上級者に突然「引っ掛け」が出るのはなぜでしょう?

お気に入り
スライスボールを卒業すると、今度はフックボールに悩まされます。

これはゴルフのレベルが上がるにつれて、ほとんどのゴルファーがたどる道です。

同じ左に曲がるボールでも、ターゲットよりもわずかに右に出て、落ち際に少し左に切れる品の良いドローボールならいいのですが、これが真っすぐ飛び出し、10ヤード以上左に曲がると、それはフックボールなのです。

フックの原因は基本的にスライスの反対

フックの原因は基本的にスライスの反対

getty

フックボールでもフェアウェイの幅を上手く使えれば、ランも出ますし、飛距離も伸びますけど、少しでも曲がりが多いと、左のラフや左サイドのOBゾーンまで転がってしまいます。

これが左に出て、途中からさらに左に曲がるいわゆるダッグフック(チーピン)になってしまうと、OBも含めてまずトラブルショットになってしまうことは確実です。

とにかく、左に曲がるボールは危険がいっぱいなのです。

フックボールの原因は、基本的にはスライスボールの原因の反対を考えればいいでしょう。

つまり、インパクトの瞬間、クラブフェースが閉じているか、スイング軌道がインサイドアウトになっているということです。

前者の場合、原因はバックスイングにあることが多いです。

スイングを始動して、クラブヘッドが腰の高さにくるまで、クラブフェースの向きをシャット気味にキープすることはいいのですが、そこからトップまでは右ひじを畳みながら、クラブフェースは自然に少しずつ開いていくべきです。

ところが、クラブフェースをできるだけターゲットの方向に向けておこうと意識してしまうと、右ひじが上手く畳めず、トップでもフェースはクローズになってしまいます。

その状態からダウンスイングに入れば、フェースは閉じたままボールをヒットしてしまうので、フックボールが出てしまうというわけです。

フェースローテーションは意識せずに自然に行う

フェースローテーションは意識せずに自然に行う

getty

反対に、ボールをつかまえようとして、クラブフェースの向きをあえてオープンにセットし、インパクトの瞬間にリストを返すことで、ドローボールを打とうとしているゴルファーもいます。

しかし、このスイングではインパクトでフェースがスクエアに戻るのは一瞬しかなく、少しでもタイミングが狂ってしまえば、ボールはフックもすればスライスもしてしまいます。

フェースローテーションは、意識してリストを返すのではなく、体の回転と同調して自然に行われるべきものなのです。

そのためには、やはりクラブフェースはスクエアにセットして、常に左手甲とフェースの向きが同じであるようスイングするべきなのです。

アマチュアの実に8割が右を向いて構えている

アマチュアの実に8割が右を向いて構えている

getty

もうひとつ、アドレスで右を向いていることが原因で、フックボールが出てしまうというケースもあります。

一説によると、アマチュアゴルファーの実に8割の人がターゲットよりも右を向いていると言います。

本人はそうとは知らずに、ターゲット方向にボールを飛ばそうとすれば、左に引っ張り込むような打ち方をするしかありません。

この打ち方で最も多いのが、右肩をターゲット方向に突っ込むというものです。

そうなると、両肩を結んだラインはターゲットの左を向きますから、クラブヘッドは外から下りてきます。

つまり、アウトサイドインの軌道になるわけですが、当人は左に引っ張ろうとしていますから、ボールはそのまま左に飛び出しスライスせずに、さらに左に切れていってしまうのです。

インテンショナルフックを打つときは、確かにクローズドスタンスに構えますが、真っすぐ打ちたいのにアドレスで右を向いていては、ボールは想定以上にフックして当然なのです。

プロでも大事な場面で引っ掛けてしまう理由

プロでも大事な場面で引っ掛けてしまう理由

getty

プロゴルファーやシングルハンデのゴルファーでも、ここ一番という大事な場面でフックボールが出てOBなんてシーンをしばしば見ることがあります

こうしたフックボールは「引っ掛け」と呼ばれますが、前述のようなアドレスやスイング軌道が原因というケースは少ないのです。

多いのは「体が止まった」というものです。

ゴルフのスイングというのは、テークバックからフィニッシュまで、体、特に下半身は回転し続けていなければなりません。ところが、インパクトの瞬間に、一瞬でも体が止まってしまうと、クラブヘッドが早く返ってしまい、フックボールが出てしまうのです。

もちろん、現実には体が止まってしまうわけではありません。

ただ、いつものスイングよりも体の回転が遅くなってしまいますと、インパクトの瞬間、右手が左手の上にかぶさるような形になってしまい、クラブヘッドが返ってしまうのです。

つまり、こうして出る引っ掛けボールも、手打ちによるミスであることがお分かりでしょう。

突然の引っ掛け防止はリラックスすること

突然の引っ掛け防止はリラックスすること

getty

では、どうしてプロやシングルハンデのゴルファーなどゴルフ巧者たちであっても、こうしたミスをやらかしてしまうのでしょうか?

それは、狭いホールでのティーショットや優勝がかかった大事な1打など、ここ一番という場面になると、いつも以上に真っすぐ飛ばしたいという意識が強く働くからです。

慎重にラインを出したい、そのような気持ちが強く出てしまうほど、どうしても体が止まりやすくなってしまうのです。

このようなミスをしないためには、狭いホールであろうとも、勝負のかかった大事な1打であろうとも、「だからこそいつも通りの自分のスイングに徹しよう」という意識が大切なのです。

いつも通りのスイングとは、テークバックでしっかり肩を回すこと。ダウンスイングで右手に余計な力を入れないこと。スムーズに体を回転させること。

突然の引っ掛けを防止するには、結局のところ、なによりリラックスすることが一番大切なのです。

まだ、スライスボールに悩んでいるビギナーの皆さん、次に待っているのはフックボールですよ。
お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。