ラウンド前のパター練習は『10歩』の距離を重点的に練習しよう!

お気に入り

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

今回はラウンド前のパット練習についてです。

私がオススメするのは『10歩』の距離を重点的に練習することです。

ラウンドでよく打ちそうな距離が『10歩』!

ラウンドでよく打ちそうな距離が『10歩』!

getty

プロアマ問わずにスコアメイクに大きく影響するのがパット数。

3パットを連発していては、いつまでたってもスコアはまとまりません。

とはいっても日頃あまりパター練習をしないのが我々アベレージゴルファー。

なのでラウンド前のパター練習は大事に、そして効率良く行いたいものですね。

さて、ある日のラウンド前、パットの苦手なAさんからこんな質問をされました。

「パットが苦手なんですが、ラウンド前のパター練習場で距離感を合わせるにはどうしたらいいですか?」

私は即座にこう答えました。

「10歩の距離感を合わせておけば、ラウンドでそれなりに対応できると思います♪」

えっ、10歩の距離?

そう、10歩の距離がいいんです!

まずどうして10歩かというと、理由はいたってシンプル。

それはラウンド中のファーストパットでよく打つ距離だからです。

プロや上級者ならカップまわり3〜5メートルのバーディーチャンスが何度もあるかもしれませんが、グリーンに乗せるのが精一杯のアベレージゴルファーは、カップから8〜10メートルくらいのパットが残るケースが非常に多いと思うんです。

そうすると10歩(私の場合は1歩90センチで約9メートル)の距離感が合っていれば、セカンドパットを1メートル以内で打てるので、2パットでしのげる確率が非常に高くなるというわけです。

『10歩の上り』と『10歩の下り』もチェック!

『10歩の上り』と『10歩の下り』もチェック!

getty

さらに同じ10歩の距離でも平らな面、上り傾斜、下り傾斜ではボールの転がり具合はかなり変わります。

そしてラウンド中はグリーンの平らな面からパットを打つことは少なく、むしろ上りもしくは下り傾斜から打つことのほうが多いと思います。

ですからさらにパター練習場のグリーンに傾斜があるようなら、『10歩の上り』と『10歩の下り』のパットも打っておきましょう。

実際に打ってみたらわかると思いますが、同じ『10歩』なのに平らな面、上り、下りでは打つときのタッチがまるで違うはずです。

朝のパット練習でこのタッチの差を実感しておくだけでも、ラウンド本番での距離感がかなり良くなることは間違いないです。

ちなみにパットの上手なゴルファーのパター練習をこっそり観察してみてください。

必ずと言っていいほど傾斜地からのパットで転がり具合をチェックしているはずですよ。

余裕があれば『5歩』と『15歩』もチェック!  

余裕があれば『5歩』と『15歩』もチェック!   

getty

『10歩』の距離感が合わせられて、さらに時間があるようなら『5歩』と『15歩』の距離のパットを打ってみましょう。

10歩の距離感が合っていれば5歩はその半分、15歩は1.5倍なので、けっこう簡単に距離感を合わせられるはずです。

私が思うにラウンド中のファーストパットはカップからだいたい5歩〜15歩くらいの範囲で打つことがほとんどです。

ですからパター練習場で10歩、5歩、15歩の距離感を合わせられていたら鬼に金棒!

ファーストパットをカップから1メートル前後に寄せられる、すなわち2パットで上がれる可能性がグンと上がるはずです。

『歩数』と『メートル』のどちらで距離感を出しても構わない

『歩数』と『メートル』のどちらで距離感を出しても構わない

getty

最後に少し(かなり!?)余談を ( ꈍᴗꈍ)。

今まで10歩、5歩というように、パットの距離を歩数で表現してきましたが、10メートル、5メートルというように、『メートル』の単位のほうがしっくりくるという方もいらっしゃるかと思います。

結論から言うと『歩数』と『メートル』のどちらで距離を測っても問題なし、自分のしっくりくるほうで構わないと思います。

ちなみに私が『歩数』でパットの距離を測る理由は2つ。

ひとつ目は私がパットのときに必ず歩測をするからです。

私はパットに関しては、例えば歩測で10歩のキツめの下り傾斜なら、『7歩分の距離』で、と決め打ちするタイプ。

ですから『歩数』のほうがしっくりくるわけです。

2つ目は私の1歩の距離がちょうど1ヤード(約92センチ)だから(もちろん少し大股気味です)。

日本のゴルフ場は基本ヤード表示ですから、自身の1歩がちょうど1ヤード分なのは何かと好都合なのです。

もちろんグリーン上で歩測する際は大股気味の1歩で常に距離が一定に測れるようにしていますよ!

ですから私の『10歩』はメートル換算すると約9.2メートルだということですね。

基本的にパットの際には歩測をする私ですが、2歩以下はさすがに歩測はしません。

ですので散々『歩数』で距離を出すと言いつつも、2歩(1.8メートル)以下の場合は1メートル、1.5メートルと『メートル』単位で目測したりするわけだったりもします ←(*꒪ヮ꒪*)。

えっ、距離をそんなに細かく計算するのは面倒くさいですって?

距離を正確に割り出すことはパット上達の第一歩!

なかには感覚で上手に距離感を出せる方もいますが、パットが苦手な人ほど距離を正確に測れるようにしましょう。

というけとで『10歩』(『メートル』がしっくりくる方は10メートル)の距離感を合わせられたらパット数が減ること間違いなし!

気になった方はぜひ試してみてくださいね♪


★スコア100切りを目指す皆さん向けの情報をブログにまとめてみました (^ ^*)/ ★
(よかったらこちらも読んでみてください。)

お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5 コーデバトル200403-0416

カートに追加されました。