冬ゴルフはなぜ飛ばない?飛距離が落ちてもスコアをまとめる方法は?

お気に入り
寒い時期はゴルフを休む、と宣言するゴルファーもいれば、関係なくゴルフに行く! という強者もいることと思います。

近年の温暖化により、昼日中にプレーするゴルフでは、休むと言っていた方も、天気を見てゴルフに行くようになってきたようにも見受けられます。

どのようなプレー形態にせよ、楽しんでゴルフをプレーすることが一番かと思いますが、冬ゴルフの悩みのひとつで、「飛距離が落ちる」ことに頭を抱えている人は多いようです。

冬のせいで、いつも飛んでいる場所までボールを飛ばせなかったり、1打2打余分に点数を重ねてしまったり、悔しい期間を過ごすのはとてももったいないことですよね。

なぜ、冬のゴルフはボールが飛ばないのでしょうか? また、飛距離の出ない冬のゴルフでも、スコアをいつも通りにまとめる方法はあるのでしょうか? 調べてみました。

冬のゴルフはなぜ飛ばないの? 考えられる原因は?

冬のゴルフはなぜ飛ばないの? 考えられる原因は?

getty

冬のゴルフで飛距離が出ない原因は、いくつか考えられます。

まずは、ウェアの着込み過ぎによる「着ぶくれ」。暖かい日もあるとはいえ、長時間外でプレーをするゴルフでは、長袖のウェアを何枚も着なければ、身体を冷やしてしまいます。

結果、いつものスイングリズムで打てないことで、飛距離が落ちてしまいます。特に冬ゴルフは「飛距離が出ない」ということが頭にあるため、「飛ばそう」と力んでしまい、身体の軸がブレてしまう人も多いです。

同じく寒いという理由で、身体が縮こまることで、筋肉が収縮し、可動域が狭くなっているため、振ることができないことも考えられます。

また、ボールやシャフトが寒さにより硬くなってしまった場合、ボール表面の樹脂が硬化してしまう可能性があります。その場合、反発力が落ちてしまい、飛距離が出なくなってしまいます。

シャフトも硬くなればその分「しなり」幅がなくなってしまいますので、硬い棒を振っているように感じることも出てきます。

いつもより硬いシャフトを使っていることと同じになるため、それを理解してスイングをしなければ、ミスショットにつながってしまいます。他にも、冬は空気抵抗が大きくなるなど、様々な要因が絡んでいるようです。

冬のゴルフでもスコアをまとめる方法はあるの?

冬のゴルフでもスコアをまとめる方法はあるの?

getty

以上の原因から、冬のゴルフで飛距離が落ちることは、「仕方ない」とも言えます。

けれど、飛距離が落ちることは仕方ない=スコアが悪くなってしまうことは仕方ない、ではありません。

冬のゴルフの中でも、いつもと変わらずスコアをまとめることができる方法があるのです。

特別練習が必要なものではなく、現時点の自分自身を少し見直すだけでできてしまいます。ぜひ、取り入れてみて、スコアキープ、いや、スコアアップを目指しましょう。

対策1:薄着でも暖かいインナーを活用しよう

対策1:薄着でも暖かいインナーを活用しよう

amazon

まずは、着ぶくれ対策に、暖かいインナーを活用することです。ただの長袖を重ね着していても、分厚く動きづらくなってしまうリスクがあります。

いまは、外でスポーツをする人に向けて、ユニクロの「ヒートテック」などの「発熱性インナー」が多数販売されています。

その効果はメーカーによって差はありますが、薄い、身体にフィットする生地で作られているものが多いため、それ一枚の上からトップスなどを着れば、着ぶくれせず熱を得ることができます。

トップスには、その日の気温や、風の強さに合わせて、セーターやウインドブレーカーを選ぶと良いでしょう。

風が強い日にはネックウォーマーやイヤーマフラーもおすすめです。アウターはダウンベストを選ぶなど、複数の選択肢を持っておくと良いでしょう。

対策2:「ゴルフは手前から」を意識しよう

対策2:「ゴルフは手前から」を意識しよう

getty

ミドルホール(パー4)で、ドライバーをしっかりと飛ばして、セカンドでしっかりとグリーンをとらえることができれば、2パットでパーが取れます。ピンへの距離が近ければ、バーディも狙っていけます。

ショットがしっかり噛み合って、パーやバーディを取ることは、ゴルファーにとって、ゴルフをしていて気持ちの良い瞬間ですよね。

しかし、冬のゴルフ場は芝が薄い場合が多いため、練習通りのショットが打てない可能性があります。一度スイングが崩れてしまうと、そのラウンド中に立て直すことは、難しいです。

「届かなくても良いや」という気持ちで、クラブを短く持って、しっかりと芯にクリーンヒットさせることが冬ゴルフをする上で重要になります。

「転がってしまっても前に進めば」くらいの気持ちでプレーをしたほうが、気楽に手前からボールを寄せていくことができるでしょう。

対策3:飛距離の見直しをしてみよう

対策3:飛距離の見直しをしてみよう

getty

普段、自分のクラブの飛距離を把握している人は、適切な番手を選ぶことができるので、スコアメイクがしやすいです。

せっかくなら、通常の場合の飛距離だけではなく、“冬ゴルフの場合”はどれくらいの飛距離なのか、その期間だけ、飛距離の見直しをしてみましょう。

普段は7番アイアンを持っているから、ここでも7番アイアンを、と思い切り振って届くか届かないかの飛距離にこだわるよりも、「冬ゴルフだから今日は1番手大き目でいこう」と考えて番手を変えるほうが、楽にスコアメイクをしていけます。

また飛び出したなと思ったら、番手を戻せば良いだけ。飛ばそうと力が入ってしまうと、ナイスショットにはつながりません。

以上のことを意識しながら、冬でも楽しく回れるゴルフを目指してプレーしていきましょう。
お気に入り
亜月

ゴルフと食べることが大好き! ゴルフ歴6年、ラウンドは週1。スコアはまだまだ安定しませんが、楽しくプレーしています。 https://www.instagram.com/_.risa._18

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオセリーグコラボボール200701-0801

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200701-0801