基本のアプローチは3種類!まずはこの3つを覚えてスコアアップ!
ゴルフスイング

基本のアプローチは3種類!まずはこの3つを覚えてスコアアップ!

0

ゴルフを始めたばかりの方はとにかく飛距離を出すためにドライバーを練習することが多いのではないでしょうか?

しかし、スコアを良くするにはグリーン周りのアプローチを改善することも大事です。

アプローチが上手になればパターが楽になるので(ピンに寄るようになるから)、結果として100切りにも大きく近づきますよ!

アプローチとは直接カップインが狙える位置からボールを近づけること!

アプローチというのは、直接ボールをカップイン(穴にボールを入れること)することを狙える距離からボールをカップに近づけることことです。

厳密な言葉の使い方で言えば、グリーンまで届く距離のショットはすべてアプローチと言えるのですが、一般的には男性なら50ヤード前後のショットからアプローチと呼ぶことが多いようです。

アプローチは、カップにどれだけ近づけられるかが勝負です。

一見簡単そうに見えますが、いざやってみると思うようにボールが近づいてくれず苦労することがほとんどでしょう。

練習場やゴルフ場にアプローチ専用の練習場が隣接している場所もあるので、普段の練習でもラウンド前でも、アプローチ練習をする習慣をつけておくことをおススメします。

アプローチで使用するクラブは?

アプローチショットをする際のクラブ選びですが、どのような弾道でボールを打ちたいかを考えてからクラブ選びをします。

最初はAW(アプローチウェッジ)やSW(サンドウェッジ)を使うことをおススメします。

慣れてくると「転がしたいから8番にしよう」なんてことも考えるようになりますが、最初のうちはいかにボールをミートするかを考えましょう。

弾道は軽く打ってボールを上げて、グリーンの端に落ちるくらいをイメージするのがいいでしょう。

この辺りはある程度経験が必要ですのでたくさん打って試してください。

弾道についてはまた後程。

足の間はくっつくぐらいに!

アプローチの場合繊細なコントロールが必要になるので、普通にボールを打つのとはフォームが異なることが多いです。

両足を広くても10センチ程度開くくらいに留めて、ボールを両足のかかとの真ん中に置いてください。

スタンスは、スクエアからややオープンに構えます。自分が打ちやすいオープンの度合いは練習で見つけておきましょう。

クラブは他のクラブよりもやや短く持ち、距離に応じて必要な分だけのスイングで打ちましょう。

2~30ヤードの短い距離を打つ場合もありますが、その時はちょこっとクラブを上げる程度で十分届くはずです。

少し上達したら、体の重心をずらさないこと、頭の位置を変えないことを意識しましょう。

体重は、最初からやや左足体重気味にしておくと、余計な体重移動が起こらず、ボールにミートしやすくなります。

いかに安定してショットできるかがアプローチは勝負です。

3通りのアプローチを使い分けましょう!

先ほどアプローチの弾道の話を少ししましたが、大きく3通りの弾道に分けられます。

1つ目は高く打ち上げてカップの手前でボールを落とす「ピッチショット」。
高く打ち上げるための技術が求められます。距離感も難しいです。

2つ目は打ち上げて、グリーンで落として転がす「ピッチエンドラン」。
これが先ほどおススメした弾道です。一番感覚をつかむのにも適しています。

3つ目は転がしてグリーンまで運ぶ「チップショット」。
グリーンまでの距離が近いときに使います。ちょっとだけ空中を飛んだボールが、すぐにグリーンに落下して転がります。あらかじめグリーンのラインを読んでから打つことも多いショットです。


まずは自分のイメージがつきやすいショットを1つマスターしてから、他のショットにも挑戦してみましょう!

この3通りをマスターしてアプローチ上手になればスコアアップはすぐそこです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

基本のアプローチは3種類!まずはこの3つを覚えてスコアアップ!

カートに追加されました。


×