バックスイングで左腕は伸ばさないほうがいい!?

お気に入り

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

ゴルフスイングにおいて、バックスイングからトップにかけて左手を伸ばし続けるように指導されたことはありませんか?

確かにプロゴルファーのスイングを見ても、左腕をピンと伸ばしたままバックスイングしているように見えます。

しかし左手を伸ばしたバックスイングは、我々アマチュアにはデメリットもあったりするわけで……。

左手を伸ばすと肩が回らない

左手を伸ばすと肩が回らない

getty

ゴルフスイングの理想は、オンプレーンスイングで、インパクトのときに手元をやクラブがアドレスで構えた位置に戻るということ。

そういう意味ではバックスイングで左腕がピンと伸びた状態をキープできれば、手元とボールの位置は常に一定を保てますので、オンプレーンにスイングしやすく、方向性も安定しやすくなります。

こう紹介すると、左腕をピンと伸ばしたバックスイングはメリットばかりのように思ってしまいがちですが、実はデメリットもあるのです。

一番顕著なのは左肩の可動域がかなり狭まってしまうこと。試しにクラブを持たずに、左腕をピンと伸ばしたままバックスイングしてみてください。

思った以上に肩が回らなくないですか?

次に左腕をリラックスさせて、軽く曲げた状態でバックスイングしてみてください。

左腕を伸ばした状態との差は一目瞭然。肩はかなり楽に回せると思います。

左腕を伸ばすと肩に余計な力が入りますから、筋肉が硬直して肩の可動域が狭くなるのです。

アマチュアの多くはバックスイングで捻転不足気味なのに、左腕を伸ばすことでさらに捻転が浅くなります。

捻転が浅いとスイング軌道は乱れ、アウトサイドインからのスライスや、場合によってはチーピンのミスまで出てしまいやすくなります。

左腕は“曲げ過ぎない”ようにする

左腕は“曲げ過ぎない”ようにする

getty

バックスイングで左腕がピンと伸びた状態をキープするというのは、よほど身体能力が高い(パワーがある)か肩回りの筋肉が柔らかくなければ難しいといえます。

ですから、少なくとも日頃からあまりトレーニングをしていない一般的なアマチュアゴルファーに関しては、左腕はピンと伸ばさないほうがスイングがスムーズになると思います。

かといって左腕がくの字になるような曲げ過ぎスイングは安定しません。では、どのくらい曲げればよいのか。

一つの目安として次のような手順を踏んでみてください。

左手でいつものようにクラブを握って、左手を思いっきりピンと伸ばしてください(少し力むくらいでも構わないです)。

その状態から力を抜いて左手と左肩をリラックスさせます。そのときの左腕の状態を見てみてください。

個人差はあるかと思いますが、わずかに左手が曲がった状態なのがわかると思います。

基本的には、この左手がリラックスしてほんの少し曲がった状態をバックスイングからトップまでキープさせるといいかと思います。

そうすれば左肩もほどよくリラックスして、捻転を妨げるようなことはなくなります。

アドレスからトップにかけては左肩を回すこと優先して、左腕は程よくリラックスさせる。

もし左腕を伸ばすことを意識するなら、インパクトからフォローにかけてしっかりと左腕が伸びるように意識したほうがいいと思いますよ。

リラックスさせた左腕を“キープ”する

リラックスさせた左腕を“キープ”する

getty

『なんだ、バックスイングで左腕はピンと伸ばしてなくてもいいんだ!』

そう思った途端に悪癖が出てしまうのが人の性(人は無意識に楽な動きをしようとしてしまうものですからね)。

ついつい手打ちになり、左腕を大きくくの字に曲げてしまったりしてしまいます。

バックスイングで左腕を大きくくの字に曲げてしまうと、ダウンスイングからインパクトで曲がった左腕を元に戻すという動作が必要になります。

そして、たいていは元に戻し切れずに打点がずれる、またはフェースが開いた状態でインパクトを迎えてどスライスやプッシュアウトになってしまうというわけです。

バックスイングでは左腕はピンと伸ばす必要がないだけで、リラックスした状態(肩がスムーズに曲がる程度のわずかに曲がった状態)は“キープ”するべきだというのは肝に銘じておきましょう。

バックスイングでの左腕の“キープ”を身に着けるには、最初はクラブを持たないようにするのも一つの手だと思います。

クラブを持たずにアドレスの状態をつくり、先ほど紹介した方法(最初にピンと伸ばしてから力を抜く)で左腕と左肩をリラックスさせます。

そこから左腕の状態をキープさせながらゆっくりトップの位置まで動かします。

その際に腕を振ることはいったん忘れて、胸を回したり背中をターゲットに向けることを意識をしながら体を右回転させるようにしましょう。

クラブを持たずに左腕のキープができるようになったら、今度は左手1本でクラブを握って同じ動作を行ってみましょう。

クラブを支えきれないようだったら短く握っても構わないです(両手でクラブを握っても構わないのですが、そうすると右手がついつい悪さをして、左腕のキープを邪魔してしまいますからね)。

この2つの手順を踏むことで、バックスイングでの左腕の“キープ”はかなり身につくと思いますよ!

気になった皆さんはぜひ試してみてくださいね♪

それでは、また。

お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >
日本シャフトGOSTバナー

カートに追加されました。