがらずに先を見据えてやっていきましょう。

決して安価な方法ではありませんが、長い目で見たらスコアを競う自分との戦いのスポーツの醍醐味を感じていくことでしょう。

それではまた。
お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001
フォーティーン RM4 20200916-1016

カートに追加されました。