グリーン上で必要なマナーや傾斜の読み方、狙い方について

お気に入り

プロになると勝負はグリーン上で決します。

アマチュアもパッティング次第でスコアも気分も大きく変わります。

基本的な考え方、傾斜の読み方、マナーなどを今回はお話ししたいと思います。

基本的なグリーンのマナー

基本的なグリーンのマナー

getty

初心者の方のためにもグリーン上でのマナーについてお話します。

まず心掛けていただきたいのは、当たり前ですが、グリーンを傷めないようにプレーするということです。

グリーンの芝は非常に短く刈ってあり押さえられています。

なので少しシューズの底を引きずっただけでも傷がつきます。

走り回ったり、飛び上がったり、クラブを乱暴に扱うとグリーンがどうなるか理解できると思います。

パットが入る入らないで一喜一憂したい気持ちはわかりますが、騒ぎ過ぎないように注意しましょう。

グリーンは必ず誰もが使うことになります。一人一人の心掛けがないとグリーンはきれいに保てません。

ボールマークもそうです。

セカンドショットやショートホール(パー3)でグリーンオンさせると、ボールが落下した場所にボールマークというボール型の穴がグリーン上にできます。

時間が経って直しても芝の修復には相当な時間を要します。

すぐに直してあげると修復も早いので、速やかに穴を埋めるようにしてください。

グリーンフォークを必ず持っておきましょう。

ティーを使って直している人もいますが、直すのが難しいと思うので。

ボールマークが残っているとパットするときにも困ります。

グリーンは皆さんで守るものでもあるので肝に銘じておきましょう。

プラスアルファの気遣い

プラスアルファの気遣い

getty

ゴルフは一人でやるスポーツではありません。

少なくとも2人、通常は4人で回ることが多いでしょう。

4人がグリーンに上がって、パッティングをする際に気遣いがなければ打ちにくい状況が出てきます。

例えば影です。

パッティングしようとするときにボールに影がかかっていると案外気になって打ちにくいものです。

影がかかりそうなときはその場を移動しましょう。

自分が待っているときもできるだけ直接視界に入らなかったり、動かないということも大切でしょう。

パッティングはゴルフのショットの中で一番集中します。

プレイヤーが集中できる環境作りを心掛けましょう。

またグリーンに乗ればボールの位置にマークをしますが、その際も、もし他人のライン上に自分のマークがかぶっていれば、動かしたほうがいいか尋ねるなどの配慮も必要でしょう。

スコアの良し悪しは回りやすさによって大きく変わることにもなるので、お互いの心配りでみんながいいスコアを出せる環境を作りましょう。

気になることが一つ。これから打とうとしているというのに話をしている人がいます。

これはいただけない。

やられると分かりますが気になるのでやめましょう。

打つ時ぐらい黙って見守ってあげてもいいのではないでしょうか。

グリーン上で考えること

グリーン上で考えること

getty

グリーンでカップインするために考えること。

それは傾斜を読むということです。

どのように打って、どう転がって、どう曲がるのか。

グリーンは速いのか、遅いのか。上りなのか下りなのか。

そのようなことを瞬時に判断しないといけません。これが難しいのでなかなかカップにボールが吸い込まれないのです。

もちろん狙ったところにしっかりと打ててこその話なので、まずパッティングの練習はしないといけませんが。

グリーンを読むのはどのようにするか。

まずはどこに一番高いところがあって、一番低いところがあるのかを見ます。

それが分かればおよそのグリーンの傾斜が分かります。

傾斜は高いところから低いところにあるのでベースが分かります。

この判断はグリーンに向かっているときに確認しましょう。

少し遠くから見るほうが大きなところは分かりやすいので眺めてみてください。

短い時間の中でいろいろなことを考えないといけないので、グリーンに上がるまでに頭にベースとなるものを作りましょう。

グリーンに上がり実際にボールの後ろからカップまでを見て傾斜を読みます。

一方の方向からだけでなく反対側、カップ側からもボールを見てみると、気づかなかったところが見えてくることも多々あります。

自分が打たないといけない順番、時間があるので限界はあるかとは思いますが、丁寧にグリーンを読んで判断しましょう。

いくらパッティングの練習をして上手になってもラインが読めなければ入りません。

しっかりとラインを読むクセをつけましょう。

パッティングの心得

パッティングの心得

getty

パッティングは距離感が非常に大事になります。

考え方として、強く打ち過ぎるとカップインしなかった時、次が難しくなる。

距離を合わせようとし過ぎると届かず入らない。

この辺りをどう判断して打つのかは、リスクマネージメントの考え方として大切になってきます。

メンタルの面や、スコアの観点からも変わってくるので、その辺りは次回お話ししたいと思います。

これはプロの試合を見ていても感じることができるようなことなので、より面白く見ることができるでしょう。

またそれが感じられたならば深くゴルフを感じられるはずです。

それでは充実のゴルフライフを。

お気に入り
悩めるSO-RYO

どうも皆さんはじめまして。お坊さんをやりながらゴルフを楽しんでおります。自分のゴルフ体験を中心に皆さんのお役に立てるような情報、考え方などお坊さん目線で深くお伝えできればと思います。瞑想や修行とゴルフの関係性や競技に出てみて感じたこと、プロと回ってみて思うこと、色々なゴルフの楽しみ方を見てきたつもりです。実力は、、、ベストスコアは69です。さらなる飛躍を目指して日々模索中。お金、時間をできるだけ使わずにいかにスコアを出していくかが課題です。そんなことも記事にできればと思います。どうぞよろしくお願いします。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。