高い球の打ち方4選!鋭角にクラブを入れられれば球がめくれて上がるよ!!

最近花に心を奪われる! 乙女かよ!

こんにちは~ノザ@ゴルフライターです!

今回は、「高い球の打ち方」について紹介していきます。

高い球の打ち方は意外と簡単で、コツさえつかめば誰でも打てるようになります。

ただ難しいのは、「高い球を打つ状況」を確認しなければならないこと。簡単に言えば、「風がアゲンストの時に打ってもマイナスなことしか起こらない」訳です。

状況を把握した上で高い球を打ちましょう。

ちなみに前回書いた記事「高い球の特徴や得られるメリット」を読んでいない方はそちらからどうぞ!

1.球は左足寄りに置く

1.球は左足寄りに置く

getty

球の位置ですが、左足寄りに置きましょう。

ただしクラブに寄ります。

通常のクラブ別のボールの配置は以下が多い。

・ウッド系=左足寄り
・2~5番アイアン=左足寄り
・6~9番アイアン=真ん中
・ウェッジ=右足寄り

ですが、高い球になると2~8番アイアンはすべて左足寄りになります。

ウェッジ系だけは右足寄りで大丈夫です。

基本的な部分を書くと、球の位置は「左足寄りのほう」が高い球が打てます。

この状況はハンドレイトという状態(球が手の位置より右側にある状態)にしやすく、スイングの構造上、高い球を打てる環境になるのです。

ウェッジがなぜ右足寄りでいいのかというと、ウェッジは元々フェースが開いているので、右足寄りにあることで打ち込みやすく、その分スピンの効いためくれた高い球が打てる訳です。

加えてシャフトの短さもあるので、物理的に左足寄りに置いてある球を打つのも無理がありますしね。

ということで、ウェッジ以外のクラブはすべて左足寄りに置きましょう。ハンドレイトの状況は高い球が打ちやすいですから!

2.フェースを開いてオープンスタンス

2.フェースを開いてオープンスタンス

getty

高い球を打つ続いての条件は、「フェースを開いてオープンスタンスにすること」です。

上記画像は結構フェースを開いてますね。

フェースを開く理由は単純で、フェースが開く分「ロフトが寝る」ためです。

・フェースを閉じる(ロフトが立つ)=低い球
・フェースは開く(ロフトが寝る)=高い球

と覚えておくと簡単ですね。

さらにオープンスタンスにすることで「右足体重」になり体も球を上げる態勢になります。

これはバンカーショットをイメージしてもらえればわかりやすいと思いますね。あのアドレスがまるまる、高い球を打つ状況となっています。

ただ注意点として、フェースを開く以上、開く度合いにもよりますが「球が左に出る」と「飛距離が落ちる」という点が挙げられます。

なのでこの点だけ意識してアドレスに入りましょう。

「一番手上げる」のは鉄板だと思います。

3.鋭角に打ち込むとスピンが掛かりめくれて上昇する

3.鋭角に打ち込むとスピンが掛かりめくれて上昇する

getty

一度松山プロの球を生で観たことがありますが、他の日本人プロより明らかに球の高さが違いました。

小平プロとのラウンドでしたが、同じ番手でも明らかに違う! 球の高さが!

これはどっちがいいとかいう話ではないですよ。

松山プロのアイアンショットの特徴として、鋭角にクラブを入れるという特徴があります。

宮里優作プロも「英樹はソリッドにクラブを入れる」と評しています。

アイアンの構造上、鋭角にクラブを入れて球がフェース上を転がり球離れをする訳です。

鋭角に入れた分、しっかり球はフェースに乗るんです。

その角度が鋭角であればある程、球はスピンが効きめくれた高い球になります。

払い打つのではなく、打ち込むほうがより球は高く上がります。

4.目線を高くし、高い球を打つイメージ

4.目線を高くし、高い球を打つイメージ

getty

これはスイング的な話ではなく、イメージに近いですね。

まずアドレスに入る段階で、高い球を打つイメージを持ちましょう。

具体的に、「8番アイアンであの木の上まで球を上げて……」とまで考えなくてOK。

ただただ、「高い球を打つ」という意思をハッキリ持ちましょう。

そこからアドレスに入ります。

その時、打つ方向を確認すると思いますが、この時目線もいつもより高くしてください。

そうすることで体も「高い球を打つ態勢作り」を勝手に行ってくれます。

※目線を上げる意味も含めて「オープンスタンスがいい」んです。クローズスタンスでは目線は高くしにくいですから

後は上記で紹介した、球の位置、フェースとスタンスでバチっとした高い球が打てます。

ここはイメージなので説明は難しいですが、とにかく高い球を打つという意思と、目線を高くすることを意識してくれればOKです。

まとめ・高い球は距離をロスするから番手に気を付けよう

まとめ・高い球は距離をロスするから番手に気を付けよう
ということでまとめます!

【高い球の打ち方4選】

1.ウェッジ以外、球は左足寄りにセット
2.フェースを開いてオープンスタンス
3.クラブは鋭角に入れてフェースに球を乗せる時間を増やす
4.目線を高くし、高い球を打つイメージを作る

以上になります。

繰り返しますが、高い球を打つ際は風の状況を確認しましょう。

もし仮に無風の場合でも、フェースを開く以上必ずいつもの距離は出ないので一番手上げることも忘れてはいけない。

高い球が打てれば300ヤードショットも可能ですし、ラフからでもグリーンで止められる球が打てるようになります。

上記のことをやっていればすぐモノにできます。

ちなみに上記のことをすべてやらなくても、一部だけでも取り入れてみてください。

スイングは、「100人いたら100通りのスイングがある」と言われています。極論、上記の打ち方をして低い球が出る人もいるかも……。

試すだけ試して、合う方法を探してください。

それではまた!
お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。 【YouTube開始】 2020年7月からYouTubeにて「タケノコチャンネル」開始。夫婦でゴルフ、キャンプなどの動画を上げてます。一度覗いて見て下さい。 https://www.youtube.com/channel/UCXEEdZShxLUb9FOZ__S70IA

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオの日200801-0901
ダンロップX2ボール200801-0901

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901