トップのミスを直して、快適に冬ゴルフを楽しむ!

「アイアンのトップで手が痛い……。アイアンのダフリは直ったんだけどトップのミスが出始めてしまった」

今回はそんなお悩みを解決できる記事を書きました。

この記事を書いている私はゴルフ歴34年、2000年にプロテスト合格、ラウンド/コースレッスン開催数3500回(たぶん日本一)ほどです。

【本記事の目次】
・トップの原因ベスト3
・明日ゴルフでも間に合うトップを直すコツ
・TPIゴルフフィットネスから学ぶ、トップを直すポイント
・トップを抑制するグラブチューニング

ではさっそく見てみましょう。

トップの原因ベスト3

トップの原因ベスト3

getty

まずはトップのミスが出てしまう原因を考えてみましょう。

スイングエラーについては下記の3つが考えられますね。

1.前傾角度が伸び上がる

これを深掘りすると、バックスイングで前傾角度が伸び上がる場合(フラットショルダープレーン)と、ダウンスイングで前傾角度が伸び上がる場合(アーリーエクステンション)の2つがあります。

バックスイングで伸び上がってしまう対処法は、左肩をボールに近づけるようにスイングするとフォームを改善することできます。

さらにダウンスイングで前傾角度が伸び上がってしまうフォームを改善するには「胸元を地面に近づけるイメージ」「骨盤の回転」「尾てい骨の位置を保ちながらスイング」などを意識するとフォーム改善ができます。

2.アッパー軌道でスイングしている

この改善方法はシンプルにダウンブローに打つことです。

そしてダウンブローで打つためのポイントを箇条書きで書いてみました。

・ハンドファーストで構える
・ダウンスイングを下半身から切り返す
・ダウンスイングでコックをほどかない
・左足へ体重移動する

などなど他にもいっぱいありますが、この4項目くらいを意識してスイングをしてみてください。

3.インパクトで腕が縮む

インパクトで腕が縮むとクラブヘッドがボールに届かなくなるのでトップのミスが出やすくなります。

そのためには「インパクトで止める素振り」を行っていきましょう。

その方法は下記の通りです。

・クラブヘッドが腰の高さまで上がるくらいにバックスイングする
・インパクトでクラブヘッドを止めるようにしてダウンスイングする

注意点が2つあります。

1つ目はパンチショットを打つようにインパクトでしっかりクラブヘッドを止めることです。

つまり、フォロースルーは出さないことです。

2つ目は腕の振りに骨盤の回転を加えることです。

骨盤の回転を加えるとボールの手前を打ってしまうミスを予防することができます。

明日ゴルフでも間に合うトップを直すコツ

明日ゴルフでも間に合うトップを直すコツ
つぎは短期的にトップをなくす方法を紹介します。

明日、突然のゴルフになったとしてもすぐに結果を出せますよ!

1.止める素振り

前の項目ですでに書いてしまった方法です。この方法が一番効果的だと私は考えています。

フォロースルーまでクラブを振らずにインパクトでクラブを止める素振りです。

2.膝を深く曲げて構える

膝を深く曲げると重心が低くなるのでトップのミスがすぐに直ります。特に初心者ゴルファーの方に効果的です。

3.胸元を沈めるイメージ

ダウインスイングで胸元を沈めるイメージでスイングをしましょう。ポイントはかなり大袈裟に沈める動作を行うことです。

この3項目のうちどれか1つだけをやってもよいですし、組み合わせても面白いと思います。

TPIゴルフフィットネスから学ぶ、トップを直すポイント

TPIゴルフフィットネスから学ぶ、トップを直すポイント

getty

つぎはPGAツアー選手の80%が取り入れているTPIゴルフフィットネスを参考にしてトップを抑制する方法を紹介します。

・ハンギングバック

これはインパクトで右足に体重が残ってしまいアッパー軌道のスイングになってしまい、結果としてトップのミスが起きてしまうスイングエラーです。

対処法は骨盤の回転が向上するようにするために左股関節の可動域を広くするストレッチを行ったり、腰回りが前方へズレないようにするために「臀部(でんぶ=お尻)」の筋力をアップさせることが重要です。

・チキンウイング

インパクトからフォロースルーにかけて左肘が曲がってしまい、まるで鶏のようなフォームになってしまうスイングエラーです。

腕が曲がるのでボールにクラブヘッドが届かなくなりトップのミスが出やすくなります。

対処法は左肩甲骨の可動域を広くするストレッチを行う、左肘周りの柔軟性&筋力強化が大切だと言われています。

Gridge読者のみなさんも、トップをしないフォーム作りのためにTPIゴルフフィットネスへぜひ挑戦してみてくださいね。

トップを抑制するクラブチューニング

トップを抑制するクラブチューニング

getty

最後はゴルフクラブをチューニングすることでトップのミスをなくす方法です。

練習する時間がない、コツコツ練習するのが苦手なゴルファーさんにオススメです。

クラブ全体の総重量を重くするとトップのミスが出にくくなります。

私はレッスン中に女性のお客様のクラブをお借りしてデモショットを度々行います。

その時に感じることはクラブが軽いとトップしやすいことでした。

実際にデモショットでトップしてしまったこともあります(汗)。

とてもシンプルではありますが、今で使っているクラブよりも総重量を重くするとトップしにくくなるのです。

具体的には手元側に鉛を貼るとクラブ全体の重量が感じられるようになります。

さらにヘッド側にも鉛を貼るとスイングイメージを変えずに重量だけを変えることができます。

スイングを変えることに加えて、クラブチューニングもぜひ試してみてくださいね!

今回は以上です。

ではHave a nice golf!
お気に入り
ゴルフコーチ宮下芳雄

ゴルフをとても愛しています。高卒でゴルフ場に入りプロを目指す→プロテスト3回目でやっと合格→何度もQT失敗し試合に出れず→バイトをしながらレッスン会社を起業→転職→JGMオンコレ(コースレッスン)立ち上げる。普段はJGMセベバレステロスGCにてコースレッスンをしながらYouTube、ブログを書いています。 https://www.youtube.com/user/miyashitayoshio1

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。