初心者ゴルファー必見!グリーン周りで守りたい基本ルールやマナーとは

お気に入り
ゴルフのラウンドを周っていれば、グリーンのピンを持つということもあります。

今回は、グリーン周りでピンを持つ人のルールについてご紹介していきます。

しっかりとルールを覚えて楽しくゴルフをプレーしてくださいね。

グリーン上でラインを踏まない

グリーン上でラインを踏まない

getty

グリーン周りでピンを持つ人のマナーとしてよく言われるのが「グリーン上でラインを踏まない」というルール。

グリーン上は非常にやわらかく、スパイクのある靴で歩くと簡単に凹んでしまいます。もちろんですが、凹んだ状態でのところに球が行くと、軌道が変わってしまいます。

ラインを踏まないというのは、マナーと思われがちですが、実はちゃんとしたルールがあるのです。

故意にラインの上を歩いた場合は2打罰が課せられます。

故意ではないにしてもマナーには反することなので、ラインの確認をしてからピンを持つようにしましょう。

グリーンの上は走らない

グリーンの上は走らない

getty

走ってはいけないという明確なルールはありませんが、マナー違反になるので絶対にやめましょう。

グリーン周りでピンを持つ人は、特に気を付けなければなりません。

グリーンは非常にデリケートな場所です。ちょっとしたキズや凹みがプレーの順位を左右するということもあります。

走り回るということはそれだけグリーンに負担をかけてしまうということになるのです。

後でプレーをする人のためにも、止めるようにしてください。

後ろが詰まっていて急いでいるというときは、グリーンを傷つけないように早歩きをするということを心がけましょう。

クラブの置き場所はどこ?

クラブの置き場所はどこ?

getty

グリーン周りでピンを持つ人は、クラブが邪魔になりますが、グリーンの上やその周辺に置くことはマナー違反とされています。

クラブをグリーンの上に置くと、芝が傷ついてしまう、ボールが当たってしまうといった心配があるので、グリーンから遠い場所に置くか、カートまで持っていくというのがいいでしょう。

ゴルフでは、自分はもちろんですが、相手のことも考えて行動をすることがマナーとされています。

初心者だからと言ってルールやマナーを疎かにするのではなく、しっかりと学んでいきましょう。

ピンは誰が持つ?

ぜひ知っておいてほしいのは、誰がピンを持つべきなのか。

ルールではありませんがマナーとして知っておくとゴルフのマナーをよく知っている人だと思われるかもしれません。

ピンを抜くのは、ホールに最も近いところにボールがある人です。

全員がグリーンからスタートする場合、一番遠い人から球を打つので、最後に打つ人がピンを持つのがマナーとされています。

また、ピンを最後にカップに戻すのは、最初にホールインした人です。初めにホールインしたら、ピンを持って全員が終わるまで待っていましょう。


いかがでしたか?

今回は、グリーン周りでピンを持つ人のルールについてご紹介しました。

初心者でも知っておきたいマナーやルールばかりなので、しっかりと頭に入れておきましょう。
お気に入り
uchidaruma

シングルプレイヤーになって5年 アスリートゴルファー目線の記事を書かせていただいてます

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。