新・貧打爆裂レポート『TOUR B JGR ドライバー』後編

新・貧打爆裂レポート『TOUR B JGR ドライバー』後編

お気に入り

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年9月13日に発売されるブリヂストンスポーツ『TOUR B JGR ドライバー』です。

今回は、一般的なゴルファーに打ってもらって、『TOUR B JGR ドライバー』の飛距離性能の真実に迫ります。動画も含めて試打レポートします。

ニューJGRドライバーはテクノロジーで飛ばす!

ニューJGRドライバーはテクノロジーで飛ばす!

『TOUR B JGR ドライバー』は、ブリヂストンスポーツが2019年の9月13日に発売するクラブです。

大規模な予約キャンペーンで、試打したゴルファーが飛距離データに納得して、次々に予約していることで話題になっています。

『TOUR B JGR ドライバー』の飛ばしのテクノロジーは「SP-CORE(サスペンションコア)」というソールのネジです。

中は見えませんが、ネジはヘッド内部で裏側からフェースを抑えるように設置されています。

あえて高反発係数になる違反のフェースを作るところから始まります。

フェースのたわみを利用するので、中央が最も反発して、周囲に向かって反発係数は落ちます。それをグラフ化すると、三角のような形になります。頂点がフェース中央です。

「SP-CORE」で中央の反発を抑えて、ルール適合まで反発係数を下げると、グラフの三角は、おまんじゅうのような形に変わるのです。

つまり、ギリギリの高反発エリアが、過去最大の面積になるということなのです。

結論から書けば、「SP-CORE」によって、新しい『TOUR B JGR ドライバー』は過去の『JGR』シリーズのドライバーの中で最も飛ぶドライバーとなりました。

僕が打っても、前編と似通ったインプレになるので、ゴルフ仲間8人に打ってもらって、それを観察してレポートすることにしました。

より、飛距離性能がわかりやすいと思ったからです。

ただ、素人の場合、一球勝負ではわからないので、一人3球打ってもらいました。

試打したクラブは、ロフト9.5度と10.5度、共に純正シャフトのSフレックスと、レディース用のロフト11.5度のAフレックスの3本で、ボールは『TOUR B JGR ボール』を使用しました。

一発で購入を決められる結果が出たJGRドライバー!

動画を見てください。

『TOUR B JGR ドライバー』は、僕が打った感じだと、9.5度のロフトと10.5度のロフトではボールの高さにほんの少し影響するだけです。

それよりも前者は、引っかけが出にくくなって、少し低スピンになり、後者は少しボールをとらえる感じになるという特徴のほうが強いと感じました。

事前にそれを説明したところ、ほぼ全員が10.5度のほうの『TOUR B JGR ドライバー』を使用することになりました。

試打したゴルファーは、ヘッドスピード37~45メートル/秒で、スイングタイプも様々です。

3球すべてが良いショットだったのは、一人だけでした。

3球ともまったく当たらなかった人はゼロで、どうにか1球はそれなりのショットが出ました。

これは、相性のようなものもあって、そのまま『TOUR B JGR ドライバー』の機能とは言い切れませんが、扱いやすさの表れだと思いました。

一番飛んだボールは270ヤード。ラフに入って止まっての数値なので、もし、入らなければ、もう10ヤードは先に行っていたと想定しました。

普段は、国産メーカーで最も売れているブランドの一世代前のドライバーを使用していて、最大飛距離は250ヤードとのことなので、本人も驚いていました。

弾道は高弾道のフェード。初速感が強いボールでした。

2番目は260ヤード。本人は、総重量が軽いことに慣れていなくて、当てるようにして打ったので、もし、しっかりと振れれば、もっと飛んだはずだ、と息巻いていました。

海外ブランドの二世代前の並行輸入の硬くて重いドライバーを使用しているので、『TOUR B JGR ドライバー』の軽さに違和感があったようですが、自分のクラブより20ヤードは飛ぶという現実に「時代の流れに乗るのが正解かなぁ」と呟いていました。

球筋はストレートの高弾道でした。

3番目は255ヤード。ラフに着弾したので、残念がっていました。ボールが上がり過ぎてしまうので、もっと低い球になれば、一番飛んだかもしれない、とのことでした。

普段自分が使っているクラブでは、240ヤードが目一杯なので、夢のドライバーだと『TOUR B JGR ドライバー』を褒めていました。

高弾道のストレートボールでした。

上位3位だけでも、雰囲気が伝わると思います。

その後、そのメンバーで、一泊二日で2ラウンドをしたのです。2組の間で、『TOUR B JGR ドライバー』の10.5度のSフレックスは取り合いになっていました。

これが、何よりの証拠になると思いました。もっと飛ぶはずだと思わせるドライバーは、それだけで一つの機能だと考えるからです。

最後に。

2日目を終えて帰京した夕方に、1番飛ばした友人から連絡がありました。「ドライバー。キャンペーンでかなり安かったので、予約したよ」。

『TOUR B JGR ドライバー』は、大ヒットドライバーになり、名器と呼ばれる可能が高いドライバーです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA