雨の日ゴルフには4つの罠がある!その罠を紹介するよ!

うちの3姉妹がますますかわいくなってきた!

こんにちは! ノザ@ゴルフライターです!

今回は、「雨の日に潜む4つの罠」をテーマに書いていきたいと思います。

皆さん雨は好きですか? 好きと答えた人は、今回紹介する「雨の日の罠」をクリアーしている方達です。

一般的なゴルファーなら、やはり雨は鬱陶(うっとう)しく、スコアも落ちると思います。

しかし、これから紹介する「雨の日ゴルフの罠」に注意すれば、スコアの悪化は最小限になるでしょう。

雨を注意している僕も、こうして活字にして見ると自分が注意しているポイントに気付けて新たな発見がありました。

雨の日が得意という方も、復習する意味で読んでください。

1.水を含んだグリーンはボコボコしている可能性がある!

1.水を含んだグリーンはボコボコしている可能性がある!

getty

雨の日ゴルフで一番気になるのはグリーンです。どの程度の雨かによるけど、例えば土砂降りの雨ならグリーンには注意が必要。

グリーンに起こる変化は以下の通り。

・雨でぐちゃぐちゃになり、デコボコができる
・水溜りができる
・グリーンのスピードが落ちる

上記の中でも特に気を付けたいのは、グリーン上のデコボコです。

通常でも高い球でグリーンに着弾させればディボット跡ができるもの。それが水ハケの悪いグリーンならどうなるか?

そりゃもうぐちゃぐちゃになりますよ。

加えていつもフォークでならす動作も、雨のせいでやることが増えて忘れちゃう人も出てくるでしょう。

その証拠に、雨の日のグリーンはディボット跡を直さない状態にあることが多いです。

まぁ雨で球を拭いたり、手を拭いたりいろいろと作業が増えてテンパるのは仕方ないですが、せめて自分の付けたボール跡は直しましょう。

と、話がズレましたが、グリーンがボコボコしてしまうので予期せぬ曲がり方をしたりします。

しっかりライの確認と、狙ったライン上に凹凸がないかの確認はしましょう。

2.レインウェアでスイングが縮こまる! 雨がひどくなければ上は着ない

2.レインウェアでスイングが縮こまる! 雨がひどくなければ上は着ない

getty

雨がひどくなれば、レインウェアを着ることになります。

ですが、できればレインウェアの上着は着用しないのがベターです。

やっぱりスイングの邪魔になるし、雨を弾く素材なのでシャカシャカとうるさい。通常のスイングをする上でどうしても影響が出てしまいます。

ゴルフは傘を差しながらできる唯一のスポーツです。基本は傘を差してプレーをして、打つ直前だけ傘を外せばそこまで濡れることはありません。

プロもできる限りレインウェアは着ないので、レインウェア=スイングの邪魔は明白です。

どうしても着るしかないような土砂降りなら、スイングの際には注意しましょう。

ちなみにちゃんとしたゴルフメーカーのレインウェアを買ったほうがいいですよ。高いですが、ゴルフ用なのでいい位置にポケットがあるし、袖も脱着式だったりしますから。

高いけど……。

3.グリップが濡れると手が滑るからタオルは必須!

3.グリップが濡れると手が滑るからタオルは必須!

getty

雨の日で一番ショットに影響が出るのが「濡れることによるグリップの滑り」です。

対処法としては以下があります。

1.グローブは使用する時以外露出させない(濡らさない)
2.打つ前に必ずグリップを拭く
3.替えのグローブを用意する

以上の3つを徹底的に守る。そうすればグリップの滑りに悩まされることは減るでしょう。

ただこれを徹底できるかどうか? ここが難しいポイントなんですよね。

普段のゴルフでやらない動きじゃないですか? 雨の日の動きって。だから、わかっていながら、行動に移すことができないんですよね。

僕の場合も、「あれ? タオルどこ? あ! グローブずっとポケットから出てた!」とかなって慌てふためきます。

普段から雨の日の設定でもしていれば、その動きができるんでしょうが、ここは正直慣れが必要ですね。

天気予報でゴルフ当日が雨なら、その夜から準備しておきましょう。

4.いつもの場所にティーやボールがない! 収める場所も決めておこう

4.いつもの場所にティーやボールがない! 収める場所も決めておこう

getty

レインウェアに着替えると、いつも収納してある場所がわからなくなります。

パンツの右ポケットに球があるはずなのに、レインウェアの上着左ポケットにある! みたいな感じです。

こうなると、意外とショットに影響出てくるんです。

あれ? ティーがない! いつもの場所にない! と焦ると、心に波風が立ちます。ましてや、後ろに組がいるとかなるとより一層に……。

それがどんなに小さな「慌て」でも、少なからずショットに影響が現れる。

レインウェアになっても「ここにティー! ここに球でここにフォーク!」としっかり設定ができていれば、レインウェアを着ていたっていつも通りに動ける。

慌てることなんてなくなります。

まとめ・雨の日ゴルフは罠がいっぱい! そこをクリアーするのが玄人だ

まとめ・雨の日ゴルフは罠がいっぱい! そこをクリアーするのが玄人だ
ということでまとめます!

【雨の日ゴルフの4つの罠!】

1.グリーンはボコボコだからラインには注意
2.レインウェアはゴワつくから上着は極力着ないように
3.グリップが濡れると滑っちゃう
4.突然のレインウェアで所持品の位置が変わっちゃう

以上になります。

実際雨の日の罠はこれ以上にもあります。第2弾はまた別の機会に書くとして、ひとまず上記に挙げた4つを気を付けましょう。

雨の日だからってベストスコアを諦めたらつまらないですよ。

雨の日は球が止まるという大きなメリットもあります。雨なんかで腐らず、最高な1日にしてやりましょう!

それではまた!
お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。