日本オープンも開催!「横浜カントリークラブ」前編〈施設・コース①〉“コース紹介・新シリーズ”第18回

日本オープンも開催!「横浜カントリークラブ」前編〈施設・コース①〉“コース紹介・新シリーズ”第18回

お気に入り

2018年の日本オープンの開催コースが、今回ご紹介する神奈川県にある「横浜カントリークラブ」です。

この大会で稲森佑貴が初優勝を飾ったのは、記憶に新しいところです。横浜の中心部からもとても近いコースです。

横浜CCは東・西の36ホールですが、今回は、日本オープンで使用された西コースをラウンドしましたので、早速ご紹介していきましょう!

コース開場、横浜CCの歴史!

コース開場、横浜CCの歴史!

横浜CCは、1960年(昭和35年)に東コースの9ホールが開場して、1965年に東西36ホールが開場しました。

その所在地は、神奈川県横浜市保土ヶ谷区です。東京からも約40分ほどと至近のコースです。

横浜CCでは、これまで様々なトーナメントが開催されていて、日本オープンは昨年2018年を含めて2回開催され、2012年には日本女子オープンも開催されています。

開場当初の設計は相山武夫で、当初は2グリーン制のコースでしたが、東コースは2001年にワングリーン化が完成して、西コースは2016年にビル・ムーフ、ベン・クレンショーの設計で、コース改造とワングリーン化が完成しました。

なお、東コースは乗用カートですが、西コースは歩行ラウンドになっています。

2018年の日本オープンは、西コースを舞台に開催され、稲森佑貴が初優勝しました!

2018年の日本オープンは、西コースを舞台に開催され、稲森佑貴が初優勝しました!

2018年度の第83回日本オープンが、10月11日~14日に横浜カントリークラブ・西コースを舞台(2ホールは東コースを使用)に開催され、稲森佑貴が14アンダーでツアー初優勝となりました。

なお、ローアマチュアは、先日史上4人目となるアマチュアによるプロツアー優勝を達成した金谷拓実が2年連続で獲得しています。

横浜カントリークラブでの優勝スコア-14アンダーは、日本オープンとしては好スコアで、今年2019年の日本オープンでアンダーパーがいなかった古賀ゴルフ・クラブに比べれば、コースがやさしかったかもしれません。

なお、この日本オープンでは西コースをメインに使用しましたが、アウトの2番ショート(パー3)と3番ミドル(パー4)は短いために、この2ホールの代わりに、東コースの1番と2番のミドルを使用しました。

また、アウトとインを入れ替えて、全体のコースセッティングを行っていました。

※写真はJGA公式サイトより

クラブハウスはとても質素な造り!

クラブハウスはとても質素な造り!

クラブハウスは、まったく華美さはなく、どちらかというと質素な造りです。

外観もそうですが、中に入って受付のフロントも、普通のゴルフ場の感じです!

入口を入って右側にフロントがあり、階段を数段下りると右側に男子ロッカールーム、反対側に洗面所があります。ロッカールームのロッカーは比較的小ぶりで、やや小さめです。

正面のガラス扉を出ると、右にマスター室があり、スタート場所になります。左側にキャディーバッグが並んでいます。

東コースの場合は乗用カートでスタートしますが、西コースは歩きなので、キャディーさんは立ち乗りの乗用カートでフェアウェイを移動します。

西コースのコース概要!

西コースのコース概要!

