新・貧打爆裂レポート『ゼクシオ エックス ドライバー』

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年12月7日に発売されるダンロップスポーツマーケティング『ゼクシオ エックス ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んでラウンドしてみました。「ガチ飛びゼクシオ」というコピーのドライバーに迫ります。動画も含めて試打レポートします。

ゼクシオを無視していたゴルファーのためのドライバーだ!

ゼクシオを無視していたゴルファーのためのドライバーだ!

『ゼクシオ エックス ドライバー』は、ダンロップスポーツマーケティングが2019年12月7日に発売するドライバーです。

2000年の初代ゼクシオの発売から20年。ゼクシオは本数累計で世界一の売り上げを誇るブランドです。今回のモデルチェンジで、11代目ゼクシオになります。

一般のゴルファーを対象にしていたゼクシオは、11代目からは二つのブランドに分かれることになりました。

今までのゼクシオを継承するイメージの『ゼクシオ イレブン』と、アスリートゴルファー向けの『ゼクシオ エックス』の二つです。

『ゼクシオ エックス ドライバー』は、アスリート系ゴルファーのためのドライバーなのだということです。

『ゼクシオ イレブン ドライバー』にも搭載された「WEIGHT PLUS(ウェイトプラス)」という新しいテクノロジーは『ゼクシオ エックス ドライバー』にも採用されています。

グリップエンドに重量を集中させることで、クラブがぐらつかずに安定したトップになるそうです。

弾道も安定するとのことですが、『ゼクシオ イレブン ドライバー』は10グラムのウェイトがグリップエンドに入っているのに、『ゼクシオ エックス ドライバー』は6グラムで、その差はちょっと興味深いです。

「フラットカップフェース」で反発性能を強化して、『ゼクシオ エックス ドライバー』専用設計の「カーボン複合構造」で余剰重量を作り、それをヘッドの後方に配置し、ミスショットの許容範囲を広くしました。

『ゼクシオ エックス ドライバー』は、構えてみると、ディープフェースで、ストレートフェースです。

クラウンがダークグレーなのですけど、少し離れれば黒く見えます。クラウンの外側の外周に模様がプリントされていて、ヘッドはしまって見えます。

思い切って振りたくなるドライバーです。

お借りしたドライバーは、ロフト9.5度、シャフトは純正の「Miyazaki AX-1 カーボンシャフト」です。長さは45.5インチです。

なんだかんだ言っても、ゼクシオなのだからと、舐めている部分が、正直に書くとありましたが、アドレスして、ワッグルしただけでも、「舐めたら痛い目に遭う」という予感をさせます。

ゼクシオらしくないのです。良い意味で『ゼクシオ エックス ドライバー』は、期待を裏切る予感をさせるドライバーです。

本当に振り切れなければ本当の弾道は打てないのが良い!

動画を見てください。

『ゼクシオ エックス ドライバー』は、振りたくなるという印象を持ちましたが、振ってみると奇妙な違和感があります。

これは新技術の「ウェイトプラス」で、グリップエンドが重いことが影響しているのかもしれません。

本格的に叩きにいこうとするスイッチが入ると、ある程度の重さがあったほうが良いという説がありますが、こういう感触は慣れてしまえば問題ありません。

『ゼクシオ エックス ドライバー』の一発目で驚きました。

打音は音量が控えめなのです。ゼクシオといえば、ぶっ飛ばしていることを強調する打音で有名です。それを裏切られて驚いたのです。

音質も単音で、あまり残響もありません。上級者好みとも言えますが、不思議な感じでした。

弾道は中弾道のやや低めで、棒球です。飛距離は220ヤードでした。軽めに打ちましたが、オーバースペックという文字が浮かびました。

2ホール目からは意図的に強く振りました。動画でもわかりますが、フィニッシュがフラフラするぐらいに振って、やっと浮力が出てくる感じでした。

『ゼクシオ エックス ドライバー』は、ヘッドスピード40メートル/秒(m/s)では、その機能を発揮しなようです。久しぶりに、コースでドライバーを振り回しました。

振っているということもありましたが、基本的には軽いドローボールになります。

強い弾道ですが、最も飛距離が出たホールでも230ヤードです。やはり消化不良だったのだと思います。

ちなみに、ヘッドスピード45m/sの同伴者に打ってもらいましたが、素晴らしいボールを連発して、このドライバーは飛ぶという感想でした。

ゼクシオは万民のためのオールマイティーなクラブという自分の中の常識は、完全に崩れ去りました。

『ゼクシオ エックス ドライバー』は、ヘッドスピードが速いゴルファーにオススメです。

改めて、ソールをよく見てみると、『X』のロゴとトウ側のカーボン繊維がカッコイイのです。ゼクシオのロゴは、トウの先に隠れるようにあるだけです。

つまり、『ゼクシオ エックス ドライバー』は、初めから今までのゼクシオとは違うと主張していたのです。

『ゼクシオ エックス ドライバー』は、『スリクソン』のドライバーだとちょっと厳しいけど、普通のドライバーだとやさし過ぎてしまうというゴルファーにオススメです。
打ってほしいです。

『ゼクシオ エックス ドライバー』は本格的です。それがさり気ないところが良いです。

アスリート系ゴルファーということに縛られずに、速く振れることに自信があるゴルファーのためのドライバーを打ってみてください。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5 コーデバトル200403-0416

カートに追加されました。