誰のスイングを真似るかではなく、どれだけ効率的なスイングを実現するかが重要

ゴルファーとして技術を向上していく中で、誰もがタイガー・ウッズやローリー・マキロイのようなスイングに憧れを抱くと思います。

そして憧れのプレーヤーの動きを研究し、自分のスイングはどこがダメなのか、何を変える必要があるのか、日夜研究している人も多いと思います。

しかし、ここで重要なことは、他のゴルファーと視覚的に比較するのではなく、ゴルフスイングが効率的か非効率的かを把握し、その情報に基づいて修正を加えることです。

つまり、世界のトッププロのスイング効率にどれくらい近づけるのかを考えるということです。

筋力や体格、そのほか天性のものによって、各プレーヤーの出力はまったく違います。

ゴルフスイングを練習する上では、どれだけ速く振れるか、どれだけ遠くに飛ばせるのかを他人と競争するのではなく、現在の自分にとって、どれくらい効率的にボールにエネルギーを伝えられているかを考えるということが大切です。

そこで今回は、スイング効率を語る上で欠かすことのできない「キネマティックシーケンス」について解説します。

「キネマティックシーケンス」って何?

「キネマティックシーケンス」って何?

getty

ゴルフスイングの分析では、バイオメカニクスの技術と技術を使用して、体がクラブヘッドの速度をどのように作り出すかを分析しています。

そしてスイングの最大出力は、キネマティックシーケンスと呼ばれるゴルフスイング固有の要因を使用して生成されます。

キネマティックシーケンスは、物理学と生理学で構成され分析されます。

■物理的要素

鞭や釣竿をスナップするアクションで表すことができます。

腕の動きによって鞭や釣竿は動作を開始しますが、その後は腕が減速して停止することで運動エネルギーを「通過」させます。

そしてそのエネルギーによって、鞭や釣竿の先端がピシッとしなります。

このエネルギーの伝達方法がキネマティックシーケンスの物理的な要素です。

■生理学的要素

垂直ジャンプのアクションで表すことができます。

立った状態からジャンプアップする場合、最初の動きは「沈み込み・踏み込み」です。

そのアクションは、最も強い収縮のために筋肉に事前に負荷をかけ、体を最大の高さまで推進します。

■ゴルフスイングのキネマティックシーケンス

ゴルフスイングのキネマティックシーケンスは、4つのコンポーネントで構成されています。

構成要素は、ヒップ、肩、腕、クラブシャフトです。

驚くべきことは、トッププロゴルファーはみな同じ運動学的シーケンスの特徴を持っているということです。

つまり、視覚的にはまったく違うスイングも、キネマティックシーケンスはほぼ同様の数値をを示すため、キネマティックシーケンスのデータだけではどの選手のスイングであるか言い当てることは難しいのです。

すべてのトッププロゴルファーーは、下半身から速度を生成し、この速度を胴体から腕に移し、そしてクラブにエネルギーを伝達していきます。

キネマティックシーケンスとゴルフスイング

キネマティックシーケンスとゴルフスイング

getty

ゴルファーがバックスイングを開始すると、脊椎を中心として時計回りにクラブや筋肉などのセグメントが回転を始めます。

そして、クラブと肩がバックスイングで最大回転に達する前に、ヒップが逆方向に移行し始めます。

下半身が先に運動方向を変え、ボールとのインパクトに向かって反時計回りに回転します。

これは、肩、腕、およびクラブが時計回りの方向に継続しているときに発生するため、上半身の筋肉に大きな負荷がかかる瞬間です。

次に、肩が移行を開始し、反時計回りの加速度でインパクトに向かって方向を変えて(ヒップのリードに追従して)いきます。

この時、上半身と肩は一瞬逆方向に動いています。

続いて腕とクラブの間でもこの逆方向への動きが起こり、手首と前腕の筋肉に事前に負荷がかかり、腕と手首が加速してインパクトを迎えます。

すべてのセグメントがインパクトに向かって反時計回りに加速すると、身体は物理学と生理学の両方を使用して、クラブヘッド速度を最も効率的に加速させることができます。

この時、各構成要素は加速と減速を繰り返しながら次々にエネルギーを伝達していきます。

インパクトの前に減速しない唯一のセグメントはクラブヘッドだけです。

鞭のように、最高速度に達すると、セグメントは減速し、運動エネルギーを肩セグメントに「渡し」ます。

運動量の通過と、腰と肩の間の筋肉の伸びと収縮の両方が、肩の部分を腰の速度の2倍の最大速度まで加速します。

最大回転速度に達した肩は、減速し、その運動量を肩の2倍の最大速度まで腕に「渡し」ます。

そして最後に、腕は腰や肩と同じように減速し、クラブにエネルギーを渡し、それによって勢いが倍増します。

次に、クラブは最大の直線速度と角速度の両方でボールを抜き、ボールと衝突するまで加速し、インパクトの時点で最適な速度とパワーを生み出します。

飛距離と方向性が両立できる理由

飛距離と方向性が両立できる理由

getty

体が一貫して同じシーケンスを作成してパワーを生成している場合、これにより打球と正確性の一貫性が向上します。

体が毎回同じパターンと同じパワーを生成することでインパクト時にフェースはスクエアに戻りやすく、また毎回同じパワーを生成しているため、各番手での距離が安定します。

方向性を求めて手打ちになってしまうと、クラブの軌道は安定しませんし、飛距離もバラつきます。

日々の練習の中では、いかに速く振るか、遠くに飛ばすかを意識するのではなく、いかに効率よくエネルギーを伝達できるかを考えることが大切です。

ゴルフのダウンスイング中、クラブが正確かつ最大速度でインパクトに到達するには、すべての体のセグメントが正確かつ特定のタイミングで正しい順序で加速および減速する必要があります。

エネルギー伝達のタイミングが間違っていると、エネルギーが追加される代わりに消散する可能性があり、その結果、速度が失われます。

また、身体の一部が別の仕事をしていないために身体の一部を補う必要があるため、スイング軌道がブレたり、ケガにつながる負荷が発生する可能性があります。

みなさんも、「エネルギー効率」を考えながら、練習に励んでください!


ツイッターでもゴルフ中心に呟いてます(`・∀・´)

フォロー&コメントお待ちしてます!!
お気に入り
Yanagi@TPIトレーナー兼ドラコンプロ

TPI認定トレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! TPIのメソッドやドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitter("Yanagi"で検索! https://twitter.com/Out_Drive300)やブログでも情報発ししていますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください! https://drive4show.org/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。