ティーグランドは、5種類あります。BLACKからYELLOWに分かれていて、通常のレギュラーティーは、BLUEになります。

BLACKティーは全長6938ヤード、GREENティーが6621ヤード、BLUEティーが6311ヤードです。

BLUEティーはアウトが3125ヤード、インが3186ヤードで、これだけを見るとそれほど長いコースには見えません。

しかし、アウトはロングホール(パー5)が1ホールのパー35の設定で、1つだけあるロングホールは、506ヤードと短めです。

また、インのロングも500ヤードを切る距離です。しかし、ミドルホールが距離のあるホールが多く、ミドルホールの攻略がポイントになります。

コース全体は、緩やかな丘陵に配置されていて、上り・下りの傾斜とフェアウェイが左右に傾斜する造りで、コース全体を難しくしています。

さらに厄介なのは、各ホールのラフにはブッシュがあり、ここに入るとボールは見つかりません。

一般的なコースは林、ラフですが、横浜CCはこれに加えてブッシュにして、その行く手を狭くして、各ホールを難しくしています。

この日のグリーンは、コンパクション23で9.5フィートとのことでしたが、プレーした方の感覚は、10.5フィートぐらいの速さで、とても速いグリーンに仕上がっていました。

西コース・アウトコースの概要

西コース・アウトコースの概要

パー35設定のアウトコースは、長いミドルと短いミドルがあり、その差が極端です。

300ヤードを切るミドルや315ヤードなどの極端に短いミドルホールがある一方で、400ヤードを超えるミドルホールが多く、中には473ヤードのミドルホールもあります。

また、グリーンを狙うショットで、グリーン面が見えないホールが多く、ピン位置によっては、とても難しいショットになります。

さらに、グリーン面の手前側が極端な傾斜のホールがあり、一旦オンしても手前の花道やバンカーまで転がり落ちてしまうホールが少なくありません。

キャディーさんが、とても極端な次のようなアドバイスをしてくれました!

「フェアウェイからグリーンへのショットで、打ち上げの場合にグリーンの手前部分が見える時には、それはグリーンだと思わないでください!」

このアドバイスは的確だと思いました!

特にグリーンを転げ落ちるグリーンを、2番ショート、5番ロング、6番ミドルで味わうことになり、中でも5番ロングと6番ミドルは厳しいグリーンでした。

横浜CCのメンバーも、苦労しているグリーンだと紹介がありました。

また、グリーン周りの芝が短く、パターを使用することを選択肢として考えるべきです。これも、キャディーさんのアドバイスでした!

アウトコースで、日本オープンでプロも苦しんだ、とても難しいホールをご紹介!

アウトコースで、日本オープンでプロも苦しんだ、とても難しいホールをご紹介!

通常のアウトコースは、日本オープンではインコースとして使用しました。

一部東コースを使用した10番・11番は別として、通常のアウトコースのホールで、難易度が高かったのは、4番の514ヤード・ハンディキャップ(HD)3のミドルホールが難易度2、7番の504ヤード・HD1のミドルホールが難易度3でした。

まず、4番のミドルホールは、やや右ドックレッグで、2打目から極端に打ち下ろしていきます。

レギュラーティーでも432ヤードあり、特に2打目はグリーン手前の右側に、大きな池があって、グリーン手前の花道がとても狭くなっています。

このため、2打目はアイアンなどで刻んだ、レイアップも攻め方の一つです。

次に7番ミドルホールは、レギュラーティーから473ヤードの距離がある、右ドッグレッグのホールで、2打目は打ち下ろしですが、手前花道からの攻めが定石でしょう!

さらに、9番は237ヤードのショートホールで、距離があるうえにバンカーに囲まれています。

最終ホールがショートという珍しい造りですが、手前のバンカーに入ると距離のあるバンカーショットを求められます!

お気に入り
PAR RUSH 01

サラリーマンゴルファーの「Par Rush」です。 ゴルフは何年やっても、上手くいかないことが多い! それを克服しようと、考えて練習する、でもまた上手くいかない!また、考えて練習する、これの繰り返しです、だから飽きないんです! 数多いラウンドの中から得たこと、おもしろいネタをお伝えしていきます。 「PAR RUSH」 は10周年を越えたゴルフサークルです。サークルメンバーの特製ネームタッグです。 https://parrush.hatenablog.com/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


フォーティーンDJ4bk_191209-200131