目指せ“スクラッチ”プレーヤー!ところでスクラッチの意味は?

お気に入り

ゴルフ用語の「スクラッチ」には2つの意味があります。

ひとつは「スクラッチプレーヤー」で、ハンディキャップが0もしくは、それ以下(プラスハンデ)の超上手いゴルファーのことです。

もうひとつは、ハンデなしでプレーするという意味です。

「スクラッチ」とは「こする」という意味ですが

「スクラッチ」とは「こする」という意味ですが

getty

「Scratch」とは、本来「こする」とか「引っかく」という意味ですが、どうしてゴルフの世界では、前記のような意味で使われるのでしょうか?

話は中世のヨーロッパまで遡ります。

狩りに出た領主たちや野良仕事をしていた農民たちが、家に帰る際、村の真ん中にある教会の塔を目指して、競馬や駆けっこをしたことに由来しているのです。

「スクラッチ」には「線を引く」という意味も

「スクラッチ」には「線を引く」という意味も

getty

そのとき、最も速い人は、スタートラインを一番後ろにして、そこに線を引いていました。

「スクラッチ」とは、この「線を引く」という意味で、そこからハンデのない最も速い人、つまり、ゴルフで言うと、一番上手いゴルファーという意味で使われるようになったというわけです。

470ヤードを2オンできれば、あなたもスクラッチプレーヤー

470ヤードを2オンできれば、あなたもスクラッチプレーヤー

getty

ちなみに、USGA(全米ゴルフ協会)によると、スクラッチプレーヤーを「ティーショットの平均飛距離が250ヤード以上で、470ヤードのホールを2オンできるゴルファー」と定義しています。

よし、それなら俺だって……というアマチュアのロングヒッターも結構いそうですが、問題は2オンできる確率にあることは言うまでもありません。

「スクラッチプレーヤー」が、アマチュアの最高峰のレベルであることが、理解できたでしょうか?

お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。