飛距離追求シャフトと飛距離追求ヘッドの組み合わせで、飛距離はどうなった?

お気に入り
ゴルファーなら誰だって今より飛ばしたいですよね!

ボールを飛ばす要素として一番馴染み深いのがヘッドスピード。ヘッドスピードが上がればもっとボールは飛ばせるんだけどどうやるの?

今回はヘッドスピードが簡単に上がるギアを紹介します。

ドラコン専門家JPDAが開発した超飛距離系シャフト

ドラコン専門家JPDAが開発した超飛距離系シャフト
自分も所属しているドラコン団体JPDAが、全ゴルファーのヘッドスピードを上げるために開発した超飛距離系シャフトPROTOTYPE(プロトタイプ)-LD。

その名の通り、飛距離アップに焦点を当てて開発したヘッドスピード爆上がりシャフトです。

カラーリングも白に金のロゴ文字と黒に白のロゴ文字があり、選べるのも面白いです。

どんな特徴のシャフト?

どんな特徴のシャフト?
ヘッドスピードを上げるにはシャフトの「しなり」をしっかり使うことがとても重要なのですが、そのシャフトのしなり戻りを使うのが苦手なゴルファーが意外と多いです。

でもこのシャフト自体がオートマチックにしっかりと高速でしなり戻り、ヘッドスピードを上げることで今までにないボール初速を体現します。

R、S、X等の一般的なフレックス表示がなく、ワンフレックスのシャフトでなんとヘッドスピード35~54メートル/秒(m/s)まで幅広く対応するシャフトです。

またキックポイントも2か所に設定しており、ヘッドスピードの違いで変わるしなり場所を最適に設計しています。

実はメチャメチャ柔らかい

ヘッドスピード54m/sに対応すると聞いて、一般的には物すごい硬そうというイメージもあるかもしれませんが、ヘッドスピード35m/sにも対応しますので、実際は物すごい柔らかいシャフトです。

動画で2本のシャフトを振っていますが、始めはシャフトの走りでは最も知名度があり、女子ゴルフツアーでも断トツの使用率を誇るシャフトメーカー、フジクラシャフトのSpeeder EVOLUTION V(スピーダー エボリューション ファイブ) 569(S)です。

続いて振っているのがPROTOTYPE-LD。

明らかにPROTOTYPE-LDのほうが大きくしなっているのがわかるでしょうか?

この大きなしなりと高速しなり戻りで、スイング等を変えることなく大きな飛距離を得ることができます。

ヘッドもドラコン団体が関わってます

ヘッドもドラコン団体が関わってます
ESTIVANT(エスティバン)というメーカーをご存じでしょうか?

福岡県にあるメーカーなのですが、実はこのメーカー、JPDAドラコンプロ(正確性と飛距離で戦うプロ)をサポートしているため、飛距離には並々ならぬこだわりがあるのです。

そのESTIVANTが開発したのがES-460シリーズ。

この特徴があり過ぎるクラウンは、もしかしたらどこかで見たことがあるかもしれません。

世界最硬を謳ったヘッド

世界最硬を謳ったヘッド
このヘッドはチタン合金に非常にこだわってます。

一般的なドライバーヘッドに使用されるチタン合金は6-4チタンという物なのですが、ランク的にはかなり低価格帯の素材に位置付けされるんです。

低価格のフェース材はチタン合金の密度が低く、強度・引っ張り強度が低下し、ドライバーショットのエネルギー伝達力が減少するためボール初速が約5%前後も減少することがマシンテストで証明されました。

5%と聞くと非常に少ない数字に思えますが、例えばボール初速が1m/sでは約4ヤードですので、ボール初速が60メートルm/sのゴルファーでは約240ヤード飛ぶ計算なります。

そこから5%ロスすると約12ヤードの飛距離ロスを起こすことになります。

さらに、フェース材だけでも-5%ですので、ボディー材も低価格チタン合金になると、さらにエネルギー伝達力は低下します。

そこでこのES-460シリーズはコスト度外視と言ってもいいほどのチタン合金を採用し、すさまじく硬いヘッドに仕上げ、インパクトのエネルギーを余すことなくボールに伝える設計になってます。

またつかまりがとてもいいので、スライスに悩むゴルファーも思いっ切り振っていくことができます。

飛距離を追求しまくった組み合わせは最強!?

ドラコン団体が作った、ヘッドスピードを上げるために作ったシャフトにドラコン団体をサポートするメーカーが作った最硬のヘッドを組み合わせると驚異の結果になりました。

ここからは動画を見たほうが早いかもしれません。

PROTOTYPE-LDとES-460Dの組み合わせを試打しています。

※PROTOTYPE-LDシャフトは45インチに設定しております。

動画内で比較としているのがSpeeder EVOLUTION V 569(S)にエピック フラッシュです。

動画の初めのほうで比較用のエピック フラッシュを振った時のヘッドスピードが51.5m/s。

続いてPROTOTYPE-LDを振っていますが、なんとたたき出されたヘッドスピードは55.2m/s!

違いにして3.7m/sの差が出ました。

ヘッドスピードが1m/sで約5.5ヤードの違いと言われていますので、今回の結果だと単純計算で20.35ヤードも飛距離の伸びしろが生まれました。

このシャフトとヘッドは一般的な量販店には並ぶことがなく、試す機会が非常に少ないかもしれませんが、飛距離を欲しているゴルファーには本当に試してほしい組み合わせとなっています。
お気に入り
風と草の大地

JPDA(一般社団法人 日本プロドラコン協会)ドラコンプロ、認定ヘッドスピードトレーナーをしています草野大地です。 とにかくドライバーが大好きで練習場では9割ドライバー打ってます。 ギアの試打動画(特にドライバー)を中心に飛ばしの楽しさを広めれるような記事を書いていこうと思っております。 https://www.youtube.com/channel/UCDCDMzjHc82OlagoLIhSCAA?sub_confirmation=1

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200801-0901
ダンロップX2ボール200801-0901

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901