スライスを直したいときのワンポイントアドバイス! バックスイング編

お気に入り
こんにちは、ライターのとやです!

スライスに悩むアマチュアゴルファーは多いはず。このスライスを直すためのチェックポイントは数あれど、それでもなかなか良くならない。そんなアマチュアゴルファーもいるでしょう。

そこでスライスを直したいとき、バックスイングでチェックしたいポイントがあるんです。どこに注意したらいいのか見ていきましょう。

スライスを直したい! スライスの出る原因を知ろう

スライスを直したい! スライスの出る原因を知ろう

getty

スライスが出てしまうとき、まずスライスが出るメカニズムを知っておくのは悪いことではありませんので、チェックしておきたいと思います。

まずボールはインパクトのフェースの向きで打ち出される方向がだいたい決まります。

そしてヘッド軌道が、フェースの向きよりも、内から外ならばフック回転。外から内ならばスライス回転になります。

ボールが飛び出す方向よりも、ヘッドが外から入っているからスライスになるんですね。

スライスを直したい! ヘッドが飛球線方向より内側から入れば大丈夫

スライスを直したい! ヘッドが飛球線方向より内側から入れば大丈夫

getty

スライスを直したいと考えたとき、ボールの飛球線方向よりもヘッドが内から入っていればスライス回転にはなりません。

あれこれ考えるよりもまずはヘッドが内側から外側へ動かせれば、スライスが改善して、さらには憧れのドローボールを手に入れられるのです。

ヘッドを飛球線方向よりも内側から入れるには、バックスイングのどこに注目すればいいのでしょう。

スライスを直したい! ヘッドはトップでループする!?

noimage
バックスイングによって引き上げられたヘッドは、トップの切り返しでわずかにループする動きを見せます。

バックスイングを内側へ引き上げれば、トップでループして外側へヘッドが移動。逆に、バックスイングを外側へ引き上げれば、トップでループして内側へヘッドが移動します。

ヘッドが8の字を描くような動きをするんです。

インパクトでヘッドを内側から入れたいわけですから、バックスイングでは少し外側へ引いてあげるとヘッドが内側から出てインパクトができます。

スライスを直したいときはバックスイングを外側へ

スライスを直したいときはバックスイングを外側へ

getty

スイングも気付かない間に崩れてきて、少しずつ狂ってしまうケースもあります。

スライスが出て止まらない、というゴルファーはバックスイングをインサイドに引き過ぎている方が多いんです。

インに引けばヘッドは外から降りてきます。これではスライスはずっと止まらないまま。

スイングの始動ではバックスイングの方向を少しだけ意識して、アウトサイドにヘッドを引き上げてみましょう。

バックスイングの意識1つで頑固なスライスが改善してくるでしょう。
お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。