新・貧打爆裂レポート『RMX フェアウェイウッド』

新・貧打爆裂レポート『RMX フェアウェイウッド』

お気に入り

今回の貧打爆裂レポートは、2019年9月6日に発売されたヤマハ『RMX フェアウェイウッド』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。評判になっている新しいRMXのフェアウェイウッドの実力は? 動画も含めて試打レポートします。

やさしく見えるヘッドには最先端のテクノロジーが詰まっている!

やさしく見えるヘッドには最先端のテクノロジーが詰まっている!

ヤマハ『RMX フェアウェイウッド』は、2019年9月6日に発売されました。

新しい『RMX』シリーズは、「変われ、ヤマハ。」というコピーでもわかるように、一から新しいクラブを作りました。すこぶる評判の良いクラブです。

「RMXのフェアウェイウッドが、めちゃくちゃに良い」と複数の人たちから聞きました。
百聞は一見にしかず、ということで、早速、試打することにしました。

試打したのは、ロフト15度のスプーンです。シャフトはオリジナルカーボンの「TMX-420F」のSフレックスです。

『RMX フェアウェイウッド』は、ドライバーと同じように「BOOSTRING(ブーストリング)」を搭載しています。

フェースの周囲をリブなどで変形しないように抑えて、フェースの反発が最適になるように調整したテクノロジーです。ボール初速が上がるという効果は、ドライバーで経験しました。期待できます。

シェイプは、やや大きめです。そして、ヘッドも薄い印象です。やさしいフェアウェイウッドというのが第一印象でした。

ヤマハの解析では、フェアウェイウッドでフェースとボールが接する位置は、ソールから16ミリの高さなのだそうです。

前モデルのフェアウェイウッドのフェースのセンターの高さは20.2ミリだったそうです。これはアイアンの多くが採用している重心高なので、極めて常識的な数値です。

新しい『RMX フェアウェイウッド』のフェースセンターの高さは、なんと17.9ミリなのです。ボールが当たる高さとほぼ同じです。面白いです。

スピン量を減らすための工夫だとすると、かなり難しいスプーンになりますが、この変更によってアップしたのは初速らしいのです。ますます、面白いです。

『RMX フェアウェイウッド』は、ドライバーと同じように慣性モーメントを最大にしているそうです。

これも見えないテクノロジーですが、ボールが曲がりにくくなるのかもしれません。

ヤマハ史上最高のスプーンだと感じさせたRMX!

動画を見てください。

『RMX フェアウェイウッド』の芯に当たったときの打音の良さは特別です。

金属音は最小限です。締まっていて、それでいて、少し濡れた音がします。例えるなら、カキーンではなく、パシーンという感じです。これには感心しました。

個人的に打音でフェアウェイウッドを選ぶというこだわりはありませんが、もし、こだわりがあるゴルファーなら『RMX フェアウェイウッド』はオススメです。

動画でも少し薄めに当たったショットがありますが、その場合は、金属音が大きくなります。飛距離はほとんど変わりません。

最高の打音を聞けるのは、本当に真芯に当たったときだけということも、『RMX フェアウェイウッド』の素晴らしいポイントだと思います。

打ち応えは、軟らかめです。フェースにボールが乗る感じがします。

それでいて、初速が速い弾道です。中弾道の棒球が出ます。

基本的にはストレートな球筋が得意なスプーンで、ボールを大きく曲げようとしても、小さくしか曲がりません。

『RMX フェアウェイウッド』は飛びます。

実は3ラウンドほど使ったのですが、最も飛んだシーンで225ヤード、平均でも220ヤード弱飛びます。

ヘッドスピード40メートル/秒の僕が打った飛距離としては、トップクラスです。

構えたイメージ通りの弾道が打てます。『RMX フェアウェイウッド』のもう一つの良い点は、ボールが拾いやすいところです。この部分で、やさしいクラブだと感じるゴルファーがいると思います。

『RMX フェアウェイウッド』は、海外ブランドのフェアウェイウッドをチューニングしたような感じがしました。

本当に良くできたクラブで、過去に試打したヤマハのスプーンの中では、ぶっちぎりで一番良かったです。

ストレートな強い球筋を打ちたいゴルファーに『RMX フェアウェイウッド』はオススメです。

飛ぶけどやさしいスプーンが欲しいというゴルファーにもオススメします。

2019年は市場に気分良く打てる本格的なスプーンが複数出てきました。『RMX フェアウェイウッド』は、その中でもトップを競える一本です。

フェアウェイウッドは、トッププロでも気に入ったものは長く使う傾向があります。相性の良さという数値になりにくい要素が、使い熟すために不可欠になるからです。

自分に合ったスプーンは、トッププロでも数年に1本しか出逢えないのです。『RMX フェアウェイウッド』は、打ってみるべきクラブです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


グリッジカップH
GDOゴルフテック