【イケてるゴルファー研究所】様々な種類から自分にピッタリ来るパターグリップを選ぼう!【PR】

【イケてるゴルファー研究所】様々な種類から自分にピッタリ来るパターグリップを選ぼう!【PR】

お気に入り

イケてるゴルファーになるべく、日夜研究を重ねるイケてるゴルファー研究所(所長:今野一哉プロ)。

今回のテーマは、パターグリップ。

素材や形、重さなど、多くのバリエーションのあるパターグリップ、今回は、ゴルフプライドから10月1日に発売される新製品「プロオンリー」シリーズと人気の「ツアーセンサー」シリーズを紹介。

“通”が通うゴルフショップ「ゴルフエフォート」のマイスター、荒井義明さんをお招きして、パターグリップ講座、開講です!

(撮影協力:マグレガーカントリークラブ)

懐かしい名前が復活!「プロオンリー」は形状の異なる3タイプ

懐かしい名前が復活!「プロオンリー」は形状の異なる3タイプ

その名の通りプロが使用して圧倒的な支持を得ていたパターグリップ「プロオンリー」が装いも新たに今秋復活、10月1日より新発売されます!

「ツアーセンサー」シリーズに比べて硬い触り心地のため、よりパッティングの感触がダイレクトに伝わってきます。

形は、断面が四角形に近いもの(レッド)、三角形に近いもの(ブルー)、楕円形に近いもの(グリーン)の3種類です。

三角形のものは上から吊るようなストロークに合い、アライメント(方向性)を感じやすいので大型ヘッドにも合うと今野プロ。

楕円形のものは、三角形タイプが横方向に持ちやすいのに対して、両手のひらで挟み込むように縦方向で持ちやすくなっています。

今野プロは「このグリップが一番イメージが出る」と言います。

そして、この両者の中間となるのが、四角形のタイプで、昔からあるおなじみの形です。

脇を締めてショットのように構えたい人でも、脇を開けて真横に振っていきたい人にも合います。

このプロオンリーですが、日本の男子ツアーの選手に試してもらったところ、気に入った何人かの選手はすでに実戦投入しているとのこと。

左から四角形タイプ、三角形タイプ、楕円形タイプ

ピストル型2種類とストレート型1種類の計3タイプ、各2種類の太さ「ツアーセンサー」

ピストル型2種類とストレート型1種類の計3タイプ、各2種類の太さ「ツアーセンサー」

新素材SNSR(センサー)ラバーが、柔らかい触感ながらインパクトのフィーリングを手元にダイレクトに伝え、微妙なタッチを表現することを可能にしています。

ピストルタイプの「コンツアー」(下)と「コンツアープロ」(上)、ストレートタイプの「ストレート」(中)の3タイプに、それぞれ104ccと140ccの2種類の太さが用意されています。

太さや形状によって、合うストローク、合わないストロークや、手首の動きをどれだけ制御できるかなどを考えて選ぶといいと二人は言います。

マニアック過ぎる二人のやり取りをぜひ動画で!

この二人の、尽きないパターグリップ談義をぜひ動画でご覧ください!

最後まで聞き逃せないマニアックな内容が満載です!

お気に入り
Gridge編集部【PR】

あなたのゴルフライフに役立つおすすめな商品やサービスをピックアップしてGridge編集部がご紹介します! ↓運営会社情報↓ギークス株式会社 03-6696-0380 https://geechs.com/company/about/

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップA