新・貧打爆裂レポート『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』

新・貧打爆裂レポート『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』

お気に入り

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年9月13日に発売されたブリヂストンスポーツ『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』です。

いつものようにコースに持ち込んで打ってきました。ぶっ飛びブランドの『JGR』の最新エディションのボールの実力は? 動画も含めて試打レポートします。

目立つだけではなく、眩しくないところが新しい!

目立つだけではなく、眩しくないところが新しい!

『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』は、ブリヂストンスポーツが2019年の9月13日に発売したボールです。

2019年春に、つや消しで赤い『TOUR B JGR ボール マットレッドエディション』が発売されてヒットしましたが、追加バージョンということになります。

『TOUR B JGR ボール』は、1年前にモデルチェンジしてから、たくさんのゴルファーを助けてきました。

飛距離性能の高さは、ドライバーだけではなく、アイアンでも発揮されます。

そして、ショートゲームでも落ち着いた打音とやさしい打感でゴルファーを満足させます。

もちろん、打音や打感は好みの範疇ですから絶対ではありませんが、プロでも使えて、アマチュアも楽しませるボールとして、『TOUR B JGR ボール』は評価されてきました。

『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』の中身はそのままで変更はありません。

表面とカバーだけ新しくなっています。

イエローはコースで遠くからでも目立ちます。カラーボールを使うことが好きで、常用するゴルファーも増えてきています。

イエローのボールが好きというゴルファーもたくさんいます。

『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』は、晴天下でボールの反射を軽減させるという特徴があります。

単純につや消しのボールが、カッコいいとか、使いやすいと感じるゴルファーもいます。

『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』は、高性能なボールがさらに視覚的な機能を手に入れたボールという感じなのです。

飛んで、止まって、JGRボールは楽しい!

動画を見てください。

『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』は、基本性能としては、中身が同じですから『TOUR B JGR ボール』と同じです。

柔らかい打感、やや控えめだけど十分な音量と音質の打音、飛距離性能はトップクラスで上位争いができます。

個人的にはショートゲームでは、カチッとした音がするボールが好きです。

そういう意味では180度違うのが『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』です。イエローの効果かもしれませんが、より控えめな打音に感じました。

その昔、国産の糸巻きボールは音がしないことが良しとされていました。そういうのを好む上級者多かったからです。

20世紀末の話ですが、未だに、その感覚が日本のゴルファーに残っていると感じることがあります。

『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』は、見た目は派手なのに、つや消しとの相乗効果で音が静かなところが、繊細なショートゲームに合っていると感じるゴルファーが案外と多いと聞くと納得するのです。

3ラウンド使用しましたが、ボールは本当に見つけやすいです。林に入ったりしても、かなり早い時間で見つかりました。

2019年のルール改正で、ボール探しは5分ではなく3分になりましたので、『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』は、見つけやすいボールとしても高機能なのだといえるのかもしれません。

もちろん、飛んで、止まって、スコアにも納得しました。

『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』は、イエローのボールが好きなゴルファーにオススメです。

ボールなんて何でも良いというゴルファーにも、「だったら、良いものを使ったほうがイイじゃん」と、このボールをオススメします。

ショートゲームで打感が合わずに、無意識に強く打てなくなっているゴルファーもいます。

そういうゴルファーには、お薬のような効き目があるボールになる可能性もあります。ぜひ、打ってみてほしいです。

『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』というか、カラーボールで注意したいのは、ボールと自分との距離感が変わってしまう人がいることです。

ボールに近くアドレスしてしまったり、逆に遠くなってしまう人もいます。それをクリアしていれば、問題は何もありません。

『TOUR B JGR ボール マットイエローエディション』は、上手い人も、腕前に自信がない人も、楽しくゴルフをするために作られています。

ボールはすべてのストロークで使う唯一の用具です。こういうボールがあることに感謝したいと思ったのでした。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。