「ステイ・ホーム」、この機会に下半身と体幹を鍛えましょう

お気に入り
ゴルフスイングは、下半身が主体といわれます。

「スイング」とは、確かにクラブを振ることには違いないですが、「振る」という言葉からは、もっぱら手や腕の仕事とつい思いがちになってしまいますが、クラブを振るためのほとんどのエネルギーは下半身です。

もっと具体的に言いますと、腰の回転、そして腰の回転を速くする両脚のパワーによって生じています。

腕や手は下半身から生まれたパワーをクラブに伝えているだけ

腕や手は下半身から生まれたパワーをクラブに伝えているだけ

getty

野球のピッチャーやバッターも腕を振るのが仕事ですが、そのパワーの源は下半身にあります。

そもそもの話、下半身と上半身を比較してみますと、生み出すパワーは下半身のほうが圧倒的に大きいのです。

そのことは、空手やキックボクシングのような格闘技ではパンチよりキックのほうが数倍効き目があるということでもおわかりでしょう。

ゴルフもこれとまったく同じなのです。

手打ちでは飛距離が出ません。腕力に頼ってクラブを目一杯振り回しているゴルファーよりも、腕力はなくても体(腰)の回転に連動してクラブを振っているゴルファーのほうが飛距離が出ますし、方向性もまた優れています。

極論を言ってしまえば、ゴルフスイングにおける手や腕は、下半身から生まれたパワーをクラブに伝えているだけと言ってしまっても過言ではないのです。

もちろん、クラブを速く振るという能力もあるにこしたことはありません。

しかし、その能力をさらに生かすためには、腕を振る速さについていけるような腰の回転スピードが必要になってきます。

そのためには、やはり下半身を強化するしかないのです。

下半身の強化でもっとも効果があるのはスクワット、そしてすべてのスポーツの基本であるランニングです。

このような運動がキツ過ぎるという人は、ゴルフコースに出たときには、少なくともカートにはあまり乗らず、歩幅を広く意識して、速足で歩くことをお勧めします。

下半身のパワーをクラブに伝える体幹

下半身のパワーをクラブに伝える体幹

getty

下半身の強化と並んで重要なのが、「体幹」の強化です。

近年、この体幹という言葉がどのスポーツの世界でもよく使われようになってきましたが、体幹とは読んで字のごとく、体の幹になる部分を指します。

具体的に言いますと、腹から腰、背中のインナーマッスル(体の奥のほうにある筋肉)も含めた筋肉群をいいます。

体幹があらゆるスポーツにおいて注目されてきたのも当然のことで、体幹には自分の体重を支えるという人間としての基本的な動きをコントロールするだけではなく、体のバランスを取るという重要な役割があるからです。

体のバランスが悪ければ、どんなスポーツであってもいいパフォーマンスなんて望めません。

ゴルフの場合はなおのことです。

それはゴルフのスイングをコマに見立てて考えてみれば、よくわかるでしょう。

その場合、体幹はコマの軸になりますが、コマの軸が傾いていたり、グニャグニャとしていては、コマはすぐに倒れてしまいます。

体幹の弱いゴルファーは、アドレスでの前傾姿勢をキープしておくことができないのです。

仮にアドレスでは決まったとしても、肝心なインパクトまでその前傾姿勢をキープしておくことができないのです。

さらに、下半身で生まれたパワーを最終的にクラブヘッドに伝えるためにも、下半身とクラブ(腕)をつないでいる体幹がしっかりしていなければなりません。

体幹というのはコマの軸であると同時に、下半身と連動して、上体を捻る際のエンジンの役割も果たしているのです。

体幹を鍛えるトレーニング法

体幹を鍛えるトレーニング法

getty

ゴルフスイングのテークバックは、手だけでクラブを上げるのではなく、腹筋と背筋を使わなくてはいけません。

別の言い方をすれば、つい手だけでクラブを上げてしまうというアマチュアゴルファーは、体幹が弱いということが原因という場合も多いのです。

体幹を鍛えるためのオーソドックスなトレーニング方法は、腹筋運動(クランチ)です。

床に仰向けになって両膝を曲げて、両手で首の後ろを持ちます(写真)。

その体勢から自分のオヘソを見るように上体を起こします。このとき、肩甲骨が床から離れる程度でOKです。

このバリエーションとして、上体を起こすときに、体幹を左右交互に一方の側に捻る運動も効果的です。

次は背筋運動です。
床にうつ伏せになったら、両腕を伸ばします。そして上半身と下半身を交互にリズムよく揺らします(反らす)。

最初のうちはキツいと思いますので、けっして無理はしないことです。特に背中を反り過ぎますと、腰を痛めやすいので注意してください。

最近は新型コロナウイルスの影響でゴルフ練習場やスポーツジムまでクローズとなっている地域も多いようです。

特に自宅待機やリモートワークとなっているサラリーマンは運動不足でストレスが溜まっていることでしょう。

そんな人たちはこの機会を利用して、自宅で腹筋や背筋を鍛えてみてはいかがでしょうか。

飛距離アップだけではなく、ダイエットにもなりますよ。

「ステイ・ホーム」がいつまで続くのかはわかりませんが、この騒動が終焉を迎えたら、ゴルフコースに出かけて、豪快なドライバーショットをぶっ飛ばしましょう。
お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5大処分市200701-0801

カートに追加されました。