前の組が詰まってる!待ち時間が長い!「待ちミス」対策3つ!

getty

前の組が詰まってる!待ち時間が長い!「待ちミス」対策3つ!

お気に入り

こんにちは! メアリーです♪

ラウンド中、渋滞が発生して長いこと待たされた、前の組がスロープレーで毎ホールイライラする……といった経験は誰しもありますよね?

そして、待った後はリズムが狂い、ミスショット率が高くなりますよね?

今回はそんな「待ちミス」を撲滅すべく、3つの対策をお伝えします♪

待ち時間はクラブを持たない! グローブも外そう!

待ち時間はクラブを持たない! グローブも外そう!

getty

「後ろの組もどんどん詰まってきた……」「早く打ちたい……!」

その気持ち、とてもよく分かります。

そんな時にゴルフクラブを手に持つと、いつもの「ゴルフクラブを持つ→ティーグラウンドに立つ→打つ」というルーティンができないもどかしさに駆られ、自然とイライラが募ってしまうのです。

そのため、打てる状態になるまでクラブはバッグに入れたままにしましょう。

さらに、グローブを外すことをおすすめします。

すると、体が「打てる状態」ではなくなるため、心も休憩モードになり、はやる気持ちを落ち着かせることができます。

ゴルフ以外の話題をしよう!

ゴルフ以外の話題をしよう!

getty

待ち時間、次のホールのレイアウトの確認をしたり、前の組のティーショットをじっと眺めたりしていませんか?

待ち時間が長いときは、ゴルフから頭を離すことをおすすめします!

プロゴルファーでなくても緊張感を持ってプレーしていますし、集中してショットを打って、頭を使ってコースマネジメントをしているのです。

そのため、ホールを進めていくうちに、体力だけでなく、メンタルも消費されているのです。

つまり、待ち時間までオンモードにし続けていると、後半の途中で気持ちが切れてしまうのです!

よって、待ち時間は「心を休められる時間」だから、「ラッキー! ゆっくり休憩しよう!」くらいの心持ちでいると、イライラすることなく一日のラウンドを楽しく過ごせますよ♪

ストレッチで体をほぐそう!

ストレッチで体をほぐそう!

getty

待ち時間、カートにずっと座ったままだと体が固まってしまいます。

冬は特に体が縮こまってしまいがちですよね。

そんな時は立ち上がって伸びをしたり、カートの手すりを使ってストレッチしたり、屈伸運動をしたり、近くの茶店やお手洗いまで歩いてみることをおすすめします!

一つ目の対策でもお伝えしましたが、クラブを持って素振りするのはティーグラウンドに立つ時まで待ちましょうね(笑)。

リフティングの練習も避けましょう(笑)。

ゴルフはメンタルのスポーツと言われるくらい、メンタルコントロールが大切です。

この3つの対策を待ち時間のルーティーンとして決めておくことで、コントロールもしやすくなりますよ♪

ぜひ次のラウンドから取り入れてみてください!

お気に入り
メアリー

はじめまして! メアリーです。 20代、30代のゴルファー、女性ゴルファーを増やしたい!と思い、この度Gridgeにてライターデビューさせて頂くことになりました! これからたくさん更新して、ゴルフの魅力を伝えていきたいと思いますので、皆さん宜しくお願い致します♪

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH