反り返りをなくして、正しい前傾姿勢を維持してナイスショットしよう

お気に入り
素振りでは上手くいくのにボールが目の前にあるとミスショットしてしまうことがあります。

アマチュアゴルファーと話していて、特に多くのミスが反り返りという結果が出ましたが、ここを改善していきたいものです。

なかなか身に付いた動きは取れないですね。

なぜミスショットが出てしまうのだろう

なぜミスショットが出てしまうのだろう

getty

最近怖いぐらいティーショットが安定しています。しかしスコアはめっきりです。

どうも奏son輝です。

ゴルフを始めたばかりの頃は空振りをしたりすることもあると思います。経験を重ねていくと空振りはしなくなりますが、それでもトップが出たりなど、ミスが出ます。

ミスを避けようと体がダウンスイングで突っ込んでしまったり、バックスイングで上体が起き上がってしまったりなど多々あります。

上体が起き上がってしまいダウンスイングに入ると、空振りやボールの上を打ってしまうミスがたくさん出ます。それを避けるため上からクラブを叩きつけるようなスイングになり逆のミスも出ます。

バックスイングで体が起き上がってしまう原因は、最初のアドレスにあるかも知れません。

前傾姿勢が猫背だったり棒立ちだったりするのは仕方ありませんが、膝だけを曲げた架空の前傾姿勢はショットが安定しない原因だと思われます。

アドレスを直すとショットも良くなると思いますし、ショットが安定してスコアが良くなるのは当たり前かもしれませんが、ひとつひとつ治していくことは大事です。

アドレスのコツは足の付け根から前傾姿勢を取ることです。膝を曲げただけのアドレスは前傾ではありません。

イメージはお辞儀をするような感じで前傾する際に、お尻を少し後ろに突き出すようなイメージでもいいと思います。

直立して前にかがみ、膝裏が張ってきたら膝を軽く曲げましょう。その程度でいいと思います。

背筋はできるだけ伸ばしたほうがいいですが、無理に伸ばす必要はないです。自然に真っすぐに伸びているようにするといいと思います。

無理に反らせると体自体にチカラが入ってしまい、力みにつながります。背骨の自然なカーブを保つ形でいいので、楽な姿勢で前傾姿勢を作っていきましょう。

楽な姿勢こそ打ちやすい姿勢

楽な姿勢こそ打ちやすい姿勢

getty

前傾姿勢を作った後は、腕をダランと垂らしてクラブを握りましょう。その際は力は入れず、右手が下になる分だけ右肩を低くするイメージを持ちましょう。

そのイメージを大事にしてスイングしていきましょう。体が起き上がってしまう方は、どうしてもダウンスイングで上から叩きつけるようなスイングになっていきます。

アドレスで前傾姿勢をしっかり取ったのに、インパクトまでのたった数秒の時間に崩れていきます。

アドレスで右手が下になる分だけ右肩を少し低く構えまましょう。背骨が若干右に傾くイメージです。

バックスイングでは、この背骨の右への傾きを維持したまま腰から体を右に回転させていきましょう。この時点で腰から始動をしっかり意識すれば、しっかりと右足に体重が乗っていきます。

バックスイングで回転(いわゆる捻転)していくと上体が伸び上がったりしません。

ダウンスイングはボールを上から叩きつけるよりも、すくい上げていく感じのほうがいいと思います。アッパースイングと言われるやつです。

イメージの作り方としてはほうきで地面を掃くような感じで、横からボールを払い打つようなイメージです。ボールの後ろ側から叩きつけるイメージです。

上から叩くイメージだと、どうしてもカット軌道になりチカラも伝わりません。多くの方が悩むスライスの原因になりかねません。

イメージから変えていくことで、ビックドライブビックスコアに必ずつながっていきます。

力まず振ることが本当に大事です

力まず振ることが本当に大事です

getty

腕と体の一体感という言葉を誤解したスイングは、非常にぎこちないしチカラが伝わりません。

よく言われる、腕と体で作られる三角形をまったく崩さないようなスイングですが、間違えると大変なことになります。

三角形を意識しながらバックスイングし、ダウンスイングからインパクトにかけても三角形を崩さないように体を回転させるようなスイングは、意識し過ぎると腕に力が入り過ぎてしまいます。

腕と体の一体感を意識し過ぎると、腕を使ってしまい腰の捻転がなくなります。いわゆる手打ちの代表です。

腕には絶対力を入れないほうが飛びますし、真っすぐいきます。まずは腰の捻転だけ意識して、クラブを軽く持ち素振りを続けましょう。

スイングが下半身主導で行われるから、結果ボールには当たります。

それからレベルを上げていき、骨盤を可能な限り素早く力強く捻転させていきましょう。力強く捻転したら、つられて上半身が勝手に回転し腕がついてきます。

腕の力を抜くと、力を入れていないしボールに正しくヒットできないのではという不安があります。腕にチカラを入れてボールにミートして打っていくことは間違いではありませんが、腕の力では飛んでいきません。

まずはボールの飛ぶ方向やミスショットは気にせずに、気持ちを切り替えて徐々にステップアップしていきましょう。

ボールを打つという意識は捨てて、イメージはいつも言う“でんでん太鼓”です。腰の捻転だけに集中すれば、正しいスイングができ、クラブヘッドは勝手にボールに当り、ボールは真っすぐに飛んでいきます。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。腕の筋肉はいりません。捻転力で上達していきましょう。
お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。