ゴルフクラブのグリップ交換の目安は何かある?選び方や費用、方法は?

お気に入り

ゴルフクラブをしばらく使っていると、「なんかグリップがツルツルしてきたな」と思う日が訪れます。

そのまま使い続けている人も少なくありませんが、“ツルツルグリップ”はスイングで無駄に力んでしまったりなど、百害あって一利なし、です。

なので、そんなときは、「グリップ交換」を考えてください。

しかし、ショップに足を運んだとき、目の前に広がる数々のグリップに、唖然としてしまう人も多そうです。

特に初めてのグリップ交換であれば、自分の使っているグリップがどんなものなのか、何を選べば良いのか? 交換するグリップが複数となると、費用なども気になるポイントですよね。

今回は、これらのことについて調べてみました。

初めてのグリップ交換、なにを目安に替えれば良いの?

初めてのグリップ交換、なにを目安に替えれば良いの?

getty

市販のゴルフクラブに最初から装着されているグリップのほとんどは、ゴムでできています。そのため、使用していれば、必ず劣化が訪れます。

グリップが劣化すると、グローブをしていても、ツルツルと滑るようになります。自動車のタイヤと同じで、消耗品です。経年で劣化するか、使用頻度で劣化していきます。

グリップメーカーは、年に1度か、40回程度使用したら交換しようという目安を発表しているようですが、そのような頻度で交換している人は、極めて少ないと思います。

現実的には、2~3年使用したら、交換する必要性が高まっていると言えます。

ただ、月に1回ゴルフに行く人の2~3年と、月に5回ゴルフに行く人の2~3年では、劣化状況が大きく変わってしまいます。

スイング中に握りにくいなと感じるなど、違和感を目安に、グリップの劣化を疑い、グリップ交換を検討しても良いかもしれません。

グリップが滑ってしまうと必然的に手に力が入り、ゴルフスイングにも影響が出る可能性があります。

グリップは、プレーヤーとクラブをつなぐ役割のものです。指を痛めず、皮がむけなくタコもできない、そして腕が疲れないグリップ。これが理想のグリップと言われています。

それとは大きく違う状態になったときを目安に、グリップ交換をしていきましょう。

数多いグリップの種類。選び方は?

数多いグリップの種類。選び方は?

getty

いざグリップ交換をしようとゴルフショップに行くと、その数の多さに何を選べば良いか迷ってしまう人もいるようです。特に、初めてのグリップ交換であれば、それも仕方のない話。

しかし、それを適当に交換してしまうと、同じクラブでも、グリップの重さ、太さ、硬さ、装着法の何かが違ってしまうと、振ったときの感覚がまったく違うものになり、ボールが上手く打てなくなる危険性があります。

グリップ交換を“たかだか”と考えている人も多いようですが、実はグリップは、ゴルファーとクラブをつなぐ、大切な役割をしているのです。

グリップを選ぶ上で、一番大切なものは「重さ」、そして「太さ(サイズ)」です。

装着したグリップの重さに応じて、クラブの先端側が、重く感じたり軽く感じたり、変化します。

また、それぞれに太さがあります。

一般的には、クラブを握ったときに、親指以外の指先が、手のひらに軽く触れる状態が良いと言われています。

グリップが細過ぎると、しっかり握るために手に力が入ってしまいます。逆に太過ぎてもしっかりとグリップができません。

また、グリップの素材も、糸が練り込んである「コードグリップ」と、ゴムのみで作られている「ラバーグリップ」が存在します(ゴムではなくエラストマーなど他の樹脂で作られたグリップもあります)。

いきなり現在のものと違うものを選ぶことはせず、重さや太さ、素材が似たものを選ぶことで、グリップ交換後の違和感を最少に抑えることができるでしょう。

さらに、グリップの裏側に線が入ったものと、そうでないものがあります。

この線を「バックライン」と呼び、フェースの向きを確認するのに役立つと同時に、毎回同じ場所で握れることでグリップを安定させる効果もありますので、インパクト時のフェースの向きが気になる人は、バックライン有りがおススメです。

グリップ交換にかかる費用は?

グリップ交換にかかる費用は?

getty

グリップを交換する際は、自分で交換する方法と、ゴルフショップなどのお店で交換する方法の2種類があります。

グリップ交換の方法は、下記に記載しますが、自分で交換するとしても、道具代は1000円くらいで揃えることができます。

それにプラスしてグリップ本体の費用だけになりますので、費用としてはそんなにかかることはありません。

対して、ゴルフショップなどのお店で交換する方法。

こちらは、数々のお店が交換サービスをしていますので、グリップを購入して、工賃を支払う必要があります。

お店の値段設定にもよりますが、1本につき500円という工賃の金額が一般的なようです。しかし、その店によって変わってきますし、グリップ交換に2~3日要する場合もあるかもしれません。

逆に、グリップ本体をその店で購入すれば、工賃は無料で、即日替えてくれるお店も存在します。

グリップを新しく購入し、その後の費用を考えてトータルでいくらかかるかを計算したほうが良いでしょう。

グリップ交換はどうやってするの?

グリップ交換はどうやってするの?

グリップ交換は思ったより簡単で、初めから自分で行っている、という人も少なくないです。

最近はYouTubeなどでもグリップ交換のやり方を公開している動画も多く、道具を揃えれば、それを確認しながら進めていくことも可能です。

グリップ交換用の両面テープ、カッター、溶剤を準備する必要がありますが、グリップ交換キットも市販されているので、簡単に手に入れることができるでしょう。

まずカッターを持つ前に重要なのが、現在のグリップがどの位置に挿し込まれているかが分かるように、シャフトにマスキングテープを巻くことです。

この作業をしないと、シャフトとグリップを接着する両面テープの長さが分からなくなり、グリップから、両面テープが出てしまうということになりかねません。

次に、カッターで、現在クラブについているグリップを切りましょう。このとき、カッターを立ててしまうと、刃がシャフトに当たってしまい、シャフトが傷ついてしまうことがあります。

なるべく刃を寝かしながらグリップを切るようにしてください。

古いグリップが外れたら、グリップの下に隠されていたシャフト部分の掃除を忘れないようにしてください。古い両面テープや、水垢などがついていることもありますので、きれいに取り除きましょう。

それが終わったら、グリップ装着用の両面テープを貼り、溶液スプレーをたっぷりグリップ内部と装着するシャフトに吹きつけ、グリップを挿し込み、完了です。

溶液が乾き切る前に、自分に合ったグリップになるよう、微調整をしてください。早い人だと、時間にして5分~10分でこなすことができます。

大切なグリップ、自分に合ったものを選んで、使っていってくださいね!

お気に入り
亜月

ゴルフと食べることが大好き! ゴルフ歴6年、ラウンドは週1。スコアはまだまだ安定しませんが、楽しくプレーしています。 https://www.instagram.com/_.risa._18

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。