ゴルフのスコアが良くならない人は「3つの考え方」をするだけでスコアアップ

getty

ゴルフのスコアが良くならない人は「3つの考え方」をするだけでスコアアップ

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

必死に練習をしているのに、なかなかゴルフが上手くならないという方も多いのではないでしょうか。それはもしかしたら技術的な問題よりも考え方によるものなのかもしれません。

ゴルフのスコアが一気に良くなる考え方を知っているだけで、ゴルフのスコアが良くなるかもしれませんよ。

なかなかスコアが良くならない……という方はぜひチェックしてみてください。

スコアが良くならない人は「ショートでOK」という考え方を持とう

スコアが良くならない人は「ショートでOK」という考え方を持とう

getty

スコアを崩す要因の1つにアプローチの問題が絡んできます。

このときアプローチにも簡単なアプローチと難しいアプローチがあるじゃないですか。ここで難しいアプローチが残ってしまうと、スコアが大きく崩れやすくなります。

基本的にグリーンは手前が低く、奥が高くなっている、つまり「受け」ているところがほとんどでしょう。

ということは、オーバーして奥から狙うと下りのアプローチばかりが残ってしまいますよね。微妙な距離感や力加減、このアプローチを成功させ続けるのは至難の業。

そのためショートでOK、受けているグリーンに手前からアプローチができる場所にボールを置くだけでアプローチの難易度が大きく下がります。

スコアが良くならない人は「上りのパットを残す」のが鉄則

スコアが良くならない人は「上りのパットを残す」のが鉄則

getty

スコアを良くするためにはパットが大切とはよく言われます。

パットの技術も大切ですが、簡単なパットを残すのが鉄則。

上りラインのパットなら強めに打てますし、オーバーしてもグリーンからこぼれてしまうほど転がってはいきません。

パットでは上りのラインが残るようにアプローチを狙っていきましょう。

どんなアプローチでもカップインばかり狙っているようでは、下りの難しいパットが残ってしまう可能性がありますからね。

グリーンに乗せたら「上りラインを残して2パット」を合言葉に、パット数を減らしていきましょう。

スコアが良くならない人は「ミスったときほど無理しない」という考え方を

スコアが良くならない人は「ミスったときほど無理しない」という考え方を

getty

ショットを曲げて林の中、打ちたい方向に木が立ちはだかっている、大きくドッグレッグしたホールで、打ちにくいところに置いてしまった。

こんなトラブルショットは誰しもが経験していることでしょう。

ここで無理をして思うような結果が出なかった方もいますよね。例えば木に当たったり、上手くボールをコントロールできず結局OBを出してしまったり。

それは無理をするからさらに悪い結果になって、スコアがボロボロになってしまうんです。

ミスをしたらパーオン狙いからボギーオンに切り替える、ボギーで耐えられればそれで大丈夫、と考え方を切り替えていきましょう。

「ミスった分、次のショットで取り返してやるんだ!」という考え方は傷口がどんどん広がってしまいます。

スコアが良くならないのは技術だけじゃない! 考え方が大切

スコアが良くならないのは技術だけじゃない! 考え方が大切

getty

いかがでしたか?

ショットのレベルが上がってきてもスコアがちっとも良くならない人って結構多いんです。こうした方って技術面のレベルアップしか見えていないケースもあるんです。

「ショートでOK」「上りのパット」「無理しない」。この3つの考え方を基本にして次のラウンドに臨んでみてください。

この考え方を守ってラウンドできたとき、きっとベストスコアが縮んでいることでしょう。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人