ダフりやトップの原因は何?スイングリズムを確認してみよう

お気に入り
こんにちは、ライターのとやです!

日々スイングの形や、グリップ、イメージなどいろいろなスイング研究をしている方も多いと思います。

それでも「ミスショットが減らない、上手に打てない」と悩んでいるゴルファーは、スイングリズムがバラバラになってはいませんか?

スイングの形ももちろん大切ですが、それと同じくらいスイングリズムって大切なんです。

スイングリズムの大切さは打ち急いだときのミスを思い出して!

スイングリズムの大切さは打ち急いだときのミスを思い出して!
スイングリズムってなんで大切なんでしょうか。

それを思い出させてくれるのが、ラウンドでのミスショットでしょう。

さて、皆さんはラウンド中に「打ち急いだ!」と感じたショットってありませんか? その打ち急いだ時って大体ダフりやトップ、引っ掛け、大スライスなどの大きなミスショットにつながっていませんか。

あくまでライターとやの例ですが、ラインを出してコントロールショットを打とうと、トップが浅くなって、スイングリズムがトップオブスイングの部分だけ速くなる。

こうなるとトップのミスを連発してしまいます。

明らかに捻転を使えておらず、打ち急ぐがあまり上体が起きてしまうのが原因なのでしょう。

打ち急いでスイングリズムが崩れると、そのショットはミスが多くなってしまうんですよね。

皆さんも打ち急いだ時には、どんなミスが出やすいのか一度思い出してみてください。そうすればスイングリズムを一定に保つのがどれだけ大切かおわかりいただけるでしょう。

ライやショットの状況は変われどリズムは同じ!

ライやショットの状況は変われどリズムは同じ!
ゴルフでショットをする時、ティーショット、フェアウェイから、ラフから、傾斜から、バンカー、などとあらゆる状況からショットをしなければいけません。

もちろん状況やライ、クラブに応じて打ち方や狙い方も変わってくるものです。

でもそんな中でも変えてはいけないのが「スイングリズム」です。

素振りじゃ上手く振れるのに、ボールを前にするとなんだか上手くいかない……という方も、このスイングリズムが変わってしまっている可能性が高いのです。

ボールを前にして、ライが悪いときなどはプレッシャーがかかりやすい場面でもあります。そんな時でも平常心で、「いつも通りのリズムでスイングをする」と心掛けておくと、スイングが大きく崩れるようなことはないでしょう。

スイングリズムを整える方法とは?

スイングリズムを整える方法とは?

getty

スイングリズムを整える方法をチェックしていきたいと思います。

なかなか恥ずかしくてできないかもしれませんが、声を出しながらスイングする方法をおすすめしたいと思います。

「1、2、3!」でもいいですし、「チャー、シュー、メーン」でもいいでしょう。

静かにスイングしているだけだと、目の前のボールに意識が集中してしまいがちですが、実際に声を出してみるとリズムが意識できるようになります。

最初は素振りで行ってから、その後実際にボールを打ちながらやってみると効果的です。

スイングリズムは始動も大切! プレショットルーティーンって?

スイングリズムは始動も大切! プレショットルーティーンって?

getty

ゴルフというスポーツは、自分の好きなタイミングで打てるという数少ないスポーツです。

野球ならピッチャーがボールを投げなければ打てませんし、サッカーでもボールがこなければシュートはできません。

ゴルフの場合はスイングの始動タイミングもすべて自分なので、スイングリズムを整えるためには、プレショットルーティーンというものが大切になってきます。

プレショットルーティーンとは、ショットを打つ前の一動作を指します。

ジャック・ニクラウスの「チンバック」という、あごを後ろに引く動作などは有名ですよね。

他にも動き出す前に一瞬体重を沈ませるような動きをするプロや、ワッグルを止めて一瞬の間を作るプロなど、プレショットルーティーンは人によってさまざまです。

「これからいつものリズムでスイングするぞ!」

というスイッチを入れるような働きを持つので、ぜひ自分なりのプレショットルーティーンを見つけてみてください。

スイングリズムを整えるための連続打ちドリル!

スイングリズムを整えるための練習ドリルに、連続打ちドリルというものがあります。

まず、ボールを3球マットの上に並べ、そのボールを連続で打つという方法です。

このとき、1球目は普通に打ちますが、1球目のフィニッシュからそのままトップまで大きく戻してきます。

このとき足はバックスイングで右足を前に、切り返しで左足を前に進めて2球目を打ちます。3球目も同じ動作を繰り返してショットしてみます。

必ずしも思い切り打たなければいけないわけではなく、スイングテンポや切り返しでのタイミングがリズムよく行われているかをチェックしながら行いましょう。

スイングリズムが整っていなければ、ボールを3球続けて打つのは難しいかもしれません。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

スイングリズムを確認してショットの精度を高めよう!

スイングリズムを確認してショットの精度を高めよう!

getty

飛距離や弾道、グリップなどゴルフにはたくさんのチェックポイントがあって、すべてに気が回らない時だってありますよね。

しかしリズムが崩れてしまうと、これまでがんばって練習してきたスイングの形が良くてもミスショットになってしまう可能性が高くなってしまいます。

リズムあってのゴルフスイングの形でもあります。

どんな場面のショットでも、一定のリズムでスイングができるように練習していきましょう。
お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


ゴルフ5初心者バナー