フィート?コンパクション?グリーンの状態を示す数値の意味は?

お気に入り

ゴルフ場のスタート室の前には、多くの場合グリーンの情報が記載されています。

フィートとコンパクションが書いていることが多いと思いますが、そもそもの意味をきちんと理解していますか?

フィートはグリーンの速さ、コンパクションはグリーンの硬さを表す指標になりますが、これらの指標はどういった基準で決められているのでしょうか?

根本的な意味を理解することで、よりグリーンの奥深さを理解できるかもしれませんよ。

フィートについて

フィートについて

getty

まずグリーンの速さを表すフィートについて考えてみましょう。

そもそも、グリーンの速さはどのようにして計測されているのでしょうか? グリーンの速度を計測する器具をスティンプメーターと言います。

これはそんなに難しい器具ではなく、金属でできたレールに溝が付けられただけのものです。

この器具を利用してグリーンにボールを転がすという、これも原始的な方法でグリーンの速度を計測します。

溝にボールを置きスティンプメーターをゆっくりと持ち上げると、ある角度で自然にボールが動き始めます。

そこからボールが転がった距離でそのグリーンの速さを計測するのですが、上り下りでどうしても速度が異なってしまいますよね。

ですから、なるべく平坦な部分で計測し、さらに芝目なども考慮して2~4方向から同様の作業を行い、平均値でその速度を計測するのです。

このスティンプメーターの棒の長さが3フィートになりますから、3本分の距離を転がるようなら9フィートとして速さが割り出されるのです。

コンパクションについて

コンパクションについて

getty

次はグリーンの硬さを示すコンパクションについて見ていきましょう。

ゴルフでは、土壌がどれくらいの硬さがあるのかを「コンパクション」という数値で表します。

このコンパクションという数値は地面が硬くなるほど数値が大きくなります。

一般的なアマチュアが利用するゴルフ場は約11~12kg/m2くらいと考えておけばいいでしょう。

コンパクションを計測する方法ですが、「土壌硬度計」で鉄針を地面に差し込み、その反発の強さをバネで測ります。

これも現代の科学から考えるととても原始的な方法ですよね。

コンパクションが14kg/m2を超えるとグリーン上にはピッチマークがほとんど付きません。

その分、キャリーしたところから単純に跳ねやすくなるため、スピンが入りづらくより難しいコンディションになります。

また、10kg/m2ほどのグリーンでしたら大きなピッチマークがつくため、キャリーで止まりやすくなりますし、ミスショットでもグリーンに残りやすくなるといえるでしょう。

常に高速グリーンでないのはなぜ?

常に高速グリーンでないのはなぜ?

getty

しかし、考えてみれば不思議なモノですが、プロのトーナメントでも利用されるような名門コースでも常に高速グリーンというのは聞いたことがありません。

その時の大会などに併せてグリーンの速度を上げることが一般的です。では、なぜ常に高速グリーンを維持しておかないのでしょうか?

実はグリーンが硬く、芝が短い、いわゆる高速グリーンとされるものは非常に芝に負担をかけてしまうものなのです。

夏の場合、暑さで芝も弱っていますので、あまりに短く芝を刈ってしまうと芝自体が枯れてしまうことになります。

万が一こうなってしまうと芝を張り替えるしかなくなってしまうのです。

一方、冬などの乾燥したシーズンに高速グリーンにしているのは芝への負担が少ないため理に適っていることになります。

しかし、夏や雨季などで受けた芝への負担を軽くし、芝を休ませる必要もあるのです。

また、あまりに速過ぎるグリーンを維持しておくことは「グリーンが速過ぎる!」とゴルファーからのクレームにつながってしまうことも原因として挙げられるでしょう(笑)。

速さと硬さがゴルフを面白くする

速さと硬さがゴルフを面白くする

getty

今回は両方をご説明するためにフィートとコンパクションを分けて紹介しましたが、もちろん速さと硬さは密接な関係にあります。

コンパクションが高いグリーンは往々にしてグリーンが速くなります。

一方で、コンパクションが低くフィート表記も少ないようならしっかり打っていくことができるかもしれませんが、芝が長いグリーンだと芝目に影響されるため、想像しないような曲がり方をしてしまうかもしれません。

一般的には速さ9フィート、コンパクションが11kg/m2のコースが多いですが、たまには高速グリーンを経験してみれば、よりグリーンが複雑になりゴルフが楽しめるようになるかもしれません。

多くのゴルフ場ではクラブ選手権などが行われるシーズンなどであればしっかりとグリーンを仕上げてくるところが多いため、もし興味があるようならばそういった時期を見計らってゴルフ場を訪れてみると、いつもと違った楽しみ方ができるかもしれませんよ。

お気に入り
TeruさんGolf

ゴルフを初めて丸2年! この2年で培ってきた知識や経験を使って、同じ年代の方、これからゴルフを始めようと思う皆さんに楽しんでもらえる記事を書いていきたいと思います!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。