“ ライ ” を知ることで、トラブルを最小限にできるかもしれません!
ゴルフスイング

“ ライ ” を知ることで、トラブルを最小限にできるかもしれません!

0

「ライ」というのは、ボールがどういった状態にあるかを指すゴルフ用語です。

ボールが良い状態にない場合、「ライが悪い」などと言います。

ゴルフ上級者になると、ボールのライの状態を見ただけで、打ち方や弾道をイメージできるようになるのですが、そうなるためには、まずライの種類を把握することが大切です。

フェアウェイ、ラフ、バンカー、グリーン...特徴をまず知っておくことで、自分の中でどう打てばいいのかをイメージしやすくなるでしょう。

ゴルフ上達の第一歩として、チェックしてみてくださいね!

打ちやすい!フェアウェイの特徴とは?

フェアウェイとは、芝が短く刈り込んである、ボールが打ちやすい場所です。

そのためゴルファーはみな、ティーショットをフェアウェイに打っていきたいと願っていますが、なかなかうまくいかないコースもあります。

フェアウェイにボールが落ちると、芝の抵抗が少ない分、よく弾み、転がりやすいのが特徴ですが、これが逆にフェアウェイをキープできない原因のひとつになることもあります。

ボールがよく弾んで転がりやすいので、フェアウェイに落ちた!と思っても転がってしまってラフに入ってしまったりします。

毎ショット良いライから打てるように、フェアウェイをキープできるようになりたいものですね!

ラフってどんな場所?打ちにくいの?

ラフは、芝を短く刈らずに、ある程度長く伸ばしてある場所です。

また、芝の他にもいろいろな種類の植物が生えていたりして、ボールが入り込むと難易度の高いショットが要求される、ライが悪い状態と言えます。

コースによってその状態はまちまちですが、長い芝がクラブに絡んで抜けにくく、ボールをクリーンにヒットさせることが難しいライです。

深いラフ(芝が長くボールが隠れてしまうような状態)から打つ場合は、決して無理をせず、フェアウェイに戻せればOKくらいのつもりでいましょう。

欲をかくと、大きなミスに繋がる手強いライです。

目玉とも言われるバンカーの特徴!

バンカーは、コースの中では打ち込んではいけない、打ち込まないようにできるだけ避けるべきハザードと言えるでしょう。

ただでさえ、苦手なゴルファーが多いバンカーですが、さらに目玉となると最悪なライのひとつでしょう。

目玉とは、ボールが飛んできた勢いで、砂に埋まってしまった状態をいいます。

こうなってしまうと、上級者でも出せればOKと考えるくらい、難易度の高いショットです。

決して欲をかかず、脱出が最優先です。

一度では出ないかもしれませんが、それでも仕方がないと思っておきましょう。

カップまであと少し!グリーンのライ

グリーンのライで気をつけなければいけないのは、どの程度短く刈ってるかによる、ボールが転がるスピードです。

一般的に良いグリーンと言われるグリーンは、芝が短く刈ってあり、スピードが早く、パッティングの技術の差がはっきり出てしまいます。

ラウンド前に、練習グリーンでしっかりスピードをつかんでおくことが重要です。

雨が降ったりすると、グリーンの芝が濡れてボールの転がるスピードが遅くなりますのですが、このあたりは経験を積むしかありませんね



いかがでしたか?

ライの種類を知ることで攻略方法も頭の中でイメージしやすくなります。

ゴルフを始めたばかりではわからない言葉が多いでしょうが、一度覚えるとすぐに慣れることができますので、ゴルフを今よりさらに楽しむために、覚えてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

“ ライ ” を知ることで、トラブルを最小限にできるかもしれません!

カートに追加されました。


×