スマホにご注意!~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#149

お気に入り

今年は、スマホの着信音やカメラ機能のシャッター音がツアープロのプレーを邪魔したシーン(動画)をいくつも目にしました。

シャッター音は、最近の国内ツアーでも賑わいが増すほどに取りざたされる問題で、このトラブルは決して日本も無縁ではありません。

SNSなどにシェアされた同トラブルの動画を集めてみました。

今年も話題を提供してくれたガルシア

まずは、今年1~2月にかけて開催された欧州ツアー競技「サウジ・インターナショナル」から。

スマホ(携帯電話)の着信音の被害にあったのはセルヒオ・ガルシア。

「マジかよ?」といった、やりきれない思いがリアクションに良く表れています。

でも、まだ表情は穏やか。

実は、この日のガルシアは、その後に大荒れ。

グリーンを複数回、故意に傷つけ、そのために翌朝、競技失格の処罰を受けたのでした(下記リンク先で紹介済)。

大荒れになった原因のひとつが、これだったのかも知れません。

ウェストウッドはさすが大人の対応

続いても欧州ツアー競技の「BMWインターナショナルオープン」(6月)でのひとコマ。

プレーを邪魔されたのは大ベテランのリー・ウェストウッド。

この大会は終始好調で、初日から上位で優勝争いに加わっていました(結果は10位タイ)。

その2日目の1番ホール(彼の10ホール目)の第2打。いざグリーンを狙って打とうとしたときに……。

それでも彼は大人の対応。

その場では静かに仕切り直し。

そして、ラウンド後はファンに向かって、「ゴルフと同じように、人々は物事を必要以上に複雑にしてるけど、これはとてもシンプルです」とニコヤカに語り掛け、スマホをサイレントモードに切り替えるアクション。

洒落た呼びかけでした。

スマホによるトラブルといえば、これ

スマホによるトラブルといえば、今年の一番はこれです。

直後にここでも取り上げました(下記リンク先をご覧ください)。

9月の韓国ツアー競技「DGB金融グループ・ボルヴィック大邱慶北オープン」最終日、16番ティーでのこと。

このとき優勝争いのトップに立っていたキム・ビオ(結果は優勝)がティーショットを打とうとしたとき、ギャラリーの間からスマホのカメラのシャッター音。

報道によれば、それ以前から同様の邪魔をされていたキム・ビオは、これにプッツン。

シャッター音を響かせたギャラリーに向けて“中指立て”。

さらに、ドライバーを地面に叩きつける怒りのリアクション。

結果、ツアーから「3年間のツアー競技出場停止」という重いペナルティーを課せられたのでした(その後、出場停止処分は1年間に短縮)。

スマホのカメラのシャッター音は、国内ツアーでもしばしば問題になっています。

とりわけ、渋野日向子を撮影しようとするファンは多いようです。

その音がプレーに及ぼす影響の大きさを改めて知ってほしいと思います。

おまけ――トイレのドアの音にムッ! その犯人は……

最後はスマホではありませんが、同様に打つ直前に鳴った音でプレーを邪魔された面白い動画です。

これも欧州ツアー競技の「イタリアンオープン」(10月)でのこと。

ティレル・ハットンが、ホール脇に設置された簡易トイレのドアの音にストロークをストップ。

仕切り直しの途中、音がした先を見ると、そこにいたのはなんと……婚約者!

今年最も笑ったシーンのひとつでした。

お気に入り
こせきよういち

かれこれ30年もフリーランスのライター稼業をやっています。活動のフィールドはゴルフ雑誌がメインですが、ゴーストライターとして単行本を執筆したり、某出版社の運営を手伝ったり、テレビ・ラジオのスポーツ番組の構成を手掛けたり……。昨年(2016年)はトランプ大統領をテーマにした単行本の一部執筆もしました(笑)。でも、目下一番忙しいのは、日々SNSにアップしているゴルフ関連の話題を収集する作業かな。ゴルフ界、スポーツ界がもっと元気になれるように、との視点から有益な、あるいは面白い情報を集め、発信しています。 Twitter: https://twitter.com/kohe46

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。