アプローチはピンから何メートルに寄ったら成功と言える?

お気に入り

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

アイアンショットでピンから5メートルの位置にボールが止まればナイスショットだけど、アプローチで残り5メートルだと、ほとんどの人はミスショットだと感じます。

実際私も最近までそう思っていました。

しかし本当にそうでしょうか。

特にアベレージゴルファーにとっては、アプローチは5メートルに寄ったら成功の部類だと考えたほうが、結果的には良いスコアにつながるような気がする今日この頃の私です。

距離の近さや挽回したい気持ちが感覚をシビアにする

距離の近さや挽回したい気持ちが感覚をシビアにする

getty

冒頭にもお話しましたが、アイアンショットでピンから5メートルの位置にボールが止まればナイスショット、いやスーパーショットと同伴者からもてはやされるくらいなのに、これがアプローチ(グリーン周りからの)で残り5メートルだと、ほとんどの人は小首をかしげて、『寄らなかったなー……』と感じてしまいます。

私はこれには二つ理由があると考えます。

一つ目は距離の近さ。

ゴルフはいかに少ない打数でホールアウトできるかを競うスポーツですから、ピンに近づけば近づくほど距離感の精度が求められます。

ですからグリーンまでの距離が近いショットほど、『ピンに寄せなければ!』、『ピンに寄せて当然!』という図式が頭の中にインプットされてしまいます。

二つ目は前のショットを挽回したいという気持ち。

(パー5を除けば)アプローチというのは基本的に前のショットでグリーンをとらえられなかった、もしくはミスをした後に打つわけです。

なので、少しでもピンに近づけて、あわよくば寄せワンを狙いにいきたくなるのが人の欲深さで、これはプロから初心者まですべてのゴルファーに当てはまるのではないでしょうか。

このように距離の近さや挽回したい気持ちが感覚をシビアにするので、アプローチの場合はピンから5メートルどころか、1メートル以内につかないと成功した気にならないのです。

『2パットで収まる距離』から逆算する

『2パットで収まる距離』から逆算する

getty

しかし、そういったシビアな感覚でアプローチを打つと、前のめりな気持ちや力み、プレッシャーがかかることで、逆にとんでもないミスを引き起こすんですよね。

ボールの手前をザックリしたり、トップを繰り返してグリーンオーバーを繰り返したり……。

寄せワンを狙った結果、アプローチからカップインまで4打も5打も6打も費やしてしまったら、元も子もありませんよね。

ということで、特に安定した100切りを目指したいというアベレージゴルファーは、まずはアプローチを1回でグリーンに乗せて2パットで上がることを優先すべきだと思いますよ!

おっと、すみません。

少し今回のテーマから外れてしまいましたね。

でもあながち外れてもいないというか(笑)。

というのも、この『2パット』というのがミソでして♪

寄せワンを取るということで考えると、アプローチでピンから1メートル前後に寄せる必要があり、かなりシビアになりますが、2パット圏内だとどうでしょう。

アベレージゴルファーなら2メートル、いや5〜7メートルくらいでも十分に2パットを狙えるんじゃないでしょうか。

このように『2パットで収まる距離』から逆算すれば、アプローチで寄せるべき距離の許容範囲はかなり広がります。

2パットで上がる前提なら、アプローチは5メートルくらいに寄れば成功と言えるのではないでしょうか。

5メートルくらいに寄せればOKだと思えれば、かなりプレッシャーは低くなりますから、寄せワンの確率は下がるかもしれませんが、とんでもないミスの確率はもっと激減すると思いますよ。

パットが得意なほどハードルは下がる

パットが得意なほどハードルは下がる

getty

ちなみに私もゴルフを初めてしばらくは、アプローチで1メートルくらいに寄らないと、ミスショットだと苦虫を嚙みつぶしていました。

そして例に漏れず、寄せワンを狙い過ぎるあまりに目も当てられないミスを繰り返していたように思います。

しかし『2パットで収まる距離』から逆算することを考えるようになってからは、2メートルに寄ったらアプローチは成功、5メートルくらいでもまずまずかなと思えるようになってきました。

そうすると気持ちに余裕ができるのか、アプローチでザックリやトップのミスはかなり減りましたよ。

ということで私の場合はアプローチは2メートルくらいに寄れば大成功、5メートルくらいでも成功の部類といったところですかね。

さらにいえば、パットが得意なほどハードルは下がると思います。

たとえば10メートルくらいまでは2パットでしのげるという人は、わざわざピンから2メートルくらいに寄せなくても、10メートルの位置まで運べれば2パットで上がれる可能性が非常に高い。

2パットて上がるという目的でいけば、その人にとっては、ボールがピンから10メートルの位置についても、そのアプローチは成功といえるわけですからね。

そう考えると、アプローチが苦手でしょうがないという皆さんは、アプローチの打ち方を見直す前にパットに磨きをかけたほうが手っ取り早いかもしれませんね。

屁理屈だと思うか試してみるかは……あなた次第です!

ただ、間違いなく言えるのは、アプローチは1メートル以内に寄ったら成功だと、自分自身にプレッシャーをかけ過ぎないほうがいいということですかね。

といったところで今回はこのへんで。

それでは、また。


★スコア100切りを目指す皆さん向けの情報をブログにまとめてみました (^ ^*)/ ★
(よかったらこちらも読んでみてください。)

『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』

お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >
日本シャフトGOSTバナー

カートに追加されました。