新・貧打爆裂レポート『G710 アイアン』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年3月19日発売されるピン『G710 アイアン』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。「飛び系なのに、ズルい。」というコピーのブラックなアイアンの深層に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

一目惚れする美しさが『G710 アイアン』だ!

一目惚れする美しさが『G710 アイアン』だ!
『G710 アイアン』は、ピンが2020年3月19日に発売するクラブです。

見た目でわかるのは、まずは、ヘッドが黒いことです。シルバーと2タイプから選べるのではなく、ブラックヘッドのみが発売されます。

「ハイドロパールステルス仕上げ」というのが、ブラックヘッドの加工の名称で、適度に艶(つや)もあるマット系のブラックは、ヘッドを小さく見せる効果もあり、手触りも良いです。

【試打クラブスペック】※数値は7番アイアンのもの
ヘッド 17-4ステンレススチール(ハイドロパールステルス仕上げ)
フェース マレージング鋼C300
シャフト N.S.PRO 950GH neo (S)
ロフト 28度
長さ 37インチ
ライ角 62度
価格 2万3000円/本(税別)

『G710 アイアン』は、中空構造です。

フェースの大きなたわみで初速を上げて、ミスヒットにも強くなります。

フェースの裏のソール部分をギリギリまで薄くすることで、高弾道を生み出すことも狙っているようです。

中身は見えませんが、こういう機能は、論より証拠で、打ったボールが教えてくれるはずです。

さらに、『G710 アイアン』は、ピンのアイアン史上最大のMOI(慣性モーメント)になっています。ミスしても曲がらないアイアンになっているそうです。

もう一つ、面白い点が、グリップエンドです。

「ARCCOS CADDIE(アーコス・キャディ)」という計測器が埋め込まれています。ラウンド中のすべてのショットを自動で記録して、スマホやタブレットのアプリに、そのデータを送信することができるのです。

GPSと連動できるコースであれば、ショットごとの飛距離などのデータを後から見たり、クラブごとの分析などができるのです。

なんだか、新しい時代が来たのだと、不思議な気持ちになります。

アドレスすると、美しいアイアンだと一目でわかります。

フェースが少し長い、と個人的には感じますが、打ちやすそうだと感じるゴルファーのほうが多いので、マイナスではなく、プラス要素になると思います。

少しグースもしていますが、ボールを包み込みようにチューニングされています。

ソールは短いアイアンほど幅が広くなっていて、やさしそうだと感じさせます。番手の数字も大きめで、シルバーに加工されていて、見やすいのも好感を持ちました。高級感も感じさせます。

『G710 アイアン』は、ゴルファーを一目惚れさせる要素に溢れています。

打たずに、ポチッと衝動買いしてしまうゴルファーも少なからずいそうです。

やさしさで助けてくれるぶっ飛びアイアンは珍しい!

動画を見てください。

『G710 アイアン』の打音は、小気味の良い単音です。残響もほとんどありません。
音質が独特で、アイアンっぽくないと思うゴルファーもいると思いますが、不快な感じはありません。

打ち応えは、ホンワカしています。芯が広いと感じるゴルファーもいれば、逆に、当たっている場所がわかりづらいと感じるゴルファーもいると思います。

それでいて、初速感は強く感じて、飛びそうだと思わせるところと、芯の感触はしっかりしているところは、さすが、ピンのアイアンです。

『G710 アイアン』は、ぶっ飛び系アイアンです。ミドルアイアンは2番手、ショートアイアンは1番手。ロフトよりも飛ぶ印象があります。

飛距離という意味では、楽々と合格するレベルです。

弾道は高いです。これが良いのです。番手なりの高さを余裕で出せます。何も考えず打てば、高弾道で飛ぶボールになります。

カッコいいぶっ飛び系のアイアンが欲しいというゴルファーには、『G710 アイアン』はオススメです。

ナチュラルに打つと、ややドローします。

スライスのミスをなくしたいゴルファーにも『G710 アイアン』をオススメします。

ボールをとらえる動きをする傾向がありますが、ヘッドの挙動が敏感ではないので、基本的にはややドローを打てます。

ただし、小手先で調整しようとすると、プッシュや引っかけが出てしまうことがありそうです。大型ヘッドのドライバーのように、操作性よりも、やさしく同じボールを打ち続けるイメージが、『G710 アイアン』を使いこなすコツになります。

『G710 アイアン』の良い点は、中空構造のアイアンの弱点になることが多いスピン不足を感じさせないことです。十分なスピン量が確保されます。

『G710 アイアン』は美しいアイアンですが、この手の加工のアイアンは【味わい】が楽しめる余裕が必要です。

数ラウンドで、自然な打撃傷が出てきます。ソースに筋状の傷が入ったり、フェースには粒状の細かい傷が入ります。

こういう傷を、自分とアイアンが一緒に刻んだ歴史だと考えて、楽しめなければ、『G710 アイアン』を使う資格がないと考えるべきです。

『G710 アイアン』を試打して、やさしいアイアンという意味を改めて考えました。

ぶっ飛びアイアンの多くは、打ち手に求める技術的なレベルがけっこう高いのです。つまり、飛ぶけど、やさしくないアイアンが主流なのです。

『G710 アイアン』は、スライスを防ぐというやさしさを感じました。ぶっ飛びアイアンでは、かなり珍しいのです。

個人的には、その部分に不安が一切ないので、少し残念にすら思ったのですが、多くのゴルファーが救われることは想像できます。『G710 アイアン』のやさしさでゴルフを楽しめるゴルファーはラッキーです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200701-0801