初級者に合う?「短尺ドライバー」購入編

お気に入り

みなさんこんにちは! ライターの今日一です!!

「短尺ドライバー」、興味ありませんか?

「ミート率が高くなる」「飛距離が伸びる」「打ちやすい」などなど、いろいろと噂は聞いています。

私は興味津々でした!

出発点は?

出発点は?

getty

「飛距離を伸ばしたい」というのが出発点でした。

90台を出せるようになってきて、次に目指しているのはもちろん80台。

そうすると「ティーショットであと10~20ヤード稼ぎたい」という気持ちがムクムクと湧いてきます。

私のドライバーの飛距離は、長い間約180ヤードでした。

そこからスイング改良・練習を続けてきた結果、約200ヤードに伸びました。

そして現状は……「最近飛ぶようになってきた」と感じてはいますが、約210ヤードといったところ。

これをどうにか、220~230ヤードに伸ばしたいと考えた次第です。

ただですね、考えた「飛距離アップ」は「一発の飛距離」ではなく、あくまで「平均的な飛距離」です。

「OB」→「打ち直し(3打目)240ヤード」
→240÷3打=80ヤード

では意味がありません。

「230ヤード」「210ヤード」「220ヤード」
→(230+210+220)÷3打=220ヤード

のティーショットが欲しいのです!

出した答えは、「短尺ドライバー購入」!!

出した答えは、「短尺ドライバー購入」!!

スイング改良は常に意識していますが、他にも飛距離アップの方法が!

そう、クラブの買い替えです!!

私の愛用するグレートビッグバーサ(キャロウェイ)は2015年モデルです。「最近のクラブに買い替えることでも飛距離アップを狙えるのでは!?」と期待できますよね♪

でも、最近のクラブに買い替えて距離が伸びたとしても、方向性が安定しなければ上記「平均220ヤードの飛距離」を手に入れることができません。

ここでタイミングよく、最初に書いた「短尺ドライバーの噂」を聞きつけた訳です。

「短尺ドライバーにしてミスを減らす!」

「ミート率がアップすれば飛距離が縮むことはなく、さらに最近のクラブならむしろ飛距離は伸びるのでは?」

「ミスに優しいクラブにしよう!」

こんなことを考え、購入したのは……。

購入したのは「ローグ スター」!

購入したのは「ローグ スター」!

私が購入したのは「短尺ドライバー」として販売されているクラブではありません。

「短尺化されたドライバー」を探したんです。

※市販の「短尺ドライバー」を選ばなかった理由は、後日『初級者に合う?「短尺ドライバー」〇〇編』で紹介させていただく予定です。

〇〇が何かは、お楽しみに!!

・最近のクラブを試打して、自分に合うドライバーを見つける

・インターネットで、「短尺化されたドライバー」を探す

この二つのミッションを実行しました。

試打したドライバーは、

・M4
・M6(以上テーラーメイド)
・エピック フラッシュ
・ローグ
・ローグ スター(以上キャロウェイ)
・ゼクシオ10(ダンロップ)
・G410(ピン)

(ショップの方々にはお世話になりました!)

この内最後まで候補に残ったのが、

・M4
・エピック フラッシュ
・ローグ スター

打感やデザイン、もちろんお値段も考慮した上で選んだのはローグ スターでした!

私の打ち方に合っていたのか、最も飛んだのもローグ スターだったんです。

そして出会ったのが、なんと「42.75インチ」のシャフトを装着したローグ スターです!!

そして出会ったのが、なんと「42.75インチ」のシャフトを装着したローグ スターです!!

上の45.75インチのシャフトを装着した「グレートビッグバーサ」と見比べていただければ一目瞭然。

かなりの短さですね。

42.75インチの超短尺ドライバーをインターネットで見つけて購入しました。

こんな仕様ですからもちろん中古です。

前の持ち主から詳細を確認できなかったため、シャフトをカットして短くしたのか、3番ウッド等のシャフトを流用したのかは分かりません。

当初44インチ前後を探していましたが、どうせ試してみるなら極端な差がないと短尺ドライバーの良さが見えにくいだろうと考え、超短尺ドライバー購入に踏み切ったわけです。

短尺ROGUE STARの調子は??

ドライバーが届いたその日の夜、練習場に行ってきました。

その結果は以下の通り。

ほとんど素振りもせずに打ってしまいましたが、飛距離は上々♪

届いた初日に200~210ヤードという数値が出ておりますので、練習を続ければ必ず「あと20ヤード」をクリアできると感じています!!!

前評判通りミート率が高い! 10打中8打くらいが1.4以上!!

今までは10打中3打くらい1.4以上。

そしてラウンドでも使用してみましたがその結果は?

……こちらは私の大失敗のせいで、前半ハーフは「フェアウェイキープ率:1/7=14.28%」と絶不調になってしまいました。

後半は原因を解消し、「フェアウェイキープ率:5/7=71.42%」、もちろん飛距離も今までよりも出ており絶好調♪

となりました!!

「私の大失敗」を紹介♪

「私の大失敗」を紹介♪

getty

私の記事を見て短尺ドライバーを使い始める方もいらっしゃるかもしれませんね。いや、いないかな(笑)。

念のため「私の大失敗」についてご報告しておきます。

ラウンド前に2度ほど練習場に行き、絶好調だった短尺ローグ スター。

「やっぱり短尺ドライバー、イイなぁ」「100切りを目指している段階で使い始めていたら、ずっと早い段階で目標クリアできていただろうなぁ」なんてことを考えながら、もっと情報を収集したいと考え、ラウンド前夜にインターネット検索をしていました。

そこで「短尺ドライバー、短いからこそアイアンと同じように打てる!!」といった趣旨の情報を目にしました。

「なんだって? アイアンのように打つイメージは持っていなかった! 今より良くなるってことかな? よーし! 明日のラウンドで確かめてみよう!!」

となってしまった私を誰が責められようか(泣)。

練習したこともない打ち方で上手くいくはずもなく。

でも、OBになる程のミスショットは1打だけだったので、このイメージが原因だとはすぐに思い至らず。

同伴した上級者のゴルフ仲間からが、「ずい分上から叩いているね」と指摘してもらって初めて「そこか!!」と気付いた始末。

これを午後「今までのドライバーの打ち方でOK」という意識に切り替えたことで改善されたんです。

教訓:練習場でやっていないことをラウンドでやると大火傷する

短尺ドライバー、初級者、初心者に……

短尺ドライバー、初級者、初心者に……

getty

短尺ドライバー、初級者、初心者に、アリだと思います♪

短いドライバーに慣れ過ぎると、長いドライバーに戻れなくなる、といった危険性はあると思います。

しかし、ミートしやすい短尺ドライバーで、初級者、初心者特有の大スライスを減らして楽しみながら上達する、悪くないのでは!?

※私の短尺ローグ スターの現状は、前述の通り近日中に『初級者に合う?「短尺ドライバー」〇〇編』で紹介させていただく予定です!!

お気に入り
今日一

2017年1月、40代でゴルフを始めました。 同2月、練習場3回でコースデビューを果たしました。 それから、日々「ゴルフ 初心者」というキーワードで検索しまくり情報を得て独学でやってきました。 最も参考になった情報は『初心者自身』の「トライ&エラー」「ラウンド状況」「クラブセッティング」「スイングの基本」でした。 これからゴルフを始める人、始めたばかりの人に役立ててもらうための、「初心者による初心者のための記事」アップしていきます!!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。