アプローチの距離感はクラブの振り幅で決めよう!30・50・80ヤードが肝!

週末は15時から飲んでます!

こんにちは~ゴルフライターのノザです!

今回は、「アプローチの距離感、打ち方」について紹介していきます。

通常のアイアンショットなら大体距離って決まってるじゃないですか。

・9番=135ヤード
・8番=145ヤード
・7番=155ヤード

みたいな感じで。しかし、アプローチとなると自分の感覚に頼ると思うんです。

・28ヤード=これくらいかな
・42ヤード=多分これくらい
・55ヤード=わからないけど打つ

みたいな感じです。これが一番良くないパターンなんですよね。なぜなら「勘」だから。

勘が冴えてる時ならバンバン面白いほど寄っていくと思いますが、一度わからなくなると迷路。

なので、自分の中にしっかり「この距離はこのスイング」という定義を作ることが必要なんです。

その定義として、振り幅を使うのが最も簡単で覚えやすいのです。

アプローチの距離感は振り幅で決めよう! これが超楽!

アプローチの距離感は振り幅で決めよう! これが超楽!

getty

説明した通り、アプローチショットは奥が深いんです。

無数にある残り距離を、その時その時でジャッジして打たなければならない。

「フルスイングで何ヤード飛ぶ」という本来の番手選びができない。

なので振り幅で定義をつけましょう。「この距離ならこの振り幅」という感じです。

プロはもちろん自分の振り幅を持っています。多分ですが、「アプローチは勘です!」って人はいないんじゃないかな……。

だってそんな曖昧なモノに頼っていてあんなバシバシ寄るハズないですからね。

とにかくスイングスピード(リズム)は変えずに、振り幅のみで打つ距離を出します。

これが楽だし、確実なんです。

30ヤードは膝から膝

30ヤードは膝から膝

getty

最初の定義は30ヤードです。

目安の振り幅は膝から膝で、時計で言えば5時~7時くらいです。

これは、「バックスイングはシャフトが膝まで」そして「フィニッシュもシャフトが膝まで」です。

この振り幅で30ヤードまで飛ぶように練習しましょう。

これより飛ばなければもう少しスイングスピードを上げ、飛び過ぎるようなら少しゆっくりにします。

ここが一番最初の定義になるので、手を抜かずに体にリズムを刻みましょう。

仮にここで30ヤードの振り幅が完成したとしますね。

例えばこれが残り20ヤードの場合どうしますか?

基準ができているので、まずその場で30ヤードの距離の素振りをします。

しかしこのままじゃ飛び過ぎる訳です。

そしたらそこから振り幅を縮めるか、リズムをゆっくりにするか考えることができる。

つまりですよ、間違っても30ヤード以上飛ぶことはなくなった訳です。

30ヤードの距離を知っているんだから30ヤード以上のオーバーは絶対しない。これがくだらないミスを減らす大きな技術になるんです。

これはここから説明する50、80ヤードでも同じことが言えます。

まず30ヤードは膝から膝の振り幅と覚えておきましょう。

50ヤードは腰から腰(ハーフショット)

50ヤードは腰から腰(ハーフショット)

getty

続いては50ヤードの距離です。

ここは膝から少し広がり「腰から腰」になります。

一般的に言われるハーフショットですね。時間で言えば3時~9時で半円を描くように振りましょう。

30ヤードの時と同じように、とにかくハーフショットで50ヤードまで届くように調整しましょう。

少し振る距離が長くなるので力んだりしてはダメです。

あくまで一定のリズムで打ちましょう。

80ヤードはスリークォーターショット

80ヤードはスリークォーターショット

getty

最後は80ヤードのショットです。

80ヤードはスリークォーターと呼ばれるショットで、時計で言えば12時~9時までの振り幅になります。

振り幅が広がるので難易度的にはちょっと上がります。

難しいのはいつもフルショットでゴルフを組み立てる人。

スリークウォーターで打たなければならないのに、クセでフィニッシュをしっかり取ってしまい飛び過ぎるパターンです。

ハーフショットまではできるのに、スリークォーターができない人って意外と多いんです。

多分中途半端な振り幅なんですよね、スイング的に。

とはいえ80ヤードはこの距離で覚えなければなりません。

30、50ヤードときたんですから、ここもクリアしましょう。

スリークォーターショットで気を付けるべきは、ずばり飛び過ぎです。

アプローチですから飛び過ぎるとグリーン奥になり難しいショットが要求されます。

パーオンチャンスから奥に行き、そこからダボとかよくある話です。

フィニッシュを9時で止めるよう練習しましょう。

まとめ・アプローチの距離感は重要! 勘に頼らないで確実に寄せよう

まとめ・アプローチの距離感は重要! 勘に頼らないで確実に寄せよう
ということでまとめます。

【アプローチの距離感は振り幅で決めよう】

1.アプローチは振り幅で決めるのが超楽
2.30ヤードは膝から膝
3.50ヤードは腰から腰(ハーフショット)
4.80ヤードはスリークォーター

以上になります。

これは本当にぜひ試してみてください。

勘で打ってる人は今、今日から振り幅でアプローチをしましょう。

なぜこんなにおすすめするのかは説明の通り、本当に簡単なんですよ。

いろいろなゴルフ理論が飛び交うゴルフの世界ですが、これほど簡単に会得できるものはそうないです。

だからぜひ試してみてくださいね!

それではまた!
お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016