あなたに合うのはどれ?バンカーショットのいろいろな打ち方を試してみた!

こんにちは、宮下芳雄です。

今回はゴルフ雑誌やYouTube動画で紹介されているいろいろなバンカーショットの打ち方を紹介します。

さらに実際にプロゴルファーである私もその打ち方を試してみての感想もレポート!

ぜひご覧ください!

バンカーショットだけどアプローチと同じ打ち方をしてみたらどうなったか?

バンカーショットだけどアプローチと同じ打ち方をしてみたらどうなったか?

getty

一番最初はアプローチショットと同じ打ち方でバンカーショットをしてみました。

具体的にはフェースの向きはスクエアにして、軌道はインサイドインにクラブを振ります。

ただし、違うポイントはボールの5センチ手前の砂と一緒にボールを打つこと!

それ以外は通常のアプローチと同じようにボールを打ちます。

アプローチショットと同じように打てばいいので、やさしく感じました。

しかしボールが高く上がらないため、アゴの高いバンカーでは使えないかもしれませんね!

そして、この打ち方はゴルフ初心者やバンカーショットを苦手にしている人にお勧めだと私は考えています。

なぜならゴルフ初心者やバンカーショットを苦手にしている人の中には、フェースを開いて、スタンスをオープンにして、さらにアウトサイドイン軌道にクラブを振ることに対して「難しい」「わからない」と感じる方が多いからです。

そんな方は「アプロ―チショットのように打つバンカーショット」をぜひ試してみてくださいね!

ハンドレイト打法は意外に効果的だった!?

ハンドレイト打法は意外に効果的だった!?

getty

次はハンドレイトに構えてバンカーショットを行う方法です。

ちなみにハンドレイトとはハンドファーストのまったく逆の構え方のことです。

具体的にはアドレスした時にグリップエンドがおへそより右に見える構え方のことです。

実はこれにより2つのメリットがあります!

1.ボールが上がりやすくなる

本来のロフト角よりボールを高く打ちやすくなり、ゴルファーの背丈を越えるモンスターバンカーで効果があります。

2.ソール(バウンス)を効果的に使える

ハンドレイトに構えることにより、リーディングエッジ(クラブフェースの歯、先端部分)ではなく、ソール(バウンス)が先に砂に接地しやすくなり、クラブヘッドを砂に深く打ち込み過ぎるミスが少なくなります。

ハンドレイトに構えるバンカーショットはボールが上がらない人、打ち込み過ぎてしまう人に、ずばりお勧めです!

私の所属コースのJGMセベバレステロスゴルフクラブは、アゴの高いバンカーが多いこともあり、この打ち方をよく使います。

超ハンドダウンで打ってみる

超ハンドダウンで打ってみる

getty

次はハンドダウンに構えてバンカーショットをする方法です。

ハンドダウンに構えると手元が低くなるだけでなく、自然に膝も深く曲がり、さらに腰も低くなります。

ずばり、ハンドダウンでバンカーショットをすると「ホームラン(トップのミス)」を予防することができます。

そのわけは、構えた時に重心を下げることができ、結果としてすくい打ちやアッパー軌道を抑制できるからです。

バンカーショットでホームラン(トップのミス)が多い人はぜひ意識してみてください。

GGスイング理論のマシュー・ウルフはバンカーショットも個性的!?

GGスイング(※)理論の申し子として有名なマシュー・ウルフ選手は、バンカーショットもGGスイングになっています!

※ジョージ・ガンカスコーチが提唱しているスイング理論で、最近PGAツアーを始め、世界中で流行の兆しを見せている

バックスイングは通常のスイングより、さらにアウトサイドへ上げダウンスイングでは大きく8の字を描いてシャローイングでクラブを振っています。

ちなみにシャロ―イングとは切り返しでクラブを垂直に落下させて、ヘッド軌道をより鈍角にする動作のことを言います。

通常シャロ―イングは飛距離を上げるテクニックの1つとして考えられてきましたが、バンカーショットを上手く打つためのテクニックになるかもしれませんね!

自分のキャリアやスタイルに合った打ち方を選ぼう!

自分のキャリアやスタイルに合った打ち方を選ぼう!

getty

ゴルフスイングにいろいろな理論やメソッド、スイング、打法があるように、バンカーショットにも多くの打ち方があります!

皆さんに合ったバンカーショットをぜひ見つけてみてくださいね!

それが、必ずバンカーショット上達の近道になるはずです。

では、また次回Gridgeでお会いしましょう!
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >