初心者が忘れがちなポイント!〜久しぶりに練習を見てアドバイスしたこととは?

getty

初心者が忘れがちなポイント!〜久しぶりに練習を見てアドバイスしたこととは?

お気に入り

ゴルフの上達を目指して練習をしている若者から、「上手くいかないんです!」と相談されて、練習を見てやることにしました。

初めてスイングを見て、練習に付き合った時にも基本的なことを教えていますが、今回は久しぶりにじっくりと練習を見て、2時間半様々なアドバイスをしました。この中には、最初に教えた基本も含まれていました。

「自分のスイングは見えない! だからゴルフは難しい」ということを彼は感じたことでしょう。

初心者が忘れがちなスイングで大事なポイント! 今回はこのお話です。

彼のスイングは、初めて見た時から、初心者とは思えないしっかりしたものでした!

彼のスイングは、初めて見た時から、初心者とは思えないしっかりしたものでした!

getty

最初に彼の練習を見たのは、1年ほど前でした。その時はゴルフを始めた直後でしたが、そのスイングはしっかりしていて、とても初心者には見えない形でした。

もちろん、未だ荒削りで、基本的なことはできていませんでしたが……。

そこで、まずはアドレス(ボールの位置、ボールと体との距離など)について、しっかりと指導しました。そのほか、スイングでも、気になる点をアドバイスしました。

その後は、熱心にゴルフに取り組み、スコアも少しずつ上がってきたようです!

しかし、ゴルフは一人で練習をするものですから、自分では同じように振っているつもりでも、少しずつスイングが狂ってきます。

1年が過ぎて、少しずつ狂ってきて、ショットが上手くいかなくなった、そんな状態だったと思います。

今回の悩みはドライバーでしたが、まずはショートアイアンから練習を始めました!

今回の悩みはドライバーでしたが、まずはショートアイアンから練習を始めました!

getty

ショートアイアンをしばらく打っていると、良いショットもありますが、ダフリが出ていました。

そこで、短いゴムティーに乗せて打たせましたが、これも良いショット、極端にダフるショットが出ます。

マットの上ではヘッドが滑るので、ダフリが少し緩和されますが、ゴムティーの上だとダフリの度合いが、はっきりとわかります。

ゴムティーが短くても、明らかに下のゴムを打っているという音でした。

「レベル(水平)で打てるように、そして上下動しないように意識すること」を少しアドバイスしました。

また、ボールと身体との距離を再度調整するようにということも伝えました。

ドライバーを振ってもらいました。構えた瞬間、えっ!それは何?

ドライバーを振ってもらいました。構えた瞬間、えっ!それは何?

getty

いよいよ、ドライバーを持ってアドレスしました。

「えっ、そのボールの位置は何?」と即座に注意しました。

一年前に教えたボールの位置とはあまりにも違っていて、ドライバーのアドレスのボールの位置が両足の真ん中になっていました。

これでは、まともにドライバーが当たるわけがありません! そして、このアドレスで振ったら、ボールは右へも左にも行きます。

しばらくこのボール位置で練習をしてきたらしく、左足かかと線上にセットすると、左足の外側に出ているような感覚になったことでしょう。

その違和感を払拭することがまず課題となりました。でも、これは身に付けなければならないことです。

彼も、知らず知らずのうちに、このボール位置で練習をしていたことがショックだったようです!

★ゴルフはアドレスに始まり、アドレスに終わると言われます。スイングのことばかりに気を取られて、肝心なアドレスが疎かになっていました!

そのうち、テンプラが出て来ました!

そのうち、テンプラが出て来ました!

getty

さて、左足かかと線上のボール位置でのショットは、最初は弾道がやや低めながらも、大きく曲がるはことなく、飛んでいました。

しかし、しばらくすると今度は、極端なテンプラが出てきました。彼のドライバーヘッドのフェース上には、たくさんのボール痕が傷になって付いていました。

ティーアップしたボールをできる限りレベルで振れるような意識を持ち、ダウンスイングで腰を水平に回す意識を持つように伝えました。

下から、煽ったり、上から打ち込むスイングがミスの原因になることを伝えて、意識させました。

少しずつ、ドライバーも当たりが変わってきました!

本日の練習で、最後のアドバイス!

本日の練習で、最後のアドバイス!

getty

最後のアドバイスは、ドライバーを一生懸命練習することではなく、9番アイアンなどでスイングをしっかり作ること、そして、9番アイアンがちゃんと当たらなければ、基本的にドライバーは当たらない、ということを話しました。

ドライバーでは、飛ばそうと意識しないこと、9番アイアンなどで脱力スイングができたら、ドライバーでもその脱力スイングを練習してほしい、とアドバイスしました。

ドライバーは、飛ばそうと力めば力むほど、スイングが乱れてミスショットにつながります。

クラブの長さが変わるだけで、9番アイアンと同じようなスイングリズムができるように、練習してください、というのがその日最後のアドバイスになりました。

彼は、基本に戻った様々なアドバイスで、必ず上達の道を歩み始める! と確信しています。

お気に入り
PAR RUSH 01

サラリーマンゴルファーの「Par Rush」です。 ゴルフは何年やっても、上手くいかないことが多い! それを克服しようと、考えて練習する、でもまた上手くいかない!また、考えて練習する、これの繰り返しです、だから飽きないんです! 数多いラウンドの中から得たこと、おもしろいネタをお伝えしていきます。 「PAR RUSH」 は10周年を越えたゴルフサークルです。サークルメンバーの特製ネームタッグです。

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップG