OBを絶対に出さないために!大切なのはクラブマネジメント!

getty

OBを絶対に出さないために!大切なのはクラブマネジメント!

お気に入り

ゴルフをプレーする中で避けたいけれど避けることができないミスがOBでしょう。

もちろん練習を重ねていくことでその回数は確実に減っていきますが、スコアアップの観点から考えてもOBというのはできれば避けたいですよね。

当然技術も必要ですが、クラブマネジメントでOBを避けることもできます。無理をしない、という考え方を意識してみてはいかがですか?

クラブマネジメントでOBを防ぐ

クラブマネジメントでOBを防ぐ

getty

皆さんが主にOBを出すところといえばどこでしょう?

まずほとんどの方がティーショットだと答えるのではないでしょうか。

距離が出るドライバーの場合、少しのミスがOBにつながってしまいますし、スコアで考えても100前後の方ならその日のOBの回数でスコアが変わる、といった状況なのではないかと思います。

では、どのようにOBを出さないか、ということですが、答えは単純。そう、ドライバーを使わなければいいんです。

それじゃゴルフが面白くない! という方もいらっしゃるでしょうが、そもそもゴルフは「スコア」を競うスポーツ。

極端な話、スコアがいいのであれば使うクラブはパターだけだっていいわけですよね。

ロング(パー5)だから、距離が短いから、何より面白いからといった理由でクラブを選ぶのはナンセンスです。

ドライバーを使わないのなら?

ドライバーを使わないのなら?

getty

では、ドライバーを使わないのであれば何を使えばいいのでしょう?

レギュラーティーからという想定なら、男性の場合7番アイアンくらいで打てば十分です。

もちろんユーティリティーなどを打てるのならばそれに越したことはありませんが、あくまでここで重要なのは「OBを出さないこと」。

OBを出すリスクがそこに存在するのであればより安全なクラブで打てばいいですし、7番アイアンでもパーを拾える可能性があります。

ちょっと距離を伸ばすことを考えるくらいならより安全を追うようにしましょう。

この方法でも80台は狙える!

この方法でも80台は狙える!

getty

実はこの方法でいけば、ボギーは十分狙えます。

となると、ロングやショート(パー3)で1、2回パーを出すことができたなら、その時点で80台を狙える計算になりますよね。

むやみやたらにドライバーで打ち、OBになるのはスコアメイクの面から考えてもよくないですし、実はそのせいでゴルフが面白くなくなっている可能性すらあるのです。

筆者の場合、ドライバーを打つのは左右どちらかにOBがないなど特殊な環境の時だけです。

一度だまされた、と思って練習ラウンドででも試してみてください。

お気に入り
TeruさんGolf

ゴルフを初めて丸2年! この2年で培ってきた知識や経験を使って、同じ年代の方、これからゴルフを始めようと思う皆さんに楽しんでもらえる記事を書いていきたいと思います!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA