【120切り!】考え方でスコアは縮まる!?自分の“パー”を決めちゃおう!

お気に入り

ゴルフを始めた時、最初に目標にするスコアは120という人が多いのではないでしょうか?

ゴルフは考え方次第でスコアを大きく縮めることができます。120切りを達成するための考え方を紹介します。

すべてダブルボギーで108

すべてダブルボギーで108

getty

どうでしょう?

まず大前提ですが、18ホールすべてダブルボギーで108となり、120切りを達成することができます。ダブルボギーと聞くとなんだか自分にもできそうな気がしませんか?

プロや上級者ならダブルボギーは頭を抱えるほどのミスかもしれません。しかし、初心者で120切りを目指している人はダブルボギーでOKなんです。

そう考えると心のハードルがグッと下がりますね。

スコアの考え方

スコアの考え方

getty

スコアの「パー◯」という数字をすべて無視しましょう。パー◯+2を±0と考えます。要するに、ダブルボギーを±0として基準を作り直します。

パー:−2
ボギー:−1
ダブルボギー:±0
トリプルボギー:+1

ボギーを1個取ることができたらスコアは−1です。これが18ホール終わった時に+1以内になるようにラウンドしましょう。

このように自分の目標スコアに合わせて基準を作り変えましょう。

基準を変えれば攻め方が変わる

基準を変えれば攻め方が変わる

getty

基準を変えてしまえば攻め方が変わります。

いつものショートホール(パー3)はパー5、ミドルホール(パー4)はパー6、ロングホール(パー5)はパー7と考えます。

ショートホールは2オン。ミドルホールは3オン。ロングホールは4オンといった具合で、最初からパーオンさせないことを前提にしておけば、ミスが出やすい長いクラブを使用する必要はありません。

OBが怖ければ、ドライバーではなく、フェアウェイウッドやユーティリティ、時にはアイアンを使用するという選択肢も増えます。

初心者が大ケガする原因としては、OB、バンカー、池などペナルティーによるものと、グリーン周りを行ったり来たりしてしまう、いわゆる往復ビンタです。

基準を自分用に作り変えた上で、ペナルティーを避けること、アプローチにはパターか9番アイアンを使用することを意識しておけば、120切りは意外と簡単にできてしまいます。

お気に入り
Golf72

ゴルフ場に特化した集客支援を行なっています。 お仕事の依頼は、ブログの『問合せ』からお願いします。 https://www.golf72.net/

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5 コーデバトル200403-0416

カートに追加されました。