ハーフショットは『フルショットの半分の距離』を打つショットではありません!

お気に入り

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

今回のテーマはハーフショットについてです。

ここで突然ですが、以下の文章を読んでください。

『ピンまで残り50ヤード。ピッチングウェッジのフルショットが100ヤードだから、ここはピッチングウェッジのハーフショットを打てばOKだね♪』

これを読んで何の違和感もないという方、ぜひこの後も読み進めてください!

“ハーフショット”を誤解している人が多い!

“ハーフショット”を誤解している人が多い!

getty

ピンまで50ヤードの状況で、ピッチングウェッジのフルショットが100ヤードだからと、ピッチングウェッジでハーフショットを打ったら大オーバー。

ボールはグリーンをはるかに超えて、奥のOBゾーンへ消えてしまい……。

そんな時に『トップさせてしまった……』とか『力が入り過ぎたかな……』なんて思っている人は、大変失礼ですが、ハーフショットを誤解しているかもしれません。

多くのゴルファーが勘違いしているのが、“ハーフショット=フルショットの半分の距離を打つショット”という考え方。

しかしゴルフスイングにおいては、“ハーフショット=フルショットの半分の振り幅で打つショット”が正しい表現なのです。

振り幅が違うだけで、スイングのスピードはフルショットとほぼ同じ。

振り幅が半分なだけであり、(個人差はありますが)ショートアイアンやウェッジなら、飛距離はフルショットの7割前後は飛ぶはずです。

ちなみにハーフショットとフルショットの中間の振り幅(4分の3)をスリークォーターショットといいますが、スリークォーターショットの場合は、飛距離はフルショットと10ヤードくらいしか変わらないと思います。

ですから、ピッチングウェッジのフルショットが100ヤードの人が同じピッチングウェッジでハーフショットを打てば、だいたい70ヤード前後は飛ぶことになります。

冒頭のケースのように、残り50ヤードをピッチングウェッジのハーフショットで大オーバーというのは、ミスショットというよりはマネジメントミス。

起こるべくして起きたミスなのです。

半分にするのは振り幅のみです

半分にするのは振り幅のみです

getty

『そんなこと言われても、自分はピッチングウェッジでフルショットが100ヤードだけでハーフショットは50ヤードなんだけどな……』

もし同じ番手を使ったとして、ハーフショットの飛距離がフルショットの半分だとするなら、ほぼ間違いなく振り幅だけでなくスイングに強弱をつけているはずです。

結論から言うと、スイングの強弱による力加減(スイングスピードや力感)を常にコントロールできるのであれば、何ら問題はありません。

しかしアマチュア、特にアベレージゴルファーが距離に合わせてスイングの力加減を調整するのは非常に難易度マックスです。

というのも、ゴルフスイングはダウンスイングからインパクトにかけてはスイングスピードが緩やかに加速する必要があり、一番やってはいけないのがダウンスイングの途中でスイングスピードを緩めてしまうことだからです。

そうです、フルスイングに比べてクラブの振り幅がコンパクトになるハーフショットの場合、距離を合わせようとスイングの力加減を調整しようとして、インパクト手前でスイングスピードを緩めてしまうのです。

スイングスピードを緩めるようとすると、たいていは腕や手先が悪さをしますから、距離感の調整どころか、ダフリ・トップ・シャンク・引っかけといった様々なミスが出てしまいます。

アマチュアゴルファーがハーフショットやアプローチが苦手なのは、スイングの力加減で距離を調整するのが原因のかなりの部分を占めている、と私は思っています。

ですので、ハーフショットではダウンスイングからインパクトまでの間でスイングを緩ませないことが非常に重要です。

具体的にいえば、フルショットを打つ時とまったく同じ力加減で、振り幅だけを時計でいうところの9時から3時の“ハーフ(半分)”にするのです。

フルショットと同じ力加減ならスイングは緩みづらくなりますよね ((´∀`)) 。

フルショット、スリークォーター、ハーフショットのスイングリズムや力加減を一定にして、振り幅だけで距離を調整するだけで、ショットのミスは大幅に減り、距離感も安定しやすくなると思いますよ♪

クラブ選択や振り幅、グリップ位置で距離のバリエーションを増やす

クラブ選択や振り幅、グリップ位置で距離のバリエーションを増やす

getty

『では、ピッチングウェッジでフルショットが100ヤードの人は50ヤードの距離はどうしたらいいの?』

そうですよね~、振り幅のみで距離を調整しようとすると、ピッチングウェッジのハーフショットで70ヤード飛んでしまうので……。

そこで有効なのがクラブを持ち換えるとう選択。

ゴルフは最大14本までのクラブを使用できるのですから、その恩恵を十分に受けましょう。

例えばピッチングウェッジのハーフショットで飛距離が70ヤードなら、サンドウェッジあたりでハーフショットを打てば、飛距離はちょうど50ヤードくらいになるのではないでしょうか。

その他にも、クラブはピッチングウェッジのままで振り幅をさらに小さく(8時から4時の振り幅に)する、振り幅を変えずにグリップを短く握るという対応でも飛距離を抑えることはできます。

このように、クラブ選択や振り幅、グリップ位置で距離のバリエーションを増やすことは十分にできますので、とにもかくにもスイングの力加減を変えないことを最優先に
ハーフショットの精度を磨いてみてください。

あと、“ハーフショット=フルショットの半分の振り幅で打つショット”ということは、くれぐれも忘れないでくださいね♪

といったところで、今回はこのへんで。

それでは、また!

お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。