ラフからのショットを習得してワンランクアップ!~後編~

getty

ラフからのショットを習得してワンランクアップ!~後編~

お気に入り

前編では、ボールの状態の観察ポイントや、スイング前の準備について投稿しました。

今回は、ショットについて考察します。

『クラブ選択』、『スイングの注意』、『ショットとアプローチの違い』について、『おっ3』の経験値と、レッスン書などで身に付けた知識をまとめてみます。

クラブ選択に無理は禁物!

クラブ選択に無理は禁物!

getty

ボールが半分以上ラフに浮いているこの画像の状態ならば、ウッドのソールを滑らせるように使うとスムーズにスイングできると思います。

ラフからの脱出のために、クラブ選択は重要なポイントです。

『おっ3』は握力70キロ、ヘッドスピード52メートル/秒なので、あくまでも参考値としていただきたいのですが、クラブ選択の目安は、こんな感じです。

【ボールが半分以上浮いている】

通常と変わらない選択。ボールの後ろに草が絡んでいる場合は、フライヤーに注意。

【ボールのアタマだけが見える】

草の密集度や、種類、葉や茎の強さにもよりますが、ミドルアイアンまで。

【ボールがスッポリ埋まっている】

基本的には脱出優先。ウェッジ以外は考えない。

これは、あくまでも目安です。状況に応じて変わるものとお考えください。

スイングの注意点!

スイングの注意点!

getty

もの凄い形相でラフからのショットを試みる松山プロ。しかし、腕力頼みで打っている訳ではありません(世界のトッププロがそんなことする訳がないですね)。

グリップエンドを少し余して持ち、グリップ位置は常に身体の正面にあるようにスイングします。

足で地面をしっかりと踏みつけて、胴体の回転する力を伝えるために、両脇の絞めは特に重要です。

アームローテーションは使いません。草にネックが絡まり、フェースが返り過ぎる可能性が高いからです。

ショットとアプローチの違い!

ショットとアプローチの違い!

getty

極端なつま先下がりで左足下がりの深いラフ。アマチュアならば、とても厳しい状況です。

しかし、さすがタイガー! ボールをフワリと上げています。

前段でショットの際の注意点を挙げましたが、アプローチの際は、さらにスイングスピードをイメージする必要があります。

ラフの抵抗によってスピードが落とされますが、ある程度のスピードがないと、ラフを切ることができません。

『おっ3』は適度なスピード感をイメージするために、ボールの近くでいつもより少しだけ素振りを多くします。

しっかりとした観察、スイング前の準備、スイングのイメージをしっかりと作って、ラフさえも楽しめるようなゴルファーになりたいものですね。

お気に入り
おっ3

野球、バレーボール、スキー、陸上競技などなどスポーツ歴だけは豊富ですが、全てそこそこレベルで引退。仕事としてゴルフに関わった時期もありますが、今は素人のゴルフ愛好家です。 現在もトレーニング怠らずに行っているものの、全身の経年劣化が著しく、常に痛みと戦っている『おっ3』です。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH