賢く買い物!失敗しない中古クラブの探し方とは?

お気に入り
こんにちは、かずやんです。

予算の関係で中古クラブを買いたいけど、どうしたらいいかわからないと悩んだことはありませんか?

毎年新製品のゴルフクラブが出てきますが、気軽に買い替えることは難しいと思います。

また新製品は最新のテクノロジーが詰まったものなので、いい物であることに間違いありません。

でも新製品のクラブが自分に合うかは別問題なのが、ゴルフの面白いところだと感じます。

探せば型落ちでも中古のほうが自分に合うクラブが見つかる場合もありますので、今回は失敗しない中古クラブの探し方についてご紹介します。

人気だった商品から選ぶようにする

人気だった商品から選ぶようにする

getty

新製品と違って中古クラブは過去に作られたすべてのクラブが対象となるので、膨大な数から選ばなくてはなりません。

どのように選ぶかというと、当時人気だったかどうかを基準に選別してみましょう。

人気だったクラブということは何かしら特徴があり、ちゃんと結果が出るクラブということです。

例えば、オデッセイの2ボールパターは2001年に発売され、当時は多数のプロが使用していたほどの人気でした。

今でも進化を続けて新製品のラインナップに君臨しています。

他にも、テーラーメイドのRBZ(ロケットボールズ)やダンロップのゼクシオなど、人気のクラブはたくさんあります。

ネットでいろいろ検索してみて、どんなクラブが人気だったのかを調べてみましょう。

2ボールパターのように、今でも進化し続けているクラブの歴史を知ることもできるので、楽しみながら探してみてください。

状態のいい商品の見つけ方

状態のいい商品の見つけ方

getty

中古品については、一度は誰かが使っていたものになりますから、品物をしっかり吟味する必要があります。

自分が欲しいモデルでも、お店やネットで見れば、状態の良し悪しがあって、購入してから失敗なんてことも実際にあります。

中古でも状態のいい商品をどのようにして見分ければよいかというと、ポイントは3つあります。

1.中古ショップで実物を試打する
2.キズ、グリップの状態を確認する
3.価格が極端に安い場合は注意する

最も安心して購入できるのが、1です。

中古ショップで実物を試打できれば、構えた感じ、シャフトのフィーリング、グリップの状態などすべてを感じ取ることができます。

年数や使用状況によって、シャフトが劣化し、新品の状態とは違ったフィーリングになっていることもあるので、試打できると安心して購入できます。

場所によっては中古ショップが練習場と併設されていたり、シミュレーターを完備しているお店もありますので、ネットで検索してみることをオススメします。

2のキズ、グリップの状態についてですが、これも実物を手に取って確認することをオススメします。

オークションサイトやフリマサイトにも中古クラブがたくさんありますし、様々な角度から撮影された写真が掲載されていて、問題がなさそうであればネットで購入されても構いません。

中には欠陥部分を隠して出品されているものもありますので、オークションサイトで購入する時は十分注意してください。

実物を見ることができれば、試打できなくてもキズの具合やグリップの状態で使用された状況がわかります。

深いキズがあったり、グリップの劣化がひどい場合は、以前使われていた方の使用状況が悪いため、本来の性能を発揮できない場合もありますからオススメしません。

最悪の場合、キズが原因で使用中にクラブヘッドに亀裂が入ったり、シャフトが折れたりする場合も考えられます。

ボールを打った時の衝撃は想像以上に強いので、クラブの状態はしっかり見るようにしましょう。

3の価格が極端に安い物も注意が必要です。

中古の商品には価格相場があり、クラブの状態によって値段が揃うように売られています。

そんな中で極端に安いものというのは、何かしら理由があるはずです。

お店であれば店員さんに確認して安い理由を聞いてみましょう。

オークションサイトやフリマサイトの場合は手を出さないのが賢明です。

中古ショップならではの掘り出し物を見つける

中古ショップならではの掘り出し物を見つける

getty

中古ショップではたくさんのクラブが並んでおり、中には掘り出し物なんていうものが存在します。

中古品は売ってくれる方がいるから成り立つ商売です。

そのため商品の入れ替わりが頻繁に行われます。

中古ショップに行ったら、店員さんにオススメを聞いてみましょう。

するとすごく状態のいいクラブや、お値打ちなものを教えてくれるかもしれません。

中には地クラブというものがあり、大手メーカーではなく、地域で小規模な形で作られたクラブをオススメしてくれることもあります。

地クラブはこだわりを持って生産されていることが多く、その魅力に惹かれてプロが契約しているものもあります。

ただ、地クラブは高価なものが多いので、新品や新作を購入するにはお金のことを考える必要があるかもしれません。

でも中古であれば、予算の範囲に入ることも十分考えられますし、地クラブが合う方もたくさんいます。

新品を取り扱っているゴルフショップではなかなか見かけることのない地クラブを見られるのは、中古ショップの良さだと思います。

新製品もいいですが、中古品にも注目してみることで、ゴルフを楽しめる幅が広がるといいですね。
お気に入り
かずやん

16歳からゴルフを始めて、主に製造業で働きながら2014年にUSGTFティーチングプロの資格を取得。今でも会社員として働きながら愛知県でゴルフを教えたりしています。会社勤めしながら効率よく上達できるコツをお伝えしていきます。 https://www.kazyan.net/

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200801-0901
ダンロップゼクシオの日200801-0901

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901