冬こそグリーン周りからのアプローチが上達するチャンスです!

お気に入り

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

12月に入り、だんだん寒さが厳しくなってきましたが、Gridgeファンの皆さんは、寒さなんて関係なくラウンドを楽しんでいることでしょう。

しかし冬のゴルフはどうしてもスコアが悪くなってしまいがちです。

とくにグリーン周りのアプローチが非常に難しくなります。

冬の枯芝はとにかくザックリやトップを招きやすいですからね。

ただ、そんな難しい状況だからこそ、アプローチを上達させるチャンスだといえるのではないでしょうか。

冬の枯芝がアプローチを難しくする

冬の枯芝がアプローチを難しくする

冬のゴルフでアプローチを難しくするのは、なんといっても冬特有の枯芝にあります。

夏だと芝も元気で、ある程度伸びていますから、ボールが芝の上に浮いた状態になっていることが多いので、クラブが多少ボールの手前から入ってしまっても、クラブが芝の上を滑ってくれてボールを拾ってくれたりします。

しかし冬は芝が枯れて茶色になります(なので枯芝なんて呼ばれるわけです)。

そして枯れているということは、芝自体が弱く、そして短くなります。

さらにそれでもゴルフ場は冬でも整備のために芝を刈るので、そこに土砂が混ざります。

ですから、弱く短い芝と土砂の影響で、夏のようにボールと地面の間に隙間はありません。

もっと言えば、ボールが地面に少し沈んでいることもあるくらいです。

そうなるとクラブをボールの手前から滑らせることができませんから、ダフリのミスが多くなります。

ボールが浮かない冬の枯芝でのアプローチは、ボールをダフらないようにするためにボールをピンポイントでコンタクトさせる必要があるわけなんですが、インパクトをシビアに考え過ぎると、今度はトップのミスをしやすくなってしまいます。

冬の枯芝やグリーンは非常に転がりやすくなっていますから、トップのミスはボールがOBゾーンに吸い込まれていくことも珍しくはありません。

ボールが芝に浮かないというだけで、アプローチはこんなにも難しくなるものなんですね。

だからこそアプローチ上達のチャンスです!

だからこそアプローチ上達のチャンスです!

でも、冬の枯芝のシビアな状況は、反対に言えばアプローチを練習するにはもってこいの環境だということ。

ですから、冬こそアプローチをしっかり練習するべきだと思うんです。

もし通っている練習場にアプローチ場があるようなら、迷わずにアプローチの練習をするようにしましょう。

練習するポイントとしては、2つのことを意識してもらったらいいと思います。

まず最初は両手でボールを運ぶ意識を持つということ。

ボールが沈んでいて、さらにザックリをさせたくないということで、インパクトではボールを点でとらえようとしてしまいがちですが、それがさらなるミスを引き起こします。

これはゴルフスイングすべてに言えることでもありますが、インパクトでボールを当てにいくからミスが出るのです。

インパクトはあくまでもスイングの通過点に過ぎないという考え方が大切です。

ですから、ボールを運ぶつもりでスイングをするようにしてみてください。

大きなボールを両手でゆっくりと1~2メートルくらい離れた隣の人にパスするような感覚ですね。

ゆったりとしたスイングに合わせて、切り返しからフォローでクラブが動く途中でボールに勝手に当たってくれるくらいのほうが、クリアにボールを拾えるものなのです。

2つ目はフォローをしっかり取ること。

先ほどボールを運ぶ感覚と言いましたが、ゆっくり振ろうとすると、インパクト以降でスイングが緩んで(減速して)しまいがちになります。

スイングの緩みは、これまたザックリやトップのミスの大きな原因になります。

フォローをしっかり取るようにすることで、インパクトでクラブが減速しづらくなりますので、冬場のボールが沈んだライでもボールをクリアにとらえやすくなります。

ランニングアプローチよりもピッチエンドランがいい!

ランニングアプローチよりもピッチエンドランがいい!

よく、夏のアプローチはピッチ&ラン、冬のアプローチはランニングアプローチで攻めよ! と言われたりします。

これまで説明してきた夏と冬の芝質を考えれば、すごく当然のことだと思います。

しかし個人的には、冬のグリーンをランニングアプローチで攻略するのは結構難しいと思うのです。

というのも、まず冬のグリーンはけっこうスピードが速いので、ランニングアプローチで距離を合わせるのは意外と難しいというのがあります。

それと何よりもランニングアプローチはどうしてもインパクトでボールを当てに行きやすいので、強めにインパクト(いわゆるパンチが入るというやつですね)しやすいので、距離感が合いにくいです。

特に安定したスコア100切りを目指しているような皆さんは、冬もピッチ&ランを選択したほうが寄せやすいと思います。

ボールを運ぶようなゆったりスイングやしっかりフォローを取るといった冬のアプローチ対策は、ランニングアプローチよりもピッチ&ランのほうがミスが少ないはずですよ。

あとは先ほど言ったように、冬はグリーンが速いので、いつもよりランが出ることを計算して、いつものキャリーとランの割合よりランを多めに設定して打つようにしましょう。

冬のアプローチはライが悪いことが多く、非常に難しいですが、逆にそんな状況で自信を持って打てるようになれば、春以降の本格的なゴルフシーズンでスコアアップできること間違いなしです(^^♪

この冬はアプローチ練習に燃えてみてはいかがですか? といったところで今回はこのへんで。

それでは、また!

お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。