コースに出ると練習場のように打てない理由&その対策を考える

お気に入り

練習場ではまずまずのショットが打てるのに、いざコースに出ると練習場のように上手くいかないことって、よくあることですよね。

ゴルフ場のコースはいたるところに傾斜がついているのが当たり前ですし、人工芝のマットと違って天然芝はミスにシビアだったりします。

実際のコースと練習場の環境の違いをわかっていなければ、いつまでたっても練習場でのショットを実際のコースで再現できないですよ!

人工芝マットはミスに寛容過ぎるのです

人工芝マットはミスに寛容過ぎるのです

日頃の練習では良い球を打てるのに、いざコースに行くと同じように打てなくなるのはゴルフあるあるですよね。

練習場のほうが上手く打てるのには理由がありまして、それは打ちっ放し練習場では人工芝マットの上からボールを打つからなんです。

人工芝マットの場合、ボールの手前からクラブヘッドが滑ってくれやすいので、コースではダフってしまうくらいにボールの手前からクラブが入っても、ボールをしっかりとらえることができたりするわけなんです。

この人工芝マットの恩恵に慣れっこになっていると、実際のコースでいつもどおりに打ったつもりでも、ダフりやトップのミスが出やすくなってしまいます。

コースではただでさえ緊張してしまうのに、打ちっ放し練習場よりもミスにシビアな天然芝で打つわけですから、思ったようなボールが打てないのは当然といえば当然のことなんですね。

ティーアップしたボールを打つべし

ティーアップしたボールを打つべし

とはいうものの、打ちっ放し練習場で天然芝の上からボールを打つ練習なんてできませんよね。

ただ、そんな打ちっ放し練習場でも、コースでミスを減らす対策を講じることは可能です。

それはマットに直接ボールを置かずに、ティーアップしたボールを打つことです。

ティーアップさせるとボールが地面から浮いていますから、マット上でクラブヘッドが滑ったときは、ミスショットになってしまいます。

つまり打点がシビアになり、正しくインパクトできていなければボールはきれいに飛んでくれません。

さらにティーアップをした状態でアイアンショットを打つことで、ボールを直接コンタクトする感覚が身につくだけではなく、アイアンショットの基本であるダウンブローでボールをとらえる練習にもなりますよ。

特にコースに出たとたんにアイアンでダフリのミスが頻発するような人には、かなり効果があると思います

まずはティーアップしたボールと人工芝マット上のボールを交互に打つようにしてみましょう。

もしティーアップしたアイアンショットと人工芝マットの上からのアイアンショットがまるっきり違うようなら、あなたはかなり人工芝マットの恩恵を受けているということです。

その場合はティーアップしたボールを多めに打つようにしてみましょうね。

(※練習場によってはゴムティーにティーアップした状態での打球練習を禁止している場所もあります。必ず練習場の指示に従ってください)

コースには“傾斜”がある!

コースには“傾斜”がある!

そして人工芝マット以外にもコースにあって打ちっ放し練習場にはないものがあります。

それは“傾斜”です。

当たり前の話ですが、打ちっぱなし練習場の打席はすべて平らな面で、傾斜がついていることなんてまずありません。

しかしコースはというと、フェアウェイですら平らな面はごくわずか。

ティーイングエリアを除くほとんどの場所には、大なり小なり傾斜が付いているのです。

これもコースに出ると練習場通りのボールが打てない大きな原因です。

そりゃそうですよね。

日頃は平らな面でしか練習していないのに、コースでは傾斜のついた場所から打つことがほとんどなわけですから。

でも考えてみると、傾斜のついたところからボールを打つ競技なんてゴルフぐらいではないでしょうか。

それにフェアウェイにナイスショットしても、ボールのある場所に行ってみたらすごい傾斜だった、ということもよくあることですからね。

ドライバーを打つくらいのティーアップでアイアンショット

ドライバーを打つくらいのティーアップでアイアンショット

そう愚痴ったところでコースから傾斜がなくなるわけではありませんので、打ちっ放し練習場の平らな面で傾斜地ショットの練習をする必要があるわけですが、ここでも有効なのはティーアップしたボールを打つことになります。

まずはドライバーを打つときのように高くティーアップします。

そしてこの高くティーアップしたボールをアイアンで打ってみてください。

これだけでつま先上がりの傾斜のライからのショットの練習になると思います。

今どきの打ちっ放し練習場はティーの高さを自動調整できるところが多いと思いますので、その昇降の範囲でいろんな高さのティーから打ち比べてみるのも良いと思います。

反対につま先下がりの状況はティーの高さ調整では作ることができません。

私の場合は、両足のかかとをかなり浮かせて、かなりのつま先重心にしてショットをするといったことをやってみたりしています(かかとでボールを踏みつけながら打つことも考えましたが、ケガが怖いですよね)。

コースに出ると練習場のように打てないというのは、ある意味仕方のないことです。

ただ、打ちっ放し練習場で一工夫するだけで、コースでのミスをかなり減らすことができるかと思います。

特に日頃からティーアップしたボールを打つというのは、ぜひ練習のルーティンに加えてみてくださいね。

といったところで今回はこのへんで。

それでは、また!

お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5 コーデバトル200403-0416

カートに追加されました